ブログトップ

今宵のサカナ (復活)

kozumon.exblog.jp

シアトルのレストラン レビューや旅先で食べた料理、小耳に挟んだ食べ物雑学など、とりあえず食に関するネタを中心に書いてます。最近はレストラン レビューがめっきり減ってしまいましたが、おうちで作れる簡単おいしいごはんの紹介をメインにしたいなと思っています。

<   2009年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

あれからもう3年も経過したんだなーとしみじみ。きっかけを与えてくださった K 社の S 氏に心から感謝です。


なぜ今になってまた「斉藤」に顔を出す気になったのかと尋ねられると、時期が来たとしか答えられない。ここというタイミングに適切な人に出会うこと。これっていろんなことにおいて核心だと思うんだが。少なくとも私はそういう点でとても恵まれてきたように思う。

まあそんなこんなで「リベンジ」行って来ました。
自分なりに筋を通すことは大切だったから、今までのことはあれでよかったんだとして。でも3年前のあの夜は私もかなり傷ついて(店の対応だけではなく、それを取り巻くいろんなこと)トラウマになってしまっていたっていうのがあって、それはそれとして根っからの職人である斉藤のご主人には申し訳ないと正直に思う。昨夜久しぶりにお会いしてみて、いっとき感じていた "おごり" (失礼!) もすぅっと抜けていて、本当にこの人は寿司のことをまじめに考えているんだなーと納得させられた。往往にして職人肌=商才は折り合いがよくないもんで(笑 )、それをほほえましく見ていられるようになった自分もちょっと大人になったか?

付き出しで自家製の塩辛が出されて、あ~これは危険。おとなしくビールで我慢。寿司ネタケースを覗くと平貝がある。さっそくそれを入れてあっさり系の刺身盛り(地雷語!)をつくってもらった。緊張した筋肉がゆるーく弛緩していく。真鯛の昆布〆。白身魚はよく分からないと言う私にまずは食べてみてと言われて一切れ。甘くてうまい~。
e0061902_14295953.jpg

握ってもらう前に、ブログ用にということで串揚げ盛り合わせと串焼き盛り合わせをお願いした。撮影用といいながらひとりで結構食べちゃったよ。
e0061902_14325742.jpg
串揚げは衣が軽いのでさくさくいけちゃう。さて、次のパーティは「串揚げパーティ」で決まりね >友人各位
e0061902_14333221.jpg

下は珍しいひらめの煮凝り寿司。室温ではあっというまにコラーゲンが溶けちゃうのですぐいただく。私的にはちょっと甘みがきつかったけど、まるで煮魚を食べているような濃厚さ。S 氏にくっついていくととにかく貴重なもんが食べられるので嬉しい限り。
e0061902_14361796.jpg
握りはきすとさばとコハダ。今でこそコハダはどこのおすし屋さんでも出してくれるけど当時(刺身盛り以前)は斉藤はコハダが食べられる貴重な店だった。しかも一度日本から輸入した新子までいただいたことがある。なので思い入れが強いんだよね、ここのコハダーー。んまい。
e0061902_14404743.jpg

行ってよかったよー。やっぱり人生短いしね :-)

斉藤
http://saitos-cafe.com/

[PR]
by seattleokami | 2009-02-26 14:05 | Japanese
PCC で教えていた豆腐づくしクラスの最終日@Greenlake が無事終わった。次のシーズンはお休みをとることにしていて、秋はどうするかまだ決めていないので、実質上これが一年半続いた料理教室のひと区切りとなる。

終わってみて感じたこと。自分はかなり料理が好きだ(ときどき教えていることを忘れて味見のときに「んま~いっ」と言って失笑を買うことしばしば)。みなさんに喜んでもらうとうれしい。自分はかなりお笑い系だ(料理のコツを教えるよりも笑いを取るほうに執心してしまったことしょっちゅう)。本業では得られない充実感を感じる(でも日本人なら誰でも知ってることに感動されると罪の意識もちょっぴり)。

そんな満ち足りた気分で帰宅し、ひとりで乾杯している。つまみは乾きもの(柿の種、ハムス、トマト、サラミ)、でも豆もやしのなんちゃってナムル(茹でた豆もやし、ガーリック パウダー、塩、ごま油、ねぎ)もうまいし、幸せです
e0061902_15523121.jpg

