ブログトップ

今宵のサカナ (復活)

kozumon.exblog.jp

シアトルのレストラン レビューや旅先で食べた料理、小耳に挟んだ食べ物雑学など、とりあえず食に関するネタを中心に書いてます。最近はレストラン レビューがめっきり減ってしまいましたが、おうちで作れる簡単おいしいごはんの紹介をメインにしたいなと思っています。

<   2009年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

今、半分片づけが残ったキッチンにあるワインの空き瓶を数えながら(8本)、リハーサル クラス無理してもやってよかったと思う。
これをやると本番クラスの時間ふり、構成、しゃべりの持っていき方とかが見えてくるのでかなり役に立つ。そしてどの料理が一番人気なのかも分かるのが面白い。

クラスで作った料理をつまみにベランダでみんなでまったり。途中で石油ストーブも出してきて最後にはなぜか焼き芋をデザートにして(ああ、宇和島屋でセールだったんだ)結構長く外にいたな~。これももうすぐできなくなるのね、さびし。

鮭の西京焼きはやっぱり一番人気だったけど、きんぴら、きゅうりの辛子漬け、鮭ごはんなどどれも好評だったので自信がついた。
e0061902_1235987.jpg


でも精神的に落ち着いてなかったのか、足の裏をガラスで切り、爪をグローバルナイフで切り落とすというハプニングあり。あさってからイーストコーストなんだけど、大丈夫かな。
[PR]
by seattleokami | 2009-08-31 01:24 | 食べもの日記
といっても今週2回続けて行ってしまったというだけなんだけど。

久しぶりに見る元同僚の店長T は、相変わらずにこにこと人のよさそうな笑顔をたたえて寿司を握っていた。充実した人生を送ってるんだな~というのが伝わってくる。奥さんも相変わらずきれいで、つい美肌の秘訣なんかも教えてもらった(笑)

T は私のレビューがずいぶんと気になるらしく、何度も私たちの座席の前に来ては「どう?新商品はどう?」と尋ねてくる。まずはセカンドチャンスをあげないとと思い「今日はあなたのサバを食べに来たんだよ。」といったらめちゃくちゃはりきって、普通より長い時間をかけてサバを握ってくれた。「おお、おいしい」というとに~っこり。

2回目の金曜日は、自慢のマグロ赤身をサービスしてくれた。私が「ごめん、赤身はあまり食べないんだ。トロなら食べるけど。」と言ったらなんトロ握りまでサービス!「おいしいーっ。」というとまたに~っこり。私悪党ですか。でもほんとにおいしかった。この辺の回転寿司であのトロの質はがんばってるなーという印象(筋はちょっとあるけどしかたない)。
e0061902_2245140.jpg


ロール系も以前よりソースコテコテ系が減り、あまりロールを食べない私もついつい手が伸びる。下はロブスター&サーモン ロール。スパイシーツナより好きかも。寿司飯も前より胸焼けを起こさなくなったぞ(笑)。少ないバッチでしょっちゅう炊くようにしてるんだ、と T は言っていた。
e0061902_2315434.jpg

まあ、こういうちくわ寿司があるあたりはご愛嬌。でも日本のちくわパンのトレンドに乗ってるってこと??
e0061902_2295252.jpg


やっぱり100歩譲ってもマリンポリスより全然いい、と私は思う(マリンポリスの寿司飯は許せない)。がんばれT!
私も早く君のような人生を送れるようになりたいよ。
[PR]
by seattleokami | 2009-08-30 02:22 | Japanese
PCC のお弁当クラスが来月から始まる。ゆうべやっとそのクラス用レシピを書き上げて提出!大変なのは分量の計算だ。グラムからオンスに変えないといけないし、特に私みたいにいつも目分量でいい加減に作ってる人間にはつらい~。お弁当クラスとしては2回目なんだけど、同じメニューは教えられないのでちょっとだけ目先を変えて。今回は、鮭の西京焼き、ねぎ入り卵焼き、きんぴらごぼう、塩サケと枝豆の炊き込みご飯、ひじきご飯、きゅうりの辛子漬け、大根の梅酢漬け。
分量を確認しながら作った試作品をM さんや同僚の方たちに引き取ってもらった。ありがとうございます~。鮭の西京焼きはひと晩がちょうどいい塩加減かな。

作り方。生鮭の切り身に塩を振って30分くらい置く。切り身を洗って、水気を拭き取りペーパータオルで包む。ZipLoc に包んだ切り身を入れて味噌床(白みそ300g, みりん 1/4 - 1/3 カップ、酒大匙3杯を混ぜ合わせたもの)をペーパータオルの両側上に塗り込むようにして入れ、袋を密封する(空気を抜いたほうがつかりが速い)。冷蔵庫で24時間。袋から切り身を出したら味噌が魚に付かないようにして取り出し、オーブンの Broil で両面焼く。上にアルミホイルをかぶせて焼くと焦げにくい。
e0061902_682033.jpg

