ブログトップ

今宵のサカナ (復活)

kozumon.exblog.jp

シアトルのレストラン レビューや旅先で食べた料理、小耳に挟んだ食べ物雑学など、とりあえず食に関するネタを中心に書いてます。最近はレストラン レビューがめっきり減ってしまいましたが、おうちで作れる簡単おいしいごはんの紹介をメインにしたいなと思っています。

<   2007年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ルイス ブニュエル監督の「昼顔」が今度リメークされることになったと何かで読んで、久々にオリジナルを観てみようという気になった。貞淑な妻が昼だけ娼婦になる、というあらすじでその妻をカトリーヌ ドヌーヴが演じている。40年近くたった今オリジナルを観るとそのシンプルさが新鮮だ。そしてこれはもうドヌーヴを楽しむ映画でしょう。あとファッションと。ブニュエルに始まるこの手の映画を観るときはあまり深く考えてはいけない。監督の思うままに転がされて素直に楽しむのが良いと思う。

昼顔 http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B00005ALV3/250-7584679-9690606?SubscriptionId=1D6XMD67EN44NYF98RR2
[PR]
by seattleokami | 2007-12-28 04:38 | 映画と音楽覚え書き
(レストラン名訂正しました)

クリスマスの夜に開いているレストランは少ない。(確実なのはチャイニーズ。彼らは年中無休でやってます:-) )これ日本だったらありえないよね~稼ぎ時だし。

うちの近所には韓国料理屋が多いがクリスマスは閉まっている店がほとんど。韓国人の方たちクリスチャンが多いからかな。それでも電話をかけまくってやっと開いている店を見つけた。そこはまだ試したことがなくて多少不安だったけど背に腹はかえられないということで大人2人新生児1人で出かけてみたら。

店内メチャ混み!みんな考えることは同じなんだねー(隣のマクドナルドが満席になっていたのにも笑った)。メニューを見てみると、ここは本店が韓国のソウルにある結構有名な店らしく、TV でも紹介されたと写真入りで書いてある。

売り物のすき焼き風ブルゴギは食べなかったけど、頼んだ料理はどれもおいしかった。

まず、いつもの小皿に珍しいもの発見。ゆで卵の牛肉巻き(写真手前)。これお弁当のおかずに採用!
e0061902_454630.jpg


そして餃子スープと焼き鯖。
e0061902_47557.jpg
e0061902_482939.jpg

パジュンは野菜たっぷりでつなぎ少な目の私好み。骨付き豚カルビも甘めのソースだけどいける。
e0061902_494782.jpg


個室もあり団体さんもOKです。

Hae-Nam Kalbi & Calamari
15001 Aurora Ave N
Shoreline, WA 98133
(206) 367-7843
[PR]
by seattleokami | 2007-12-27 04:05 | Korean
ケーキ屋さんの店内に足を踏み入れるとふわんと子供の頃に連れ戻される。バタークリームと生クリームと砂糖が混ざったなんともいえない甘~い香り。おばあちゃんち(和洋菓子店)の「こうば」(作業場をこう呼んでいた、なぜだか)の匂い。時にはドーナツを揚げてるにおいだったり、らくがんを焼いてる匂いだったりしたけれど、やっぱりケーキの匂いは特別。自分の体がまるごと入ってししまいそうなボウルで機械があわ立てる生クリーム。叔父がピンクに色づいたバタークリームでプリン型の底の上に作るバラの花。ウエハースでできた「メリークリスマス」という飾り。

Piece of Cake の店内に入った瞬間、あのこうばの光景に引き戻されてしまったのでした。
e0061902_759159.jpg

お呼ばれ先に買ったいちごショートのケーキはスポンジまで口の中で溶けてしまうほど軽くて好評だった。私的には動物性油脂の生クリームでしっかり作ってもらってもいいくらいなんだけど。

A Piece of Cake
514 S King St • Seattle, Washington 98104 • (206) 623-8284
(旧宇和島屋の向かい側)
[PR]
by seattleokami | 2007-12-26 08:04 | 食べもの日記
お約束のように昼過ぎから雪が降り始めホワイトクリスマスになりました~。
e0061902_7185792.jpg
見るだけならロマンチックで雰囲気あるな~だけど、めちゃくちゃ寒いよ!暖炉の火も消えちゃったよ。

ごちそうはゆうべ友人宅で食べ(ローストチキンとリブロースト)写真がないので、さっき1分で作ったカナッペを。ほぐしたスモークサーモンとチェダーチーズ(とグリエール チーズ)を極薄クラッカー(ごまとけしの実付)に載せオーブンで3分。手抜きだけどうまいよ。
e0061902_7244566.jpg
明日会社に行けるんだろうか?

