ブログトップ

今宵のサカナ (復活)

kozumon.exblog.jp

シアトルのレストラン レビューや旅先で食べた料理、小耳に挟んだ食べ物雑学など、とりあえず食に関するネタを中心に書いてます。最近はレストラン レビューがめっきり減ってしまいましたが、おうちで作れる簡単おいしいごはんの紹介をメインにしたいなと思っています。

<   2010年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

このレシピは全粒粉を少し混ぜるもの。割合はそんなに高くないのにしっか麦の味がする。

作り方は普通の小麦粉100%のときと同じで、分量を変えるだけ。

ぬるま湯 3 カップ(1カップは250ml)
イースト 大さじ 1 1/2 (2袋)
塩 大さじ1 1/2
全粒粉 (Whole wheat flour) 1カップ (または全粒粉 1/2、ライ麦粉 1/2 カップ)
無漂白小麦粉(all-purpose flour) 5 1/2 カップ

で、朝時間がないときは生地をロールパン サイズくらいに小さくすると発酵時間および焼く時間をかなり短縮できるので便利。ほっかほかのパンに芳醇な香りのエシレ バターをたっぷり載せて。私はいつからパン好きになったんでしょうか。
e0061902_259255.jpg

[PR]
by seattleokami | 2010-05-28 02:59 | うちごはんレシピ | Comments(5)
クーパーの脱毛の原因はいまだわからず。2回目のアレルギー検査をする意味があるのか疑問だったし、そのアレルギー検査には食物アレルギーの項目が入っていないと聞いて、獣医の勧めに従い消去法による食餌法を試してみることにした。消去法と言っても、最初に全部消去しちゃって、一種類の原料のみを6週間与えてみる、というものなんだけどね。まずはウサギから始めて見てください、と言われたのが1か月ほど前。ウサギの肉って結構いろんなところに売ってるのね、ということが分かったのはいいが、たいてい骨付き、内臓付き(時には耳の名残りまで付いている)という状態で冷凍して売っている。PCC では半身、セントラル マーケットでは一羽丸ごとである。いまだにローストチキンを焼いたことがない、つまり生き物に近い形はほんと弱いこの私が、かわいい猫のために、半泣き状態でウサギを調理している(ああ、カニの悲劇を思い出すなぁ)。

圧力鍋がないので(Wish list のトップにあるけど)、スロークッカーで4~5時間ほどウサギを煮るとこんな状態。
e0061902_661591.jpg

で温かいうちに小骨まで丁寧に取り除く。これが超面倒。でも猫のために母ちゃんがんばる。
e0061902_68637.jpg
でフードプロセッサにかけて、その後に煮汁と混ぜて出来上がり。100%ウサギ肉のキャットフード。
e0061902_6132014.jpg


この手作りキャット フード、猫たちはものすごい気に入ったようで食いつきが半端じゃない。そして今までよりも食べる量がぐんと増えた。それなのに体重が減ってきてるような気がするのは気のせいだろうか。ぜい肉がそぎ落とされた感じがする。

それはいいことなんだけど、何しろエサ代のかかること。50ドル分のウサギを買っても1週間しか持ちません。肝心のクーパーの抜け毛は、心なしか治ってきてるようだけど、ほんの気持ち。でもこのウサギ ダイエットをずっと続けるのは無理ですぅ~。次のテストは鴨。これも高いですよ。

今日もウサギ買いに行ってきます~。ウサギを飼っている方たち、申し訳ございません。。。
[PR]
by seattleokami | 2010-05-27 06:00 | 猫がらみ | Comments(4)
お気に入りの料理本 The Grand Central Baking Book からのレシピ。私は小麦粉系でもバターたっぷりのビスケット(アメリカではビスケットというとたいてい塩味で、食事のお供として食べます。日本でいうクッキーのようなお菓子とは違います。)は好きなのであった。さらにグランドセントラルの Jammers はカリカリっと焼いてあってしっかり塩味が効いていて朝ごはんにもいけちゃうのだ。