[PR]
by seattleokami | 2009-08-29 05:44 | うちごはんレシピ
去年セントラルマーケットで見つけて以来気に入って、気が向くと1本買って飲んでいた。ある日またそのワインを買いに行ったら「もう今年のケースは終わり。」と言われて初めて同じ年のワインは量に限りがあるということを浅はかながら知らされた(バカですね~)。そうか~品切れになるもんなんだよなー。

で、Pete's というとてもよいワインストアがベルビューとイーストレイクにあるんだけど、そのメーリングリストに入っていて、ある日「Ghost of 413 is in!!」という速報がっ。

さっそくオンラインで購入。2007年のだから味は落ちるかもだけど(それで値段も安いのかも)いいの。半ダースお取り寄せ。結局はブレンドなんだけど、おいしいのです。確かに去年のほうがおいしかったが。でもいい。おいしい。
e0061902_14413831.jpg

さて、ここで問題です。写真の、日本のピーマンと一緒に炒めてある白いものは何でしょうヒント:イカではありません。でも触感はイカです。
[PR]
by seattleokami | 2009-08-28 14:18 | 食べもの日記
今年の誕生日に行った How To Cook a Wolf が気に入ったので同じオーナーのこの小皿料理屋も楽しいかも、と思って期待して出かけた Capitol Hill にある Anchovies & Olives。

かけつけ一杯のビールとオリーブはとてもおいしかった。
e0061902_1124630.jpg
次に頼んだ半熟ゆで卵の料理も好物なのでうれしかった。
e0061902_115972.jpg
この店の名物だというカリフラワー サラダも、ピスタチオやオレンジが入っててそれなりにおいしい。
e0061902_1163734.jpg
プロシュートとアンチョビもはずれてない。
e0061902_1183745.jpg


じゃあ何が問題かって、値段が法外なこと。確かにワイン3杯いただきましたよ。パンも追加しましたよ。でもね、メイン料理も頼んでないのに2人で$144って何様~!?ふざけるな~。

こういう店に高い評価を与えるシアトルの客層が悪いのか、それを真に受けてのこのこ出かけていく私がおバカなのか、いずれにしてもごちそうしてくださった方には顔向けできません。誰か責任取って。

半熟卵もカリフラワーサラダもプロシュート盛り合わせもうちで作ってやる~。リベンジ パーティ来ませんか :-)

Anchovies & Olives
1550 15th Ave
Seattle, WA 98122-4008
(206) 838-8080
http://anchoviesandolives.com/
[PR]
by seattleokami | 2009-08-28 11:03 | Italian
今年はほぼやらない方向で心は決まっていたのだけれど、私も生来の宴会好き、そして「何日でしたっけ、祭り。」というまるで恒例行事として定着しているかのような無邪気なコメントの数々につい負け、といっても去年のサイズは時間的にとても無理なので、「ミニ」バージョンということで決行することに(いかにも中途半端な決断ですみません。)。

こじんまりと少人数で、ヨーヨーや金魚すくいのゲームも割愛すれば何とかなるのでは、と安易に考えたものの、後で深く反省する羽目に。。。

とりあえず、屋台フードは去年とほぼ同じラインナップで(かき氷だけ省略)できたのはひとえに食べ物およびセットアップ ボランティアの皆様のおかげです。ほんとにありがとうございます!

まずは一番人気のたこ焼き。まっさきに品切れ状態。来年は業務用購入しますかね > げど夫妻
e0061902_1563284.jpg
e0061902_1524026.jpg

わたあめ。担当はわたあめマスター I さん。ちなみにこのわたあめ器、わたくしの私物でございます、ふふ。
e0061902_158383.jpg
そして今年飛び入り参加のT 家のリンゴ飴&イチゴ飴。来年から定番メニューに加えたいです。
e0061902_1595049.jpg
e0061902_1520312.jpg

私の大好物アメリカンドッグ。アメリカ人が「こんなおいしいコーンドッグは初めて食べた」と感動していた。衣から手作りですからねー> k 夫妻、授乳しながらの販売ありがとうございました。
e0061902_4285680.jpg

そして今年もレンタルした鉄板でN き夫妻のお好み焼き。
e0061902_4304854.jpg

e0061902_431356.jpg

お好み焼きからバトンタッチしてPさんの焼きそば。豆絞りのハチマキしてほしかったよ。
e0061902_4434240.jpg
e0061902_4455969.jpg
さて、焼き物部門は、P さん仕込、A 先生&T さん焼き担当の焼き鳥各種。もも、ねぎま、つくね、アスパラベーコン、ハツなど。
e0061902_4485227.jpg
e0061902_4493829.jpg
さらに H 子さんパパの焼きおにぎり、ゆーこさんの焼きトウモロコシ、Etsuko さん夫妻のじゃがバター、Felix さん仕込の焼きイカが並ぶ。
e0061902_4525251.jpg
e0061902_4533668.jpg
e0061902_456584.jpg
e0061902_4575068.jpg
食べ物が足りなくなった時のためのバックアップでokami が作ったから揚げとスパムむすび。
e0061902_543062.jpg

