ブログトップ

今宵のサカナ (復活)

kozumon.exblog.jp

シアトルのレストラン レビューや旅先で食べた料理、小耳に挟んだ食べ物雑学など、とりあえず食に関するネタを中心に書いてます。最近はレストラン レビューがめっきり減ってしまいましたが、おうちで作れる簡単おいしいごはんの紹介をメインにしたいなと思っています。

タグ:イタリアン ( 3 ) タグの人気記事

松茸の季節ですなー。レストランでも松茸がメニューに登場し始めたころ、友人A子さんから「知人が採ってきた松茸をポンド15ドルで買いませんか~」とテキストが!1ポンドってすごい量、だよね。。。素敵なお誘いとはいえ食べきれるか不安。。。と思っていたところ「半分こしましょ」と言ってくださったので二つ返事でお買い上げ決定。

私の取り分を見たら特大サイズの松茸がごろごろと3,4本。かさは開いているけれども、料亭で出すわけでもないですし、全然ノープロブレムよ。香りは堂々と松茸です。
もちろんマツタケご飯でしょう!と思いきやダンちゃんが「Oh~~リゾットがいいねー」。え、りぞっと?もったいなくないですか。しかしまあ考えてみたら、こんな贅沢も日本にいたらもったいなくてできないだろうし、いっちょやってまえー!ということで作ってみました。

一日目:松茸リゾット
e0061902_13441489.jpg
<材料>
Arborio 米(日本のコメでも問題なし!)1カップ(アメリカ サイズ)
チキンブロス 2/3 パック
松茸その他お好きなキノコスライス たっぷり
グリンピース お好みで
玉ねぎ半個 みじんぎり
バター 適宜
オリーブオイル 適宜
塩こしょう
パルメザンチーズ 半カップくらい

1.ルクルーゼなどの鍋にオリーブオイルを熱し、玉ねぎを入れ透き通るまで炒める。
2.米を入れて油となじませるように炒める。
3.キノコ類を加えさらに少し炒める。バター大匙1-2くらい追加。グリンピースもここで入れてOK。白ワインもしくは酒を少しそそいで甘みを追加(オプション)。
3.チキンストックを半カップそそぎさくっと混ぜる。
4.汁けがなくなりそうになったらまた半カップのチキンストックを追加。
5.このプロセスを繰り返し、ごはんがお好みのかたさになったら塩コショウで味付け。
6.パルメザンチーズを投入し、チーズが溶けたらすぐ火を止める。
7.パセリを散らしてできあがり

いやはや濃厚なリゾットだった。松茸の威力に恐れ入りました。

2日目:栗入り松茸ご飯とお吸い物 (付け合わせはクルミ和えと焼しし唐)


e0061902_13545411.jpg
松茸ごはんの材料:松茸(好きなだけ)、栗(お湯につけて皮をむいたもの)、だし、酒、みりん、塩、うすくちしょうゆ
1.といだ米、だし汁、調味料をルクルーゼなどの鍋または炊飯器に入れる。
2.松茸のスライス、栗(できれば4分の一くらいに小さくしたほうが火が通りやすい)を載せて普通に炊く(強火で沸騰、弱火15分、蒸らし15分)。
3.黒ゴマを振ってできあがり。
今回は栗が大きすぎて多すぎて米に重石をしたような状態になってしまいちょっと失敗。。。もういちど、作りたいと思うときに松茸なし。残念。






[PR]
by seattleokami | 2014-10-15 15:02 | うちごはんレシピ | Comments(0)
Tutta Bella の Web サイトに行くと、正式にナポリ風ピザとして認められるためのいろいろな条件が記載されている。トマトは San Marzano のものでなければいけない、小麦粉はグルテン含有率の低いTipo “00” を使わなくてはいけない、云々。
詳しくはこちら

この間Tutta Bella で食事した時に、上のような食材をレストランで販売していると聞き、ならばほかの店でも買えるだろうと、お気に入りの PFI に行ってみたら、はいはい、トマト缶も低グルテンの小麦粉もありました~ん。よし、ナポリ風ピザおうちで再現!の巻。