なのでさっそく家で再現してみました。焼きたてのビスケットを濃いめのカフェラテと一緒に楽しむ朝は最高よ~。思わず会社休んじゃおうかと思うよ。
e0061902_4472862.jpg


以下レシピは The Grand Central Baking Book をもとに、私のメモも追加しました。

材料(24個くらいできた)分量はアメリカのサイズ:

小麦粉(all-purpose) 4 カップ(1カップは250ml)
グラニュー糖 大さじ 3
ベーキング パウダー 小さじ 1
塩 小さじ 1 1/2
ベーキング ソーダ 小さじ 1
無塩バター 8 oz (冷やした状態で)
バターミルク 1 1/4 カップ (様子を見ながらさらに 1/4 カップ)
ジャム 3/4 カップ

作り方:
1.ボウルで粉ものをよく混ぜる
2. さいころ状に切ったバターを加え混ぜる。このときに、バターの小さい塊がまだ残っているようにする(バターの塊が多ければ多いほど、できあがりがほろほろになる)
3. ボウルの中央にくぼみを作りそこにバターミルクを投入。スタンドミキサーを使うと楽かも。
4.粉と混ざるようにさっくり混ぜ合わせる。ほぼまとまるけど、まだぼろぼろ、という状態でOK。
5.作業台に小麦粉を引き丸めた生地を載せて厚さ3センチくらいまで伸ばす。
6.ビスケット型(もしくは直径5センチくらいの輪っか状のもの)で型抜きしていく。あまった生地はまたまとめてさらに型抜き。
7.丸いビスケット生地の真ん中に親指で凹みを作る。下のほうを少し広めにあけるのがコツらしい。
8. スプーンでジャムをビスケットの凹みに落としていく。
8.オーブンは華氏350度に設定。クッキーシートに Parchment paper を引き、生地を並べて35~40分焼く。表面がこんがりしてきたらできあがり。

あつあつを召し上がれ~。
[PR]
by seattleokami | 2010-05-27 04:46 | うちごはんレシピ | Comments(0)
お題:日曜夜6時、おとな3名(アメリカ人2名、Okami)、できれば寿司(握り)とつまみが食べられるところ。日本食文化にちょっと触れてほしい(okami 的に下心あり)。

ということで懐石ってどうよ、とあれこれ調べてみて I Love Sushi Lake Union に問い合わせてみたところひとり$48で、メニューも八寸から始まってなかなかいいのでは?と思ったものの、しばらく I Love から遠ざかってたというのと、懐石は失敗すると目立つなという危惧があって最後の最後まで予約を迷っていたのが正直なところ(ぎりぎりまで喜作のおまかせにしようと思ってたし)。しかし、最終的に八寸のアイデアは捨てがたく(これはほんとに世界に自慢したいコンセプトだよね)、決定で~す。

店の外で偶然(私としてはそう思ったんだけど)板さんの R さんと遭遇。どうやら私が来ることもバレていたらしい(笑)。これは幸先いいぞ、と早くもウキウキ気分で窓際の席に着く。

さて、懐石コースの八寸登場。全部ちゃんと覚えてないかもしれなくて恥ずかしいのだが、真ん中がマグロの小袖寿司、左からホタテの刺身とアンキモ、白身魚の埋め梅ジソ揚げ、銀だら粕漬け、Snow Crab (だっけな?)を鮭と大根で巻いたもの。どれもフュージョンじゃない日本料理アイテムだ。ていねいに仕事していただいてありがとう、とお礼を言いたくなります(飾りの葉っぱも心遣いがうれしい)。ただ、アメリカ人組はやはり銀だら粕漬けが一番のお気に入りだった模様。ま、しょーがないか。とりあえず最初から日本酒を頼んだ H は正解かも。
e0061902_414654.jpg

