ブログトップ

今宵のサカナ (復活)

kozumon.exblog.jp

シアトルのレストラン レビューや旅先で食べた料理、小耳に挟んだ食べ物雑学など、とりあえず食に関するネタを中心に書いてます。最近はレストラン レビューがめっきり減ってしまいましたが、おうちで作れる簡単おいしいごはんの紹介をメインにしたいなと思っています。

<   2010年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

Olympus E-620 の初期設定を何も変えずにとりあえず撮ってみた写真。PhotoShop で微調整したけど。これからマニュアル読みます。。。
e0061902_1352741.jpg


アスパラ以外の野菜は大きめに切って無水鍋もしくはルクルーゼに突っ込んで塩コショウ、オリーブ オイル、にんにく数個を加えふたして蒸し焼きにする。アスパラガスはフライパンで塩コショウで焼くだけ。
[PR]
by seattleokami | 2010-02-23 01:35 | うちごはんレシピ
このタイトルで過剰反応したかもしれない友人各位、それはないです(まだ(笑))。

清水の舞台から飛び降りました。デジタル一眼オリンパス E-620。きゃ~~。Ebay にて新品を購入。飛び降りたはいいのだがマニュアル操作を勉強するのに一生かかりそうだよ。マクロ レンズもまだ買ってないし。
さてどうなることやら。でも走り出したら止まらない私の性格。RICOH デジカメ君、短い間だったけどありがとう。君のことを十分知る前に別れを切り出したのはひどかったかもしれないけど、でもやっぱり君ではどうしても役不足。まあ一緒にイタリア行けたからとりあえずよしとしてほしいな。もしよかったら友達としてこれからもよろしくね。
e0061902_10284130.jpg

[PR]
by seattleokami | 2010-02-22 10:30 | つぶやき
過去のブログでも何度も紹介したステーキ ライス。この間 El Gaucho で食べた Rib Eye ステーキと肉まみれナイトでちょっと残った和牛ステーキをやってつけてしまいましょう~。

今回はちょっと丁寧に作ってみました。
作り方:
1. ごはんを固めに1合炊く(冷や飯でももちろんOKだけど出来立てごはんだとこれまたウマイ)。
2. フライパンにサラダ油を大さじ1とにんにく3かけ薄切りを入れ弱火でにんにくをカリカリに焼いたらにんくは取り出しておく。
3. みじん切りの玉ねぎ 1/2 個を入れて中火にし、透き通って少し茶色くなるまで炒めたらにんにくを戻しいれる。
4. ステーキの残り肉を1センチ角のサイコロに切る。塩コショウを振って混ぜる。
5. 強火にしてステーキ肉を入れ、表面が香ばしくなるまで炒める。隠し味にしょうゆを肉の部分にふりかける。
6. ごはんを投入。バター大匙1~2も投入。ほかの材料と混ぜながら炒める。味を見て塩コショウ追加。
7. 仕上げにみじん切りのパセリを混ぜたら超豪華ステーキ焼きめしの出来上がり~。
e0061902_43433.jpg

自画自賛でたびたび申し訳ないけど、ウマイのよマジで。

肉とごはんだけだとバランス悪いんで野菜もたっぷり。
付け合せ:ブロッコリと人参の簡単蒸し煮(ブロッコリも人参も縦長に切り、油を引いた無水鍋に投入。塩コショウ、オリーブオイルを加えてふたをしたら5分でできがり)
アスパラガスのグリル(フライパンにオリーブオイルを熱し、アスパラ投入。塩こしょうしたらしばらくひっくり返さないで焼く。で裏返してさらに焼く。きれいに焦げ目がついたらできあがり)。
[PR]
by seattleokami | 2010-02-20 03:59 | うちごはんレシピ
そもそも "sustainable food" って何よ、という疑問はまずおいといて。Fremont に一年ほど前にできたサンドイッチ屋さん Homegrown はオーガニック&sustainable な食材を使ったサンドイッチを売る巷ではちょっと話題な店である。

というころでM さんを道づれに週末の昼下がりちょっと寄ってみた。ご覧のように壁いっぱいにメニューが書いてあって、ちょっと離れてみないと全部把握できない。
e0061902_11203621.jpg


