ブログトップ

今宵のサカナ (復活)

kozumon.exblog.jp

シアトルのレストラン レビューや旅先で食べた料理、小耳に挟んだ食べ物雑学など、とりあえず食に関するネタを中心に書いてます。最近はレストラン レビューがめっきり減ってしまいましたが、おうちで作れる簡単おいしいごはんの紹介をメインにしたいなと思っています。

<   2011年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

しつこくてすみませんね~。いやもしこの週末買いに行こうとお考えの方がいるかもしれないなと。

といっても全然役には立たないのだが。こういう手作りパックに入っています。
e0061902_55417.jpg

やっぱり半熟目玉焼き、サイコー。
e0061902_585971.jpg

ただし、風味は日に日に落ちるのでご賞味はお早めに。
[PR]
by seattleokami | 2011-04-30 05:09 | 食べもの日記 | Comments(0)
たまたま家にある材料をぶち込んで作ってみたらこれがひじょーにおいしかったのでそれ以来定番にしているおかず、ローズマリー チキン。

鶏のもも肉(皮、骨なし)、にんにくみじん切り(鶏肉一切れにつき1個分くらい)、ローズマリーの葉っぱ(茎を除いたもの、鶏肉ふた切れて1本分くらい)、オリーブオイル(たっぷり)、塩こしょうをすべてジップロックに突っ込み、一晩冷蔵庫で寝かせたらもうOK。コツといえば、ジップロックの空気をなるべく抜くことくらい。この状態で冷凍も可能。

フライパンで焼いてもBBQグリルでも簡単に焼ける。そのまま食べてもよし、スライスしてサラダに載せるもよし、パンにはさんでサンドイッチでも。私はチキン サラダにするのが好きかな~。
e0061902_5364389.jpg

[PR]
by seattleokami | 2011-04-29 03:51 | うちごはんレシピ | Comments(2)
この写真を見て即座に癒されたあなた、石庵ハッピーアワー同好会に入りませんか(笑)。

友達と行っても、ひとりでふらりと寄っても、従業員の皆さんの笑顔と普通が嬉しい居酒屋メニューに癒される。(写真手前から、フライドポテト&わさびマヨ、コロッケ、サッポロ生)
e0061902_3039.jpg


石庵さん、チャリティの「がんばれ日本」ステッカーをご好意で置かせてくださって本当にありがとう。一ヶ月以上たっても絶えることのないお客さんたちの温かい心遣いに本当に感動しています。涙が出てきます。
[PR]
by seattleokami | 2011-04-28 03:04 | Japanese | Comments(0)
毎週末ファーマーズ マーケットに向かうのが楽しみになってきた。日本の四季はそれぞれに季節を感じさせるすばらしい味覚が楽しめるけど、シアトルでは春の到来は特別。街中にアドレナリンが充満するのを肌で感じるくらい。秋田弁では「ほけてる」って言うんだけどね。みんなウキウキ浮かれちゃうわけなのよね。

で私も浮かれついでに。なんとなく雰囲気だけど春を感じる簡単サラダ。
材料は、サラダ菜、チコリ、ラズベリー、きゅうり、イエロー トマト、アボカド、スライス アーモンド、ベーコンビッツ。これにさっぱりドレッシング(シェリー ワイン ビネガー、ディジョン マスタード、オリーブオイルまたはヘーゼルナッツ オイル、を混ぜ合わせたもの)をかけるだけ。

でね、半熟ゆで卵が載ってますけど、この卵、今までの卵ショッピングで一番おいしかった。ファーマーズ マーケットに行くたびに違う牧場のオーガニック卵を買って試してみてるんだけど、今のところここが一番美味。もう黄身の色からして違うもん。(注:牧場の名前を忘れてしまったので今度行ったらちゃんと書き留めてきます。UDis と Ballard どちらでも売ってます。かわいい女の子の写真が卵の横に立ててあって「この子が集めてます~」って書いてある。)
e0061902_2403438.jpg


