ブログトップ

今宵のサカナ (復活)

kozumon.exblog.jp

シアトルのレストラン レビューや旅先で食べた料理、小耳に挟んだ食べ物雑学など、とりあえず食に関するネタを中心に書いてます。最近はレストラン レビューがめっきり減ってしまいましたが、おうちで作れる簡単おいしいごはんの紹介をメインにしたいなと思っています。

<   2009年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

(09/02/2009)
久々のボストン出張。コネチカットから迎えに来てくれた D ちゃんと夜ごはん。ちょっと奮発してボストン在住の知人イチオシのシーフード レストラン B & G Oysters へ。シアトルでいうところのキャピタル ヒル界隈のちょっと隠れ家的な店構え。吹き抜けのパティオとL字型のカウンター席が中心になっている。店名からも明らかだけど、オイスターが売りらしい。メニューを見るとピュージェット サウンド産とニューイングランド産の牡蠣が半々だ。せっかくだしと思いイーストコースト産のものだけをサンプルで頼んでみた。

全体的にあっさりめな牡蠣が多い。これはこれでさっぱり食べられておいしいけれど牡蠣独特のパンチは弱いかな。
e0061902_12491676.jpg

ボストンにいることだしロブスターはお約束なんで、でもいつものロブスター ロールではなく、サラダにしてみた。$23なり。う~ん、確かにろぶちゃんだけど、なんかちょっとつまんない。
e0061902_12523953.jpg
メインはシーフード フライの盛り合わせ。 上新粉で揚げてるのか胃にもたれずいい感じ。でも。。。$45 の価値があるかと問われるとちょっと納得いかないのだった。
e0061902_125554100.jpg


食べ終わってお勘定してみて、おいしかったけどなんだかとってもシアトルが恋しくなってしまった夜だった。ボストンって高い。。。

B & G Oysters
http://www.bandgoysters.com/
[PR]
by seattleokami | 2009-09-28 12:39 | マサチューセッツ | Comments(2)
山小屋生活中、近くで大規模な Labor Day パーティが催された。
e0061902_1302418.jpg
目玉は何と言っても主催者の主によって供された羊の丸焼き。8時間以上かけてじっくりと焼けていく様子をじ~っと眺めていると全然飽きない。時々滴り落ちる羊の脂がじゅうっというのを聞きながらしばし見とれる。これベジタリアンの人にはきついだろうね~。よかった肉食で。
e0061902_133577.jpg
セクシーなお尻~。
e0061902_1345633.jpg
完成品はこちら。私がずっとそばを離れないからか、羊を焼いていたシェフがお尻の部分の超カリっとした皮をちぎって私にくれた。恐る恐る口に運ぶ。おお、うまい~~っ。ほんのちょっとしかつまんでないのに羊のうまみがじゅわんと口いっぱいに広がった。もう肉食べなくても満足~って思ったくらい。うろついてみるもんだわな~。
e0061902_1392115.jpg
2頭分の羊肉はその夜150人余りの招待客の胃袋の中に消えていった。
e0061902_1384344.jpg

貴重な体験だった。D ちゃんありがとう。
[PR]
by seattleokami | 2009-09-27 13:09 | 食べもの日記 | Comments(0)
(ああ、やっと心身ともに落ち着いてたまったネタを消化できるのがうれし~)

Labor Day 前から10日間、コネチカットの山奥にあるキャビンで過ごした。電気もシャワーもないランプの生活。夕方になると家じゅうのランプにひとつひとつ火をともし、トイレは懐中電灯を片手に野外の小屋へ。日中は近くの湖に飛び込んで体と頭を洗う。いわゆる超アップグレードしたキャンプ生活のようなものか。こういう無理難題(?)の多い環境で料理をするのってなんて楽しいんでしょう。コンロはプロパンガスで実はシアトルの自宅より便利だったりしたしね。

初日からから揚げ作ってしまいました。唐揚げって実はシンプルなので調味料(しょうゆ、酒、みりん)さえ入手できればどこでもできてしまうかも。
e0061902_12115011.jpg
下はお風呂代わりの湖。
e0061902_12151622.jpg
ある日の夕方は簡単オードブルとビールでパティオに座ってまったり。ホタテのソテーもカリッと焼けておいしかった。グリルでソーセージも焼いてみたり。
e0061902_12412363.jpg
e0061902_1226828.jpg
e0061902_12263648.jpg
ある日は近所のコテージにお邪魔してポットラック。ごはんは年代物の真鍮のダッチ オーブンで炊けた。楽し~。ロブスターロール、スパイシーーツナ ロール、唐揚げ(実は滞在中これで3回目)、枝豆、きゅうりの辛子漬け、しらたきのピリ辛炒め、じゃがいもの味噌汁を作る。ニューイングランドの山の中とは思えないラインアップ。何十年も前に訪れた日本を思い出すと言ってホストのご主人は大変喜んでくれた。食材求めて探し回った甲斐があったよ。
e0061902_12305757.jpg
e0061902_12322395.jpg
キッチンにあった古い料理本で見つけた、ニューイングランド クラムチャウダーのレシピ。さっそく作ってみた。白いクリーミーなチャウダーかと思ったらなんとウスターソース ベースの茶色いチャウダーになった。これはこれでおいしかったけど。
e0061902_12382761.jpg
近くのオーガニック農場で買った産み立て卵をさっそく焼いて朝ごはん。黄身が濃厚でおいしい~。ちょっとおしょうゆたらすとまたよし。
e0061902_1243343.jpg
そして最終日の朝は、食材の残りをすべて使ったクリーンアップサラダ。すべて無駄なく使い切って大満足。
e0061902_12452017.jpg
こうやって振り返ってみると、どこに行ってもなぜか料理三昧になってしまう自分を再発見するのであった(笑)。
[PR]
by seattleokami | 2009-09-27 12:11 | 食べもの日記 | Comments(2)
食べ物ネタとはまったく関係ないのですが、たくさんの方に応援していただいて万が一ご報告しそびれてしまうのが申し訳ないのでこの場を借りてお礼申し上げます。