次はあわびの土瓶蒸し(写真割愛)。かつおだしの味がはっきり分かる。
そして刺身盛り。写真は一人前。内容は、白身魚、白マグロ、甘海老(頭付き)、鯵、イカの鳴門巻き、生ガキ。この時点でなんだかすごいお得感あるねー。
e0061902_439152.jpg

焼き物または揚げ物ではこの日は3種類から選べた。アメリカ人はロブスターの天ぷら。私も実はロブにしようかとも思ったんだけど、悔しいのでマグロのウニ焼き。メニューにはにんにくポン酢ソースと書いてあるけど、ちょっとバターの味もするような。天ぷらは試食してないので分からないけど、ウニ焼きは赤身のあまり得意じゃない私でも香ばしくおいしくいただけた(バターのせいもあるかも)。
e0061902_4431543.jpg
e0061902_452824.jpg

しかし次の握り寿司を見たときには正直言って驚いた。本当にこれ懐石コースに入ってるネタなのか?!
だって、今旬の初物 Copper River サーモンですよ。うまいよ~。歯応えといい舌にまとわりつく風味といい、官能的ですらある。本日の金メダル!
e0061902_4504977.jpg
もちろんほかのネタも手抜きなしのおいしさ。サバの炙りずしは久しぶりに R さんの鯖ずしを食べられてうれしかった~。
e0061902_4541729.jpg
e0061902_4544922.jpg

おなかい~っぱいではちきれそう。でも至福感でいっぱいなところもあって。さて、最後はデザート。私が頼んだココナッツ アイスクリームもひと工夫してあって気が付いたら全部食べてた(デザート完食するのはかなり珍しいことです)。
e0061902_52477.jpg


I Love Sushi Lake Union の懐石、おススメです(as of 05/23/2010)。

I Love Sushi Lake Union
http://lakeunion.ilovesushi.com/
[PR]
by seattleokami | 2010-05-26 04:14 | Japanese | Comments(2)
ベインブリッジでフェリーを降りてWinslow のダウンタウンへ歩いて行くと、マリーナに面して Harbor Pub というアメリカンなパブがある。地ビールや地ワイン、なんと地元産のウォッカまで置いてある。食材もベインブリッジの農家から届く新鮮なものにこだわっているらしい。天気がいい週末だったのでこの日は外のパティオは満席。それでも窓際の席を確保できてハッピー~。
e0061902_1474521.jpg

写真は名物だという Fish & Chips なんだけど、実は気合を入れて写真撮った割にはあまり感動できなくて(衣が厚すぎた)、それよりも奥にぼんやりうつっているハンバーガー。これがもう絶品でしたのよ。一件の農家から牛一頭単位で仕入れているという牛肉で作ったひき肉のパティ。いや~脂身じゃないのにじゅわ~っと深みのあるうまみが感じられたのはほんと久しぶり。自分がオーダーしたわけじゃないので一口しかもらえなかったけど、今度行ったら絶対これ頼もう。おいしいハンバーガー食べたくなったらベインブリッジまで行きましょう。
e0061902_14115151.jpg


Harbor Pub
http://www.harbourpub.com/
231 Parfitt Way S.W. - Bainbridge Island, WA 98110 - Phone 206-842-0969
[PR]
by seattleokami | 2010-05-20 14:13 | American | Comments(0)
珍しく晴れた先週末は、たまたまパイク プレイス マーケットのチーズ フェスティバル。かなり混雑するのであまり乗り気はしなかったのだが、ちょっと冷やかし程度に~と思って寄ってみたらいつの間にかすごい勢いでチーズ試食してるし。。。おまけに Macrina ベーカリーのバゲットを買って、試食しておいしかったヤギのチーズ(ガーリック味)もゲットして、ベインブリッジ アイランド行きのフェリーに飛び乗る。

日が差し込む窓際の席から海を眺めながらチーズとフランスパン。シンプルでうまい。ワインがないのは残念だったけど、それでもハッピーな気分。実はこの後しっかりランチ食べたんですけどね。
e0061902_1411692.jpg