トマトソースを作るには、鍋にオリーブオイルを熱し、缶のトマトをつぶして投入し、弱火で30~40分煮込むだけ。塩を最後にちょっと加えるけど、余計なものは一切入れないほうが甘味のあるおいしいソースになる。

ピザ生地のレシピはジェイミー オリバー君のものを拝借。レシピはこちら

トッピングはもう好きなものを好きなだけ。うちの近所のセントラル マーケットではピザに使えるいろんなトッピングがサラダ バーで量り売りしているのでとっても便利。今回そろえたトッピングは~。

フレッシュ モッツァレラ チーズ、リコッタ チーズ、サンドライ トマト、ペスト、タペナード、ロースト ガーリック、松の実、レッド ペッパー(辛)、パンチェッタ(スライサーで薄~くスライス)、ペパロニ、アスパラガス、バジル、玉ねぎ、卵、(もっとあるかもだけど忘れてしまいました)。

生地は小さめのボール(オレンジくらいの大きさ)を一個として、薄~く伸ばす。綿棒は使わないほうが生地の触感がピザっぽくなる。で、トッピングはもう何でもあり~っ。でもやっぱりパンチェッタを号クスにスライスしたのがカリッと焼けてるとこれほんとうまい。あ、でチリペッパーフレークも振り掛けるといいね。

というわけで、できました。超~うまいっ!ピザ好きじゃない私ですが、これには参りました。
e0061902_14505791.jpg
e0061902_14515864.jpg
ピザの生地は一回分ごとにボールにしてラップして冷凍。これでいつでもピザできます。フレッシュ モッツァレラだけ買ってくればそれだけでもうまいし。まあ私のことなんで、一口食べられば満足、すぐ飽きちゃうことには変わりないが。でもピザパーティ楽しそうだね。
[PR]
by seattleokami | 2010-06-10 14:37 | うちごはんレシピ | Comments(0)
短時間で簡単に作れるパスタ。まずはブロッコリのオレキエッテ(小さい耳たぶという意味)。本来はロマネスコ ブロッコリというカリフラワーの一種を使うんだけどない場合は普通のブロッコリか緑色のカリフラワーで代用。私の場合は後者を使った。シンプルだけど素材の味を楽しめるこういうパスタが一番好きかも~。

1. オレキエッテ パスタをゆで始める。
2. みじん切りにしたパンチェッタを弱火で気長に炒め脂がでてカリッとしてきたら脂を捨ててパンチェッタは取っておく。
3. ブロッコリは一口大に切っておく。
4. フライパンにオリーブオイルを熱しにんにくのみじん切りを加えて弱火で炒める。
5. ブロッコリとパンチェッタを加え、パスタのゆで汁もちょっと加えてブロッコリに火を通す。
6. 茹で上がったパスタを加えて混ぜる。
7. おろしたペコリノチーズをたっぷりかけて混ぜたら出来上がり。
e0061902_1484091.jpg


次は新鮮なうにのクリーム ソース リングイネ。レシピは落合シェフの料理本から引用。やはり決め手はウニ。今回は宇和島屋で購入したんだけどそのうまさにびっくり。いつも思うけど、地元産のウニは生ガキやサーモンに並ぶ3大名物に入れてほしい。北海道のウニにも負けないよ、ピュージェット サウンドのウニは。しかも宇和島屋で買えるとは。灯台下暗し(?)。
実は火を通しすぎてウニがとけなかったのだが、それでもできたてはクリーミーだった(らしい)。

(1人分)
1. リングイネをゆで始める。
2. フライパンにオリーブオイルを熱し弱火でにんにくのみじん切りを炒める。
3. 白ワイン 50cc を加えてアルコールを飛ばす。
4. ペースト状のトマト水煮大さじ1とイタリアン パセリひとつまみを加えて煮詰める。
5. 生クリーム 100 cc を加えて煮詰めながら塩コショウで味付け。
6. うに50グラムを加えたらバターをひとつまみ、パスタを加えて手早く混ぜたらできあがり。
e0061902_14213759.jpg

おまけ写真。ロブスターサラダ。
e0061902_7547100.jpg

[PR]
by seattleokami | 2010-03-24 14:08 | うちごはんレシピ | Comments(7)