[PR]
by seattleokami | 2009-02-24 15:55 | 食べもの日記
Lake Union そばに Boat Street Cafe があったときは自宅から散歩がてら歩いて行っていた。その店が移転のため閉店してから数年が過ぎ、おととしくらいにダウンタウンの Western Ave 沿いにリニューアル オープンしてからもしばらく訪れるチャンスがなかった。が先週土曜日、やっと行ってきました~ん。

e0061902_532956.jpg
半地下のカフェは明るくて日中はとても気持ちがいい。隣接したちっちゃなバーもフランスあたりのカフェの雰囲気(想像)が漂っててなかなかいい。

この日はバレンタインデーだったからかもしれないけど、ブランチの時間で45分待たされたのは残念だったけど。

(写真のフォーカスがまたしてもずれててすみません)。シンプルなオープン サンドイッチはチェダー チーズとベーコンの濃厚さが辛口白ワインによく合う。
e0061902_5111544.jpg

エッグ ベネディクトはこのお店の名物らしい(知らなかった)。
e0061902_513128.jpg


今度はディナーに来よう。カフェもバーもなんだかまったりして長居してしまう店です。戻ってきてくれてありがと~。

Boat Street Cafe
http://www.boatstreetcafe.com/
[PR]
by seattleokami | 2009-02-19 03:00 | American
先ほどまで饒舌だった女二人から言葉を奪ってしまう迫力。残されたのは 「ん~~」 という声にならないうめきだけ。

ちょっと前にイタリアン ナイトで食したのと同じWAGYU 肉かたまりを今度は 2人で食らう計画(大胆!) を実行するべく薫さんが肉しょってやってきた。前回より厚みがあって脂の乗りも上々。さすがに外のグリルで焼く気力がなく、定番のフライパンで。今回は完璧なミディアム レアに仕上がった(嬉)。はじっこのウェルダンの部分は滋味がじゅわ~って口中に広がって言うことなし。まんなかのピンクな部分はびっくりするほど柔らかい。ちょこっと切り分けて載せた脂身と一緒に舌の上で溶けました。味付けはもちろん塩コショウのみ。Salt rules!
e0061902_382053.jpg
そしてこのお肉が付いていた骨はオーブンに突っ込んでカリッと焼く。
e0061902_310994.jpg

まさかとは思ったが気が付くと二人で半分以上食べちゃってるし。「まずい。これいっちゃいますねー。」とか言いながら。でも薫さんのリクエストでガーリック ステーキライスも作り。
e0061902_3113331.jpg


飽食。至福。昇天。

ごちそうさまでした。
[PR]
by seattleokami | 2009-02-18 03:13 | 食べもの日記
アマトリチャーナはローマ名物のトマトソース パスタ。実際にローマでは食べなかったんだけど、やはり定番のブカティーニ(スパゲティよりちょっと太めの穴の空いたパスタ)で練習。

トマトソースは落合さんのレシピから作った自家製。

作り方:ブカティーニを茹でている間にグアンチャーレまたはパンチェッタを太めの拍子木切りにして弱火でじっくり炒め脂を十分に出す。それからたまねぎの薄切りを投入。入れるのが早すぎると脂が出なくなってしまう。たまねぎがしんなりしたらトマトソースを加えて煮込む。味付けは塩のみ。茹で上がったパスタを投入し、最後にパルミジャーノ チーズたっぷりとオリーブオイルを振りかけてできあがり。自画自賛で申し訳ないがうまいです。ブカティーニはかなり茹でないと芯が残るので注意。
e0061902_2525917.jpg


さて本番は今晩。うまくいくといいけど。
[PR]
by seattleokami | 2009-02-18 02:53 | うちごはんレシピ
去年11月にちょっと寄ったのを最後に遠ざかっていた石庵。今週になって2回続けて行く機会があった。

このお店の好きなところはカスタマー フィードバックがちゃんと反映されてること。今回行ってみたら焼き鳥のラインナップがかなり増えていた。前にリクエストを出していたナンコツが追加されてる~。さらに鳥皮も。この他に、砂肝やハツも加わっていた。
e0061902_3335367.jpg

下の写真はねぎまと黒豚やきとん。
e0061902_6371333.jpg

石焼メニューではあなごの石焼とかほっけ、さんま、トロ鰯なんかが増えていて、さかなメニューを充実させて欲しいといったリクエストが反映された模様(?)。そして黒豚の角煮も登場。豚肉の脂の抜けかたは完璧だったけどあとはもうすこしほろっと煮てもらえるとうれしいかも。でも味のしみた大根はいうことなし。

e0061902_6575260.jpg
e0061902_658223.jpg

デザートのサンプル(私は食べてないです、アイスクリーム屋に行っちゃうから)。
e0061902_659147.jpg


最後のほうになって店長のすぎもとさんが試作(改良作)のクリスピーチキンを出してくれた。以前のブログでいろいろ書いちゃってプレッシャーだったかな。でもこのアップグレード版は現在まだ試作中だそう。
e0061902_793272.jpg


