ブログトップ

今宵のサカナ (復活)

kozumon.exblog.jp

シアトルのレストラン レビューや旅先で食べた料理、小耳に挟んだ食べ物雑学など、とりあえず食に関するネタを中心に書いてます。最近はレストラン レビューがめっきり減ってしまいましたが、おうちで作れる簡単おいしいごはんの紹介をメインにしたいなと思っています。

ネットで発見してから気になっていた福田パンの「あんバター」なるもの。盛岡市民で知らない人はいない(未確認情報)地元のソウルフードらしい。私が育った秋田でも、あんことマーガリンをはさんだパン(たけやパン製だったか?)をたまに買って食べていたので、斬新さという意味ではそれほどの衝撃はないけれども、今や盛岡が第二の故郷になりつつある私にとってはやはりここは押さえておきたいかも、と思っていたところに、たまたま盛岡駅構内の売店で見つけてしまったのでおひとつお買い上げ~。
e0061902_21360984.jpg
食べてみた感想。思ったよりあっさりしてる。柔らかいコッペパンのボリュームに比べあんとバター(おそらく今はマーガリン)の量が割と控えめかな。ものによると1000カロリーを超えるという説もあるらしいけど、そんなヘビーな食感ではない。

ヘビーなパンと言えば秋田のあんドーナツ(山口製菓)に触れないわけにはいかないでしょう。私の過去のブログでも書いたけれども、あんドーナツなら確実に1000カロリーを超えそうな胸やけ度200%の、秋田(もしかして県北のみ?)のソウルフードと言えるのでは。福田パンのあんバターが文系パンなら山口製菓のあんドーナツは絶対体育会系。正直言って年齢的にあんドーナツはけっこうきついけど、あんバターならまだ行けそうかも (でも1個完食はムリっぽい。。。)。

ちなみに福田パンはあんバター以外にも各種惣菜パンを取り揃えている (父はカレーパンを所望し、2日かけて完食していた)。きっと盛岡の人たちにはあのソフトなコッペパンがソウル フードなのだと思う。

[PR]
by seattleokami | 2014-11-21 21:57 | 食べもの日記 | Comments(0)
このレシピは全粒粉を少し混ぜるもの。割合はそんなに高くないのにしっか麦の味がする。

作り方は普通の小麦粉100%のときと同じで、分量を変えるだけ。

ぬるま湯 3 カップ(1カップは250ml)
イースト 大さじ 1 1/2 (2袋)
塩 大さじ1 1/2
全粒粉 (Whole wheat flour) 1カップ (または全粒粉 1/2、ライ麦粉 1/2 カップ)
無漂白小麦粉(all-purpose flour) 5 1/2 カップ

で、朝時間がないときは生地をロールパン サイズくらいに小さくすると発酵時間および焼く時間をかなり短縮できるので便利。ほっかほかのパンに芳醇な香りのエシレ バターをたっぷり載せて。私はいつからパン好きになったんでしょうか。
e0061902_259255.jpg

[PR]
by seattleokami | 2010-05-28 02:59 | うちごはんレシピ | Comments(5)