L くんがプレゼントしてくれたキャラ弁。昨今のキャラ弁はこんなに進化してるのねーすごい。
e0061902_554632.jpg
今年来ていただけなかった皆様、大変申し訳ございません。来年はまた通常のサイズに戻しますので(とここで公言してしまっていいのか?)お許しください~。

そしてシアトルの夏はいよいよ終りに近づいていくのだね~。さびしいっ。
[PR]
by seattleokami | 2009-08-25 14:54 | 食べもの日記
それは、父親に食べ物ブログを書かせること。彼はもう20年近くも毎日欠かさず日記をつけているので書くこと自体は面倒じゃないはず。

父のスイーツに対する尋常じゃない情熱と彼独特のシュールな表現力、身内だけで涙を流して笑い転げているだけでは実にもったいない。お父さん、喜寿を機会にブログ始めようよ。

ホールのバースデーケーキ(もちろん生クリームたっぷり)4日で完食してそれでも足りなくて甘味噌のざらめせんべいとか「にちゃにちゃした」盆菓子に手を出したとか、そういう報告をメールでもらうたび、ブルーな気分も一気に吹き飛ぶよ。

写真はまったく無関係な Ocho のハモンセラノ。最近は以前の激混みもなくすぐに座れることが多い。
e0061902_8422546.jpg

[PR]
by seattleokami | 2009-08-21 08:34 | つぶやき
残りものを利用したそばサラダ。湯がいだそばと千切りきゅうり、エノキ、アボカド、白ごまを和え、カリッと焼いた油揚げと白髪ねぎ&青ジソをトッピングに。ドレッシングはポン酢、そばつゆ、練りごま、ごま油、マヨネーズ。この適当に作ったドレッシングがめちゃくちゃうまい。書きとめておかないと2度と同じものが作れなかったりするので、自分用メモ。

から揚げはいつもの okami バージョン。出来立てはやっぱりうまいざんす。余ったら会社に持っていこうと思ったけど売り切れー。
e0061902_23154777.jpg
ハイキングは行けなかったけどうちごはん三昧な週末で満足。さて、今週は予報通り暑くなるのかなー。
[PR]
by seattleokami | 2009-08-17 23:11 | うちごはんレシピ
企画ものを実行する前にはやっぱりリハーサルが必要なんで(笑)。とりあえず巻いてみたものは、ほたて、えのき、えりんぎ、ネギ。ベーコンはさっとゆがいてから巻いて焼くとグリルへの引火を最小限に抑えることができる、ということが分かった。うまいうまい、ベーコン万歳~。
e0061902_15402046.jpg


ベーコン巻のほかに、無性に食べたくなって作ったオクラ納豆(アップすぎで何の料理か分かんないかも)。はあ~うまい。D ちゃんが食べておいしいと言ったのにはびっくり。納豆を食べたアメリカ人を見たのは初めてだー。
e0061902_15462926.jpg
そしてファーマーズマーケットで購入した日本のピーマン。これが食べたかったんだよね~ずっと。素揚げしたなすとたまねぎとニンニクと一緒に強火で手早く炒めオイスターソースをちょっと加えただけ。うまいーっつ。日本のピーマン万歳~。
e0061902_15503110.jpg


またしても野菜(アンドベーコン)づくしの夜。幸せー。寒くてベランダに出られなくなるまで焼きますともー。
[PR]
by seattleokami | 2009-08-17 15:40 | 食べもの日記
モレ ソースとは、メキシコ料理に使われる黒いソース。黒い色ははいチョコレートの色だ。でも甘いお菓子としてのチョコレートではなくいわばカカオ。他に何種類ものスパイスをブレンドして作る、かなり複雑な味のソースだ。

メキシコ料理が苦手な私もモレ料理がある店なら行ってもいいというくらいで、機会があれば試してきたんだけど、これってきっと韓国のキムチみたいなもんでそれぞれの家庭のレシピというのがあるらしく、食べるごとに味が違うんだよね。

先日行ったバラードの Senor Moose Cafe はアメリカナイズされていないメキシコ料理だからと誘われていったのだが、メニューを見る限りどうやらモレ料理が売りらしい。いろんな地方のモレソースレシピがあってあれもこれも頼みたくなってしまったけど、ウエイターに相談してオーソドックスなモレ ポークにした。

おお、ウエイターが「ハードコア」と言い切っただけあってかなり個性の強い味。今まで食べたどのモレソースよりも「苦い」。たくさんは食べられないなー。でも慣れれば後を引く味かも。
e0061902_15224043.jpg


本題とずれちゃうけど、チップスを頼むと出てくる6種類くらいのサルサがおいしい :-)
また行ってもいいかなという店だけど、今度は違うモレにします(笑)。

Senor Moose Cafe
http://senormoose.com/5242 Leary Ave NW
Seattle, WA 98107-4821
(206) 784-5568
[PR]
by seattleokami | 2009-08-16 01:34 | Latin American