(私は4マイル走った後という口実付きでビールと一緒に) Crabcake + Bacon + Avocado サンドイッチ($11.95)とBLT サンドイッチ($8.95)(どちらもベーコン入りだったね思い返してみると)をふたりで半分ずつ分ける。
e0061902_3285639.jpg
e0061902_3291413.jpg


どちらもおいしい。サイズも小さいので無理なく完食。コストパフォーマンスということになるとこれは Sustainable というクオリティをどう捉えるかによって評価は分かれるところだと思うが。私個人としては、まずSustainability の標準に見合うための生産コスト等をリサーチしてみないと何とも言えないなと。PCC の鮮魚部門でもほとんんどSustainable (これ適当な日本語訳まだできてないよね)seafood しか置いていないけど、買うときはやっぱりお財布的に気合を入れて買うしな。海沿いに住んでいない世界中の人間が新鮮な魚を食べられる、という環境がすでに Sustainability に反しているのはと思いつつ、かといってベジタリアンにはなれない強欲な自分。このエリアはまだ勉強の余地ありですな。

中途半端な〆でお粗末さまでした。

Homegrown
http://www.eathomegrown.com/index.php?option=com_content&view=category&layout=blog&id=7&Itemid=8
3416 Fremont Ave N
Seattle, WA 98103

ブログ:http://www.eathomegrown.com/blog/
[PR]
by seattleokami | 2010-02-19 11:24 | American
いや~ほかに欲しいものあるんですよ、新しいフードプロセッサとか圧力鍋とかガスコンロとか。でもまあこうしてご縁があって我が家にやってきたミート スライサーですから、ありがたく使わせていただくということで。さっそくYummieD ちゃんに、ご主人J 男さんにおみやげとしてプロシュートをスライスして持ってってもらうことにした。というのは私のお気に入り食材店 PFI ではかたまりでしか売っていないのであった。刃を扱うの超~緊張する。ER に駆け込む自分の姿を想像しながら慎重に、慎重にー。
e0061902_1442743.jpg
最初はなれなくてプロシュートにしては分厚いスライスになってしまったけど、ちょっと手の力を抜いてさくぅ~って感じでやさしく引いてあげると薄く切れた。まるでお肉屋さんになった気分だわ~。YummieD ちゃん写真撮影お疲れさま。
e0061902_14432736.jpg


今度かたまりの霜降り肉(ってのはアメリカにはないけど)を買ってきたら、こぉ~んなすき焼きとかもできちゃうなー。ふふ楽しみ。
e0061902_14444436.jpg
e0061902_14451433.jpg

[PR]
by seattleokami | 2010-02-16 14:39 | 食べもの日記
オープンして2年もたつというのに今までまったく気が付いていなかった Belltown のイタリアン レストラン Branzino。かつて居酒屋えんがあったロケーションだ。当時のオーナー(日本人)は現在も共同オーナーの一人になっているらしい。

正直言うと、ほかにあてにしていたレストランがいっぱいでプランBとして選んだ店だったのだけれど、これが予想外にツボにはまりまくった。店の雰囲気はなかなかいいけど特にすごいおしゃれというわけでもないし(居酒屋えんの内装をちょっと模様替えしたという感じ)、メニューも割とシンプルで目を引くような珍しい料理もない。それだけに料理を口にした時のうれしさと言ったら。いや~びっくりでした。

まず頼んだイタリアンワインが大当たり。Nabbiolo というぶどうは私の好きなバローロにも使われるのね。気に入ったのも納得~。これ Pete's で探して買ってこよう(レストランでは$55)。
e0061902_4385580.jpg