また近々行くことになるような予感。。。
[PR]
by seattleokami | 2009-02-13 06:42 | Japanese
KitchenAid のスタンドミキサーをもうちょっと使いこなして同じレシピで作ってみたら、スポンジがとってもやわらかくできた。フロスティングは冷凍してあった前回の残りを使って。日本にいて歯ぎしりしているであろう父を意識して載せてみました~。
e0061902_10565841.jpg

[PR]
by seattleokami | 2009-02-11 10:58 | 食べもの日記
今日のお昼は、元職場の同僚ガールズ ランチでリクエストに応えてメンチカツ弁当を作った。ちょっと余分に作って現職場でも売る(笑)。内容はいつもより充実してるけど値段は据え置き$5。個数が少なかったため、1分で完売。今度はもっと作りますね。

メニュー:メンチカツ、ポテトサラダ、きんぷらごぼう、アスパラの白和え、きゅうりのからし漬け、コシヒカリごはん、梅干。
e0061902_6235966.jpg

[PR]
by seattleokami | 2009-02-11 03:44 | お弁当屋
今回でおでんへの認識を改めた人たち多かったんじゃないだろうか(自分も含め)。おでんってこんなにおいしいものだったのね~としみじみ。

おでん種はあらかじめ担当を決めて持ち寄り制にした。私の担当はさつま揚げとがんもどき。
がんもどきの具は料理教室で使ってるレシピと同じ、にんじん、ひじき、枝豆、黒ゴマ。これ揚げたてをそのまま食べてもうまかった。
e0061902_4534062.jpg
左は桜海老入りイカボール。右は野菜(にんじん、いんげん、たまねぎ、桜海老)のさつま揚げ。白身さかなのすり身は両方とも True Cod を使用。これもそのまま食べてもおつまみに最高。
e0061902_4555277.jpg

おでん種のラインナップは超豪華で、特大鍋3つ使っても入りきらなかったほど。
種リスト:さつま揚げ、イカボール、がんもどき、厚揚げ(Pさん自家製)、タコ足、イカ巻き、ごぼう巻き、牛筋(S さん家自家製)、ゆで卵、じゃがいも、こんにゃく、しらたき、ちくわ、ちくわぶ、昆布巻、シュウマイ、たこ焼き、ソーセージ、鶏手羽元、餅入り巾着(ゆーこさん自家製)、大根、ロールキャベツ(N さん夫妻自家製)。下はたこ焼き投入直後。
e0061902_5184762.jpg


そして、おでんといえば茶飯でしょう。ほうじ茶と塩で炊いたコシヒカリをお助け隊(こあもぐさん、ゆーこさん)に握ってもらった。ほんのりお茶の香りがとってもいい。
e0061902_5203913.jpg


おまけで、Tom さんのリクエストによりちょっと場違いなメンチカツも作った。
e0061902_5205474.jpg


デザートはPさん作の道明寺でしめ。大々満足!このおでんポットラックも恒例にしたくなっちゃうよね、あんなにおいしいんだったら。

あ、追記。この夜は日本から D さんがスカイプで特別参加。Web カムでみんなとチャットできてよかったねー。
[PR]
by seattleokami | 2009-02-10 04:53 | 食べもの日記
しばらく寿司を食べていないと言う Dena と久々に旬へ(あ、久々でもないけどカウンターに座るのはかなり久しぶり)。

いろんなおいしいもの食べたのに写真がほとんどピンボケで超悔しいっ。もーやだこのデジカメ~。

さ、気を取り直して。。。

日本からの天然物のいなだ。脂の乗りが浅くてちょうどいい。Dena はハワイでやはり日本からの天然はまちを食べて以来はまち(を含む yellow tail family) に対する見方が変わったらしく、おいしいと感動していた。
e0061902_4294164.jpg

ほたてをさっと炙った握りも甘くてうまい。
e0061902_4303536.jpg

これ以外に食べたお寿司 - 鯵、うに(軍艦じゃない握り。感涙のうまさ!)、大トロの細巻き(思わず目を細めてしまううまさ!)、ミニ鯖棒寿司(これ次回も頼もうかな~)などなど。写真が全滅だったのがほんとくやしい~。


2510 NE Blakeley St
Seattle, WA 98105

(206) 522-2200‎
[PR]
by seattleokami | 2009-02-07 04:32 | Japanese