ブログトップ

今宵のサカナ (復活)

kozumon.exblog.jp

シアトルのレストラン レビューや旅先で食べた料理、小耳に挟んだ食べ物雑学など、とりあえず食に関するネタを中心に書いてます。最近はレストラン レビューがめっきり減ってしまいましたが、おうちで作れる簡単おいしいごはんの紹介をメインにしたいなと思っています。

タグ:常備菜 ( 1 ) タグの人気記事

私の出身地秋田では、春の野菜といえば山菜のひと言に尽きる。ふきのとう、たけのこ、ふき、ワラビゼンマイ、こごみ、ミズなど、知り合いの農家の人たちが採ってきた山菜を分けてくれるおかげで、自分たちでは山菜採りに行かない我が家も旬の醍醐味を体験できていた。中でもふきは秋田の名物。大きなふきの葉っぱを傘にして立つ有名な秋田おばこの姿でご存知のように(え、ご存じない?これ思い切りローカル ネタですか??)、ふきを使った料理は多い。子供のころは山菜料理なんて見向きもしなかったのに、この嗜好の変わりようと言ったら!

先日、うわじでローカルのふきが出ていたので思わず買って来てしまった。シアトル近郊ではふきなんて裏庭とかにもっさもっさ生えているらしいのだが、私の裏庭にはないもので。もし余ってて処理に困っている人がいたら喜んでお引き取りします (笑)。

ふきを使ったお惣菜で田舎でよく食べたのが、ふきとさもだしの辛み炒め煮。さもだしとは、傘の開いたなめこのでっかいバージョンみたいなもので、なら茸?というらしい。ちょっと濃いめに味付けしておけば常備菜として重宝する。私にとってはセンチメンタルな意味もあるんだけどね。

というわけでゆうべ作ってみましたよん。

材料:
ふき
缶入りさもだし、もしくは干しシイタケを戻したもので全然OK
油揚げ
鷹の爪

作り方:
1.ふきは筋を丁寧に剥いて(これが一番時間かかる)たっぷりのお湯で30分ほどゆでる。あくが出てゆで汁が赤くなる。
2.ざるにあげて新しい水にひたしておく。この状態で一週間くらい冷蔵庫で保存できるのでは?
3.さもだしは水洗いしておく。干ししいたけだったら戻した状態で厚めにスライスする。
4.油揚げはさっと湯通ししておく。
5.鍋にごま油とサラダ油を半々に入れ、鷹の爪を数本投入。この時点ではあまり火を強くしない。
6.鷹の爪がよく香ってきたら火を強くして3センチ長に切ったふきを入れ炒める。きのこも入れて炒める。
7.材料がかぶるくらいのだし汁を注ぎ(しいたけの戻し汁でもOK)、酒、みりんを同量入れる。沸騰してアルコールが飛んだらしょうゆも同量入れる。
8.あとは水分がなくなるまでくつくつ煮込むだけ。途中で油揚げも入れてね。

e0061902_3531026.jpg


ビールや日本酒のおつまみにもいいし、冷たいままの煮物を熱々の炊き立てごはんに載せてかき込んでも美味。お弁当のおかずにもいいけど、お子様にはちょっと地味な色かも。
[PR]
by seattleokami | 2010-06-08 03:42 | うちごはんレシピ