人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

今宵のサカナ (復活)

kozumon.exblog.jp

シアトルのレストラン レビューや旅先で食べた料理、小耳に挟んだ食べ物雑学など、とりあえず食に関するネタを中心に書いてます。最近はレストラン レビューがめっきり減ってしまいましたが、おうちで作れる簡単おいしいごはんの紹介をメインにしたいなと思っています。

引き寄せられるようにここに来てしまった。まあ、頭の片隅ではこのサイト何とかせんといかんのうーとは思っていたんだけれども。閉鎖するならする、もしくはわずかな使用料を払い続けてほったらかしておくのか。

このタイミングで戻ってきたのはなんでだろうね。恐る恐る確認してみたらここでの最初の投稿は2005年6月。奇しくも自分の誕生日であった。In ダブリン。当時の上司 O。スペインポルトガルの一人旅。もしや呼ばれているのかアンダルシアに。

こっぱずかしい日記の数々。お給料の大半を何のためらいもなく食べ歩きや旅行に費やしていた頃。父の看病日記。こずも。しかし何なのこの熱血度満載感は。いや~参るわ。参りました。ごめんなさい。この頃からの友人は実はまったく驚いてないであろう、にしても(笑)。

こんななるちゃん日記でもこのブログを通してたくさんの知りあい、お友達ができたことには感謝の気持ちでいっぱいです。閉鎖しないでおこうか少しの間。とりあえずむずむずドキドキしながら読み返し終わるまで。PDF にアーカイブできそうだ。皆さん古いブログはどうされているのだろう。

53歳の夏の始まり。クーパーもうすぐ15歳。

つぶやきに来ました_e0061902_03181393.jpg








# by seattleokami | 2017-06-30 03:26 | つぶやき
久々に訪れたダラスは、ちょっとした和食屋ブームになっていた。なぜなら、トヨタのアメリカ支社本部がトーランスからダラスに移転することになったらしく、それに併せこれからやってくる(すでに幹部はダラス入りしている模様)駐在員および出張の方々を受け入れるべく、寿司屋、居酒屋、ラーメン屋と続々オープンしているらしいのだ。

下手するとシアトルよりも居酒屋多いんでない?と思うほど、日本人向けコミュニティ新聞(ソイソースのようなもの?)にはジャパニーズ レストランの広告がずら~り。最初の予定では、本格手打ちそばも出しているというハイエンド系和食レストランの「貞庵」に行くはずが思わぬアクシデントにより泣く泣くあきらめることに。そのアクシデントとは。。。私の到着から帰る日まで何とダラスが寒波に襲われ高速道路などが凍結で閉鎖されてしまうという信じられないことが起こってしまったのだった。ふえ~ん。ちょうど、滞在先のYちゃん宅からあまり遠くない Mr. Max が開店以来大盛況だというので急きょ予定変更でそのちょっと怪しげな名前のお店に連れてってもらうことになった。
ダラスに Mr. Max あり_e0061902_03503976.jpg
Yちゃんの解説によると、ラスベガス人気ラーメン店 Monta が、もともと居酒屋だった Mr Max を居抜きで買い取り店名を変えずに新装開店した、という背景があるらしい。案の定予約でほぼ満席で、遅い時間にやっとカウンターに座れた。店内は、外観とロケーションのショボさからは想像できないこぎれいでしっかりした居酒屋&ラーメン屋の内装。ななな~んと、メニューに「焼きハタハタ」があるじゃあないか!渋すぎ。実家に帰っても最近食べられることの少なくなったハタハタにダラスの片隅でお目にかかれるとは。
ダラスに Mr. Max あり_e0061902_03501605.jpg
ほかにも、ごぼうチップスや、チキン南蛮、もつ煮、天ぷら、自家製漬け物、台湾めし、台湾そば、土手丼(ってなあに?)、うどん、いかわた煮、煮込みハンバーグ、などなど居酒屋ファンにはうれしいメニューが壁に手書きで貼られていてついつい頼みすぎたのは居酒屋のお約束。
ダラスに Mr. Max あり_e0061902_03483116.jpg
しかし何といってもここの名物は本業であるラーメンでしょう、ということでYちゃんが半ラーメンを注文。この、半っていう心配りがうれしいじゃないですか。ラーメン狂ではないわたくしも味見させてもらったら、意外にあっさり系のトンコツで、これならつまみをたらふく食べた後の小腹にもおさまりそう。
ダラスに Mr. Max あり_e0061902_03502931.jpg
といいつつ私には隠れた野望があった。それは〆にカレーライスを食べる!しかも旅の恥はかき捨てモードになっているので、シアトルではやらない荒ワザもここで駆使するのであった。でもさすがにおなかぱ~んだったため、通常やっていない半カレーをこっそり頼んで出してもらった。誰にも言いませんからっていいながらここで暴露してしまってごめんなさい。みなさん、メニューにはないからね。
ダラスに Mr. Max あり_e0061902_03502492.jpg
ちょっと残念だったのは、お肉がひき肉だったこと。これが豚三枚肉か牛すじだったら最高だった。。。しかし文句はありません。特別に半カレーにしてもらったしね。さすがに自家製プリンまではたどり着けなかったから次回に取っておこう。