で、この卵、スクランブルにしてもめちゃくちゃおいしい。本当は目玉焼きのほうが好きな私だけどこれはうまかった。この日はいんげんと黄ピーマンとエシャロット(shallots) を炒めたものとみじん切りのチャイブを溶き卵に混ぜてささっと火を通しただけ。後ろのサラダはチコリとかりかりベーコンに↑のドレッシングをかけたもの。あまりにおいしいのでコレステロールのことはきれいさっぱり忘れて3個分も食べちゃったよ、卵。
e0061902_2455770.jpg

[PR]
by seattleokami | 2011-04-28 02:40 | うちごはんレシピ | Comments(0)
私は面識がない(?)と思うのだが、ゆうこさんのお友達という方からおうちの庭で採れたというふきをいただいた。どうやらずっと前のふきのブログを覚えていてくださったらしい。

新鮮なうちに調理しないと、と思ったものの家にある材料といえば。。。。パントリーからさもだしの缶詰をゲット。さもだしというのはうちの実家秋田ではよく見られる傘のひらいたなめこのようなきのこ。大事に取っておいたけどそろそろ使わないとね。冷蔵庫に姫竹の水煮を発見。そして冷凍庫には油揚げ。よし、これでまた田舎料理のさもだしとふきの炒め煮を作ろう。常備菜にもなるしね。

ふきは茹でてあくを抜いたら皮をむいて2,3センチに切る。
さもだしは水洗い。姫竹もさっと洗ってふきと同じくらいに切る。
油揚げは湯通しして油を抜いて。

ごま油を熱し赤唐辛子を数本投入。弱火でじっくり辛味を出してから火を強め材料を入れて炒める。だし汁をかぶるくらい、あと適当に酒とみりんを入れてアルコールを飛ばし、醤油を加えて後は汁気がなくなるまで煮る。以上~。
e0061902_3304751.jpg


ゆうこさんのお友達のTさん、見知らぬ私に春を届けてくださってありがとうございます。ふるさとの味を満喫させていただきました~。

白い炊きたてご飯とめちゃくちゃ合います!
[PR]
by seattleokami | 2011-04-26 03:23 | うちごはんレシピ | Comments(6)
友人に「そろそろ自粛モードでもないんだからまたブログ書くように」とケツを叩かれ、気が付いてみたら確かにもうずいぶん休んでいたみたいなのでそろそろ書き始めます。

最後のエントリに書いたように、石庵で開催したこずもサロン卯月の会は小さいグループながらも和気あいあいと楽しいひとときになった。次は皐月の会。日程は追ってご連絡します。

最近のメイン イベントといえば何と言っても先週ジョギング中に転んで口を地面に打ちつけ、5針縫ってしまったことか。幸い傷の治りは順調らしく(周りは気を遣ってそう言ってくれてるのかもしれないけど)、今日の午後抜糸予定。過去のスパム傷を何とか克服したと思ったら今度は顔のど真ん中。う~む。顔に歴史あり。

というわけでそんな事故が起こる前の楽しい幸せなお話。

釣り名人のげどます夫妻(ゆうまがでも記事を連載中)がこの時期になると釣れるスメルト(わかさぎに似た形のキュウリウオと言われる魚で湖ではなく海に生息する)が豊漁だということできちんとさばいた新鮮なスメルトをおすそ分けしてくれた。時を同じくしてP さんのブログ でスメルトのフライを見てしまったら、もううまそうでうまそうで。

でさっそく私も揚げました。魚が新鮮なのでさくっと軽くいくらでも入る。冷たいビールがあれば一人10尾くらい平気でぺろりよ。私の場合はソースとマヨのツートーン ソースでいただきました。うまかった!
e0061902_39877.jpg


唇の傷を早く治してまた気兼ねなくフライとビールでがつんといけるようになりたい。怪我する前に堪能しておいてよかったわ~。げどます家、ありがとうございました!
[PR]
by seattleokami | 2011-04-26 02:59 | うちごはんレシピ | Comments(0)