[PR]
by seattleokami | 2010-05-20 14:01 | 食べもの日記 | Comments(0)
シアトル パイク プレイス マーケットの DeLaurenti にで。ひと箱$5.99 なり。ほかにもいろんな種類のヨーロピアン バターがあって、なんだかすごく意外~。いつもイタリアンな食材しか買ってなかったので。

バゲットに付けて食べてみたら、意外とあっさり。でもクリーミーな味わいが舌に残る。これでクロワッサン作ったらうまいんだよね~。って食べたことしかないけどさ。
e0061902_12131721.jpg

[PR]
by seattleokami | 2010-05-20 12:13 | 食べもの日記 | Comments(0)
このブログでも何度か紹介しているグランド セントラル ベーカリーは私のブランチ御用達(クロワッサンがすごくおいしい)なんだけど、クッキーやショートブレッドなどのスイーツ系も甘党じゃない私でもおいしいと思える。

で、前から気になっていた本「Grand Central Baking Book」をついにアマゾンで購入してしまった。写真もきれいで読み応えがある。お店で売っている商品のレシピがずらーり。楽しいよ~ん。しかもレシピ簡単だし作ろうって気になるんだな~(まあ食べる人がいるからってのもあるけど)。

夜9時半。思い立ったらその場で作らずにいられないのはカツ丼もクッキーも一緒。スタンドミキサーに材料放り込んでぐい~んと混ぜて丸めて焼くだけ。40分後にはオートミール チョコチップ クッキー(実はチョコチップなくて製菓用板チョコを使ったんだけどね)のできあがり。焼きたてのクッキーというのはおいしいですな~やっぱり。
e0061902_5123378.jpg


お父さん、来月来たらパンもクッキーもほかほかのが待ってるよ~。
[PR]
by seattleokami | 2010-05-19 04:49 | うちごはんレシピ | Comments(2)
同名の映画が昔ありましたね~。

ハワイの Kokua Festival はグリーンなフェスティバルということで、屋台の食べ物や飲み物もオーガニックのものがほとんどだった。Whole Foods もオーガニックのイチゴをパックで売ってたりして。

そんな中で揚げ物に目がない私が見つけたのが、地元で採れたオーガニック グリーン トマトを衣で揚げた「フライド グリーン トマト」。これが予想をはるかに超え、メチャクチャおいしかった。触感はまるでジャガイモ。でもすがすがしさが残るのはやはりグリーン トマト。そしてパン粉の衣がしっかりついていて、カリッとしている。もしかしたら衣2度づけかも。いや~んまかった。ぜひうちでも作らないと。まずは熟しすぎていない完璧なグリーン トマトを見つけることから始めないとだね。
e0061902_43971.jpg

[PR]
by seattleokami | 2010-05-19 04:39 | ハワイ | Comments(4)
Face Book のリストに入っていない友人各位:

今年も夏祭りの季節がやってきました。開催するかどうかは未定ですが、やるとしたら7月下旬か8月上旬です。屋台をお手伝いしてくれる方が集まれば実現可能、という状態なので、この場を借りてお願いです。もし屋台のテキヤさんやってもいい~(材料購入、仕込み、販売すべてお願いすることになります)という方がいらっしゃったらご一報いただけますでしょうか。

屋台アイテム(各出し物につき2組交代制)
焼き鳥 - 1組決定
たこ焼き - 1組決定
お好み焼き -1組決定
焼きそば
イカ焼き
焼きトウモロコシ
じゃがバター
アメリカンドッグ
焼きおにぎり
綿あめ
カシワ飯 - 1組決定
チョコバナナ
かき氷
リンゴ飴
金魚すくい
ヨーヨー

よろしくお願いします~。
[PR]
by seattleokami | 2010-05-19 03:56 | 食べもの日記 | Comments(6)