前菜はいつもならアンティパストでいくところだけど、クリーム ソースの自家製ピザというのに惹かれてついピザを注文。御覧のように小ぶりで薄いピザ生地。なぜか日本のピザをほうふつとさせるサイズと形。トッピングはほうれんそうとプロシュート。
e0061902_444629.jpg
そして極めつけは中央に乗っかったとろり半熟卵。きっとこのアイデアは日本人オーナーによるものに違いない。文句なしにおいしいっす。
e0061902_4451572.jpg
パスタはトスカーナづいてる二人なもんでやっぱりパッパデッレ。ここのパスタはすべて自家製でこのパッパデッレもアルデンテでグッド。牛肉のボロネーズソースはトマトを最小限に抑えているため肉の味がとても生きていて、ほんのり香るシナモンが食欲をそそる。
e0061902_501748.jpg
メインはポークチョップ。付け合せはポテトグラタンとカラードグリーン。それぞれの塩加減が絶妙だよ~ん。これって私的にはかな~りポイント高い。塩味だけじゃなくて焼き加減とか舌触りとかソースとかすべてが「ジャストミート」って感じ?これはできそうでなかなかできない技です。写真にはないけど付け合せに追加で頼んだクリーミー ポレンタがまたこれうまいし。
e0061902_52372.jpg
ここまですべてがおいしい~と思えた店は本当に久しぶりだ。見回すとベルタウンの真ん中にありながら大人の客が多いことに気が付く。ちょっとここはめっけもんだわ。また行きたい。また食べたい~~。ネットのレビューを見ると5つ星(Google) と 4つ星(Yelp)。星を信じてよかったー。

Branzino
http://www.branzinoseattle.com/
2429 2nd Avenue
Seattle, WA 98121-1424
(206) 728-5181 (206) 728-5181
[PR]
by seattleokami | 2010-02-16 04:35 | Italian
これ、暴飲暴食な週末じゃないところが成長の証だよね > YummieD ちゃん。

かれこれ20年近い付き合いになる YummieD ちゃんが超多忙スケジュールを縫って金曜から週末にかけてテキサスから遊びに来てくれた。

メイン コースはもちろんガールズ トークだけど、んまいもの巡りも重要度最高。短い滞在中に何回食事ができるかを数えて私なりのラインナップを割り振る。やはりテキサス在住の YummieD ちゃんに肉料理をふるまうのは愚の骨頂、ということでシーフード&居酒屋中心の献立を考えました。初日の夜は行きつけの石庵へ。いつも思うけど、あのサイズでマグロのカマ$7台ってのはすごいよ(ってこんなこと言ってると値段あげられちゃうかな)。飲んで食べて〆は久々の Molly Moon。ベーコンアイスクリーム、試食したけどベーコン過ぎてパス。いつものチョコレートに落ち着く。その後ワインで1時までおうち2次会。私たちまだまだいけるじゃん。
e0061902_14103763.jpg

次の日はさすがにちょっと胃がもたれ Alki ビーチを散歩した後軽く食べるつもりで福臨へ。さくっとランチ、のつもりがにんにくたっぷりの餃子&担担麺という胸焼け確定コースを選んでしまう私たちって。。。胃腸薬のお世話になりながら(これは YummieD ちゃんね)ディナーはChiso の海鮮三昧。Kappo のほうは移転のため4月までお休みだけど 1階は通常営業。ネタもすべて新鮮で大満足~。生ガキはワシントン州に来たらぜひ食べてもらわねば、ね。この日の牡蠣は kushi。
e0061902_1422307.jpg
そして今が旬のアラスカ産生うに。YummieD ちゃんあまりのおいしさに目を閉じてしまってます。写真も本人の了解を得たら公開したいくらい。
e0061902_1426126.jpg
そして最終日、空港へ向かう前に Ivar's Salmon House で食べ放題のサンデーブランチ(ミモザももちろん)。かにやらえびやらクラムチャウダーやら(私はさらにFish&Chips) ではちきれそうになったおなかを抱えてYummieD ちゃんはテキサスへと飛び立っていったのでありました。

その後夕飯にピザを食べてしまった私っていったい。。。まいっか。

次の企画はテキサス肉三昧、ですかね。
[PR]
by seattleokami | 2010-02-10 13:59 | 食べもの日記
めったに見ない Super Bowl (シーホークスの出場年以来だ)だけど、今回は優勝の瞬間までしっかり見てしまった。やっとフットボールのルールが少しわかったような気がする。。。

観戦のお供はやはりピザよね。でも分厚いアメリカン スタイルは勘弁してほしいので、車を飛ばしてBallard の Veraci の極薄ピザをピックアップ。店内は驚くほどに空いていた。やっぱりイタリアン スタイルなピザはスーパーボウルにはそぐわない??