結果的に、貞庵にしなくてよかったかも。特にお財布にね。

追記:お友達のM子さん(シアトル在住、ご近所さん)が、なんとオリジナル Mr Max でバイトしていたことがあるという衝撃の事実が判明。さらに、新しいMr Max のウエイトレスさんが、シアトルの ID から夫婦で引っ越してきたばかりという、ダラスとシアトルの不思議な縁をここに見た。

Mr Max
3028 N Belt Line Rd
Irving, TX 75062
  • Get Directions
  • Phone number (972) 255-8889


  • # by seattleokami | 2015-04-14 04:29 | テキサス
    茶箪笥の中を整理していたら、10年以上も前に賞味期限が切れている金太郎飴が出てきた。いつどこで買ったんだろう。まったく記憶にない。製造元は「金太郎飴本店」とあるから、切ってみたら歪んですごい怖い顔でがっかり、なんてこともないんだろうか。たまにあるんだよねー。ちょっと興味津々。
    金太郎飴とご対面_e0061902_15464343.jpg
    恐る恐る真ん中辺からパキッっと。。。やってみました。

    金太郎飴とご対面_e0061902_15533446.jpg


    すご~~い!完成度高いではないの。特にマスカラでもつけたかのようなパッチリまつ毛。一本一本の間が均等になってるー。額の中央にある穴は第三の目か?

    日本の職人芸はすばらしい!恐れ入りました。これ、冷凍したら永久保存できるかな。

    追記: 下のホームページを見てみたら、本店といえどもちょっとなんちゃってな顔もあったので、私はすご~くラッキーだったのかも、ふふ。

    金太郎飴 本店
    http://www.kintarou.co.jp/


    # by seattleokami | 2014-12-09 16:00 | 食べもの日記

    私の過去ブログにも何度も登場している大舘花善の鶏めし

    今回の帰省でたまたま盛岡駅を通ったときになんと見つけてしまった、あの懐かしの復刻版鶏めしを!そうよこれこれ、この包装紙だわさ~。容器のほうは残念ながらセトモノではなかったけれど。この絵柄がまた見られただけで幸せー。

    鶏めしの復刻版をついに発見_e0061902_07125097.jpg
    鶏めしの復刻版をついに発見_e0061902_07124497.jpg


    ごはんのほうはちゃんともちもち感が戻っていた。しかし、甘いのは変わってないので、ビールのおつまみという感じでちびちびつまむことになるんだけどね。もしかして、うちで炊き込みごはんにゆで卵のみじん切りを載せる習慣はこの鶏めしを真似たのか。母に聞きそびれたな。何はともあれ、全国駅弁大会で1位に輝いたこともあるこの鶏めしは、私にとっては味わうというより、買うことに意義のある儀式のようなものなんだろうなー。

    # by seattleokami | 2014-12-06 07:28 | 食べもの日記
    ネットで発見してから気になっていた福田パンの「あんバター」なるもの。盛岡市民で知らない人はいない(未確認情報)地元のソウルフードらしい。私が育った秋田でも、あんことマーガリンをはさんだパン(たけやパン製だったか?)をたまに買って食べていたので、斬新さという意味ではそれほどの衝撃はないけれども、今や盛岡が第二の故郷になりつつある私にとってはやはりここは押さえておきたいかも、と思っていたところに、たまたま盛岡駅構内の売店で見つけてしまったのでおひとつお買い上げ~。
    ソウルフード対決: 福田パンのあんバターと山口製菓のあんドーナツ_e0061902_21360984.jpg
    食べてみた感想。思ったよりあっさりしてる。柔らかいコッペパンのボリュームに比べあんとバター(おそらく今はマーガリン)の量が割と控えめかな。ものによると1000カロリーを超えるという説もあるらしいけど、そんなヘビーな食感ではない。

    ヘビーなパンと言えば秋田のあんドーナツ(山口製菓)に触れないわけにはいかないでしょう。私の過去のブログでも書いたけれども、あんドーナツなら確実に1000カロリーを超えそうな胸やけ度200%の、秋田(もしかして県北のみ?)のソウルフードと言えるのでは。福田パンのあんバターが文系パンなら山口製菓のあんドーナツは絶対体育会系。正直言って年齢的にあんドーナツはけっこうきついけど、あんバターならまだ行けそうかも (でも1個完食はムリっぽい。。。)。

    ちなみに福田パンはあんバター以外にも各種惣菜パンを取り揃えている (父はカレーパンを所望し、2日かけて完食していた)。きっと盛岡の人たちにはあのソフトなコッペパンがソウル フードなのだと思う。

    # by seattleokami | 2014-11-21 21:57 | 食べもの日記