今年は(今年も?)クリスマス カード間に合いませんでした。年賀状カードだけでも出すようにします、普段ご無沙汰している皆様。メリークリスマス!
[PR]
by seattleokami | 2007-12-26 07:25 | 食べもの日記
会社のすぐ近くにあるのにもう十年近くも行ってなかった老四川。おいしいと評判なのになぜだか。と思ったらここはアルコール類おいてなかったんだ。勝手に納得。

同僚とその友人たち(全員女性)でお昼ここの火鍋をトライ。私にとっては火鍋自体も十年以上食べていない料理だった。確か前回は学生のとき食べた IDの食べ放題の店だったような。

ごらんのようにスープは辛いのと辛くないののハーフ&ハーフで出てくるのが普通。そこへ白菜、豆腐、春雨などの野菜と薄切りの牛と豚(あと臓物はオプションで)を入れてしゃぶしゃぶのようにして食べるわけだ。ピーナッツだれにつけて食べるところが日本のしゃぶしゃぶはごまだれ派な私にはヒットした。
e0061902_7383460.jpg

今回は鍋のほかに一品でマーボ豆腐と辛い麺もオーダー。
e0061902_7415080.jpg


これらの料理を食べながら思い出した店がある。ノースゲート近くの「四川豆花荘 Szechuan Cuisine - Hot Pot Buffet」。店名がなんかおいしそうしょ。いや実はデリバリーで何品か頼んでみたことがあり、どれも辛くておいしかったので、火鍋もいつか試してみたいと野望を燃やしていたのだ。どなたか一緒にチャレンジしてみませんか。店構えはちょっぴり怪しげなんですが。

老四川
15005 NE 24th Street, Redmond
Redmond, WA 98052
Phone (425) 562-1552
[PR]
by seattleokami | 2007-12-24 07:39 | Chinese
噂の店 Sitka & Spruce に行って来た。ここのシェフが Food & Wine 誌の Best New Chef 2007 の一人に選ばれたらしい。その前から行ってみたい店リストに入っていたので、友人から誘いを受けたときはふたつ返事でOK。もともと席数が少ないだけにかなり前から予約を入れてくれた。

待っている間、店の壁にある手書きのメニューを一生懸命判読しながら期待は高まる。
e0061902_6431083.jpg

席に着くなりどんどん頼み始めたが。。。

ビーツ サラダ。ビーツそのものの味がこのサラダのキー。ひとつひとつの食材はおいしいが、全体としてはごく普通の仕上がり。どちらかというとお惣菜風。
e0061902_704234.jpg
イワシの燻製サラダ。う~ん。これも、イワシはおいしいけれど、サラダとしては何となくミスマッチ感が。
e0061902_6584993.jpg
鴨のコンフィ。これはおいしかった。でも特に個性があるコンフィではないかな。
e0061902_731750.jpg
次の肉と野菜の煮込み盛り合わせ。オーダーの中では私的にはこれが一番よかった。肉の臭みがちゃんと消えていてとろけるように柔らかかったし、ハーブが主張しすぎずにちゃんと裏方に回っているところが私好み。
e0061902_785113.jpg
そしておそらく川魚(名前忘れちゃった)のグリル、ミント ソース添え。
e0061902_794934.jpg


このほかにもカニのサラダ、ラムのグリル、スクアッシュのパスタ、などがんがん頼んだ。全体的な感想としては、このシェフはまだ日が浅いかたかしらん、という印象を受けた。斬新なアイデアを採り入れたカジュアルな家庭料理、というコンセプトな気がするんだけど、気負いが少し空回りしてしまった感あり。後で聞いてみたら、受賞したシェフはこの夜オフだったとのこと。何となく納得。それからお値段は高め(ワインはリーズナブル)。6人で一人55ドルくらいでした。