このカリカリな生地。ピザというよりはフラットブレッド。でもこれが好きなの~。トマトソースも酸味控えめでグッド。これにソースなしのベジタリアン ピザ(Verde)も注文。私的には、Tutta Bella も Tribunali も抑えてここがベストかな。しかも、店の窯から家まで13分で到着!バラードがこんなに近かったなんてうれし~~。これからテイクアウトに利用させてもらおっと。
e0061902_045887.jpg


Veraci
http://www.veracipizza.com/
500 Northwest Market Street
Seattle, WA 98107
(206) 525-1813
[PR]
by seattleokami | 2010-02-09 00:45 | 食べもの日記
今年もやってまいりました。WAGYU リブアイ肉まみれの日がっ。これはひとえに薫さんのご厚意のたまものであります。いつも声をかけてくださり本当に感謝しています > 薫さん。今回は初対面のF子さんも初参加。

okami、誠心誠意を込めて焼かせていただきました。こうなってくるとほぼ儀式に近いものがありますな。
e0061902_345083.jpg
e0061902_345171.jpg
e0061902_3453271.jpg

okami 式ステーキの焼き方:
1. リブアイ肉の両面によく塩コショウする。手で少しパッティングして塩をしみこませるのがポイント。塩はちょっと不安になるくらい多めにふるのがいいと思う。
2. Cast iron またはよく使い込んだ鉄製のフライパンをよく熱して(根気よくね)サラダ油を引く。
3. さあ、肉投入!火加減は Medium High (中強火)。ここで数分じっと我慢。肉が今回のように厚ければ(8 センチはあったかな)この時点でふたをしてもOK。焼いてる側の肉の色をチェックしてちょっと焼きすぎ?くらいに焼けていたらひっくり返す。
4. 火加減を中火に落としてふたをする。辛抱強く待つこと、そうねー肉の厚さによるけど5~6分?トングとか箸で肉の真ん中を軽く押してみて少し弾力が出てきたらミディアム レア。ああ、でもこれは結局肉との会話なんで、肉のほうから「ミディアムだよ~ん」とかって教えてくれるハズ。
5. 下になってる肉の表面がカリッと茶色に焼けたらもう一度ひっくり返す。
6. 好きな焼き加減に焼けたら火を止めて、5分そのまま放置。肉汁が肉全体にまんべんなるいきわたるように。
7. お皿に盛りつけてぼなぺてぃ! 私はまず何もつけずにひと口。そしてバターをちょこっとのっけてまたひとくち。

いつも思うけれど、このお肉の良さはやはり脂身。脂身なのにぎとっとしてなくてつるんとした舌ざわり。それでいて舌の上でとろけます。もちろん甘いです。さわやかな脂身って何よ~って感じで、女3人、しばし無言でめくるめく至福のひとときを過ごしました。いや~うまかった。泣きたいほどに。

ちなみに去年の肉まみれの様子はこちら
[PR]
by seattleokami | 2010-02-04 03:37 | うちごはんレシピ
久々のパスタごはん。ソースは、冷凍ミートソース(自家製)、水で戻したポルチニ茸のみじん切り、にんにくみじん切り、オリーブオイル、赤ワイン、塩コショウ、パルメザン チーズ。

作り方:
フライパンにオリーブオイルをたっぷりめに引きにんにくのみじん切りを弱火で気長に炒める。好みで赤唐辛子を入れても。にんにくが色づいてきたらミートソースとポルチニ茸を加え、赤ワインも加えことこと煮る。塩こしょうで味を整え、ゆであがったリガトーニをフライパンに入れさっと混ぜ、パルメザンチーズをおろして加えてさらに混ぜる。

大量に作りすぎてどうしようと思ったけど、さばくの手伝ってくれた皆さん、ありがとうございます~。
e0061902_7523186.jpg
e0061902_7525778.jpg

[PR]
by seattleokami | 2010-02-03 07:55 | うちごはんレシピ