月曜日右胸を切る手術をしたのですが、ありがたいことに良性と分かりました。この日が来るまでいろんな人からの励ましやサポートをいただき、心から感謝すると同時に自分がいかに恵まれているかを実感しました。いつも心のよりどころになってくれている友人各位、本当に本当にありがとう。私は果報者です。

そんなわけで最近ブログも滞っていましたが、これからまたパワー全開でたまりにたまったネタをアップしていきますのでよろしくお願いします!今年中には英語版も起動させたい(いや実は既にあるんだけど3年以上アップしてない。。。)なと。

ゆうまがのぐるなびレビューも定期になりました。そちらのほうもご愛読くださいませ。

Okami, Kozmo & Kooper
e0061902_1404285.jpg
e0061902_1412259.jpg

[PR]
by seattleokami | 2009-09-26 01:24 | その他 | Comments(7)
帰ってきてからいただきものづいているラッキーな私。何と今度は釣りたての白マグロと、Coho サーモンの冷燻。光岡ご夫妻が声をかけてくださって図々しくも家まで押しかけていただいてきてしまった。

刺身で食べるのは今晩限りと言われ、急きょガールズ宴会となる(なぜ? (笑))。やはりたたきでしょうな~。切り身にする時点で既にものすごく脂が乗っているのがわかる。さらし玉ねぎとこれもいただきものの青ジソをのっけてゆず果汁たっぷりのポン酢を惜しげもなくまわしかけてできあがり。
e0061902_543842.jpg
Y子さん、Mさん、私と一切れ口に運んだとたん、「んま~。」としばし放心。今まで白マグロをなめてかかっていた自分が恥ずかしい。こんなにおいしいもんだったのか~っ。いや~目からうろこ落ちまくり。

さらに去年仕込んだというサーモンの冷製燻製。本格的な味でこれもおいしいっす!
e0061902_5483165.jpg


これらメイン2品のほかに、3種ソーセージ炒め、トマトとルッコラのサラダ、ガーリック トースト、鮭ごはんの残り、鮭の西京焼きもどき、マンチェゴ チーズ、さきいか、アーモンド、高菜漬け、チョコレート、ワイン3本(白、ロゼ、赤)など、女三人で消費。話のネタも尽きることなく、文句なしのガールズ宴会だった。

幸せな夜の主役をおすそ分けしてくださった光岡夫妻、ごちそうさまでした!今度はお礼にスパムむすびお届けします。
e0061902_5534067.jpg

[PR]
by seattleokami | 2009-09-18 05:40 | うちごはんレシピ | Comments(0)
休暇から戻るなり山積みになった仕事にキィキィ言ってるところに、げどます氏から毎年恒例(と勝手に決めてますが)の贈り物が~~。初物のスモークサーモン(ピンクサーモン)とM 家特製いくらでございます。

まずはいくらおろしから。夏大根はちょっと辛めだけどでもいくらたっぷりで幸せ~。
e0061902_7283098.jpg

そして今年はいつものいくら丼をアップグレードして鮭いくら親子丼だっ。実はこの夜おなかの調子が悪くまったく食欲がなかったんだけど、いくらおろしと親子丼を食べたらあまりのおいしさに涙が出そうに。
e0061902_729412.jpg

鮭ごはんの作り方:
生鮭の切り身に強めに塩を振って一晩置く。米を普通に研いで米と同量の水と日本酒少々、塩少々を入れて鮭を載せ普通に鍋で炊く。蒸らしが終わったら鮭をほぐして青ジソと白ごまを加えてご飯を混ぜる。

日本人でよかった~と幸せをかみしめているそばで、アメリカ人のDちゃんがいくらおろしも丼も「おいしいねー。」とあっという間に完食。かつてホタルイカの沖漬けを平らげただけのことはある。

毎年のことながら幸せを届けてくださって本当にありがとうございます > げとます夫妻
[PR]
by seattleokami | 2009-09-16 07:36 | うちごはんレシピ | Comments(2)
電気とお風呂のない生活から戻ってまいりました。一部の方々にご心配をおかけしてしまったようなので取り急ぎ。鬼のようにたまっている仕事を片付けねばなりませんが、一段落したらサバイバル日記アップします。お楽しみに。ではでは。
e0061902_2112471.jpg

[PR]
by seattleokami | 2009-09-15 01:45 | その他 | Comments(0)