やはりこれはセカンド チャンス コースですね。今度メイン シェフがいるときにもう一度トライしてみたい。

Sitka & Spruce
http://www.sitkaandspruce.com/
[PR]
by seattleokami | 2007-12-21 06:43 | Eclectic
日曜日、前の部署のメンバーからお声がかかってホリデー ポットラック パーティに行って来た(そしてそこにカメラを忘れてきたわけなんだけど)。ホストが韓国人のEなので予想通りカルビ、スパイシー ポーク、キムチなどが並ぶ。さらに韓国人H のジャプチェ(写真手前)。
e0061902_6152051.jpg
中国人のご主人をもつN子さん夫妻からはあの有名なコンジー(中国粥)とニラ餅。
e0061902_617799.jpg
e0061902_6173822.jpg


いや~なつかしいみんなと会えたのもよかったし料理もおいしかったけど、やっぱりうちのキッチンのリモデル、やらないといかんだろうな~(とつくづく思わせるたいそう結構なキッチンだったのよね)。年明けはキッチン リフォームプロジェクトで仕事始めだっ。前庭には竹林を!外壁も塗りなおして!オーガニック家庭菜園だって! と言いつつ何も達成できずに一年経とうとしている新居。2007年も終わろうとしているわけやねー。

そうそう、自分用メモ。カルビの漬けだれ(E のレシピ) - しょうゆ、梨、白ワイン、ごま油、にんにく(たっぷり)、白ゴマ、青ねぎ。甘みが足りなければ砂糖。何か足りないか?あのたれはおいしかった。
[PR]
by seattleokami | 2007-12-21 06:10 | 食べもの日記
ここはシアトルのワインバーの先駆けじゃないだろうか。グリーンレイクの一角(Hiroki の向かい側)にオープンしてから何年も経つが、久しぶりに訪れた店内は相変わらず混んでいた。ワイン好きのY子さんとつまんで飲もうというコンセプトで選んでみたけど、正解だったわ。

カメラがね、まだ戻らないんです。なので写真なしですみませんね(今日受け取る手はず)。

ちょっとしたおつまみ、スペイン風オムレツ$4、タラマサラダ(ハムスのポテト版)$5と値段もお手ごろで食べ応え十分。ラムのハンバーガーもジューシーでこれもいけました。

グラスワインの値段も7ドル前後で良心的(量も多いし)。

こういう息の長いお店、やっぱり安心するね。さて、Y 子さんご主人を連れてく店リストに入ったかどうか。

Eva Restaurant & Wine Bar
2227 N 56th Seattle, WA 98103 (206) 633-3538
Hours of Operation: 5 to 10 PM Seven Days a Week
[PR]
by seattleokami | 2007-12-20 02:31 | American
(写真なくてすみません)

ベルビュー店は初めてのトライ。

やはりリブアイ($39)をオーダーする。この店はステーキが熱々の皿に載って供される。このじゅうじゅうという音も売りなのだ。肉は大変おいしかった。脂身は通常のリブアイより少し控えめだったけど、肉そのものの味がよく出ていてその風味を楽しめた。ひとつ残念だったのは焼き加減。きっと焼いたときはミディアムだったんだろうけど、熱々の皿でさらに加熱されるところを計算していなかったのか、私が食べるときにはウェルダンになっていた。

メニューを見て気がついたんだけど、創始者の Ruth Chris という女性はニューオーリンズの出身で、メニューにもニューオーリンズ レシピがちらほら。知らなかった~。

私のランキングでは、はずしたときのDaniel's(Lake Union 店)を全然超えたと思う。あそこも当たりのときはすごくおいしいんだけどねー(ベルビュー店は食べてないので分かりません)。4月の Morton's よりも良かった。Morton's、ちょっと気を抜いているのでは。

過去6ヶ月のステーキ食べ比べでは 1. The Met, 2. Ruth's Chris, 3. Morton's かな。

Ruth's Chris Steak House
http://www.ruthschris.com/
[PR]
by seattleokami | 2007-12-19 03:44 | American
(まだカメラ戻ってきてない)

1.今朝シャワーを浴びた後、コンタクトを入れ化粧水をつけ。。。。ふと気がついたら髪用のワックスを顔と首に塗りたくっていた。シャワーを浴びなおし顔と首も洗いなおしたけど、なんかまだツルツルする。職場のみなさん、蝋人形みたいに見えたらごめんなさい~。

2.電話ミーティングで自分がしゃべっている最中に誤って(鼻をこすろうとして)受話器を置いて電話を切ってしまい、相手を混乱させてしまった。

力なく笑うしかないよね、こんなとき。
[PR]
by seattleokami | 2007-12-19 02:58 | つぶやき