人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

今宵のサカナ (復活)

kozumon.exblog.jp

シアトルのレストラン レビューや旅先で食べた料理、小耳に挟んだ食べ物雑学など、とりあえず食に関するネタを中心に書いてます。最近はレストラン レビューがめっきり減ってしまいましたが、おうちで作れる簡単おいしいごはんの紹介をメインにしたいなと思っています。

イタリア小皿料理 How To Cook a Wolf

誕生日の夜は実はどこで食べるかぎりぎりまで決まらなくて、ネットでいろいろ調べて結局 Queen Anne の How To Cook A Wolf というイタリア料理の店に決定。ここは予約を取らないので金曜の夜に席が取れるかどうか心配だったけど、ラッキーにも8時くらいにテーブルが空いた。店内の雰囲気はいいんだけど薄暗いので写真は無理だろうとこの時点で諦める。

オーナーはシアトルの有名シェフ Ethan Stowell (レストラン Union のオーナーシェフ)で、他にも Tavolata と Anchovies & Olives というイタリア料理店を経営している。この2店もそのうちチェックしなくちゃだ。その中で How to Cook a Wolf を選んだのは D が既に経験済みではずれがないだろうという理由で。以前友人 N がまあまあだよと言ってたのでちょぴっと不安だったけどこればかりは自分で食べてみないとね。

こじんまりした店内はオープン キッチンになっていておいしそうな食材がよく見える。私たちのテーブル担当になったサーバーの女性がとても気がきいててかゆいところまで手が届くサービス。アメリカのレストランではかなり珍しい現象だよね。ここで既にポイント ア~ップ :-)

メニューは基本的に前菜つまみ系とパスタ料理で構成されている。もぉ私の大好きなスタイルじゃないっすか。まず乾きもののアーモンドとパン、そしてバッファローのモッツァレラ チーズをおさえる(もうすぐ品切れになりそうとサーバーが教えてくれたので)。で半熟卵が好きな私は Solf boiled eggs with anchovy をつい頼んでしまう。珍しくない料理だけど、この半熟の黄身をパンに絡めて食べると幸せだよ~。
イタリア小皿料理 How To Cook a Wolf_e0061902_8274686.jpg

パスタは悩んだあげく、短いパスタ cavatelli のラム ボロネーズ ソースに決定。おお、ちゃんとアルデンテだ。しかもトマトソースがトゲトゲしていない。マイルドリッチな味付けでおなかにもたれず。このパスタちょっとニョッキ系でどうかなと思ったけど、アルデンテのおかげでおいしく食べられた。
イタリア小皿料理 How To Cook a Wolf_e0061902_8365991.jpg


最後に、デザート。普段は頼まないんだけどね、キッチンカウンターで見たおいしそうなイチゴが目に焼き付いててどうしても諦めきれず、イチゴのパンナコッタを注文してしまった。んま~~っ。まずイチゴが完熟でめちゃくちゃおいしい。で砂糖控えめなので本来の甘さが死んでない。そしてパンナコッタもこってりしすぎずイチゴと一緒にいくらでも食べられそうな感じ。さっとオリーブオイルがかかっているのを発見。これも隠し味になってるわけね。ふと、スペインで食べたオリーブオイルのアイスクリームを思い出した。

というわけで、N のレビューに相反して私はとーっても満足だった。量も私的にはパーフェクトだったし、また来たいと思える店リストに追加しました。お勘定は(たぶん)二人で100ドル以下だったと思う(ワイン4杯飲まなければもっと安いはず)。

How To Cook a Wolf

2208 Queen Anne Ave N.
Seattle, Wa 98109
(206) 838-8090
No Reservations
Daily 5:00PM to Midnight
by seattleokami | 2009-06-23 08:22 | Italian