ブログトップ

今宵のサカナ (復活)

kozumon.exblog.jp

シアトルのレストラン レビューや旅先で食べた料理、小耳に挟んだ食べ物雑学など、とりあえず食に関するネタを中心に書いてます。最近はレストラン レビューがめっきり減ってしまいましたが、おうちで作れる簡単おいしいごはんの紹介をメインにしたいなと思っています。

<   2006年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

10月5日
博多で食べようと思ったけど高すぎてあきらめた。由布院の旅館で追加注文しようかと思ったけどやはり高すぎた。関さばだけは食べないと、と意を決して九州に乗り込んだものの、一皿4000~7000円するんですよ。

別府では半日しか時間が取れなかったので、お決まりの地獄めぐりをひとつだけ(海地獄)して、雰囲気のある竹瓦温泉という温泉でひと風呂浴びた。(入湯料100円)
e0061902_10404786.jpg
e0061902_1053409.jpg


その後ランチとなった。駅の観光案内所でお勧めの魚料理の店はと聞くと、「とよ常」が評判がいいとのこと。関さばもあるという確認も取った。行ってみるととても気さくな定食屋ふうなたたずまい。関さばありました!一人前1800円。安い!ああ、ぷりぷり。この透明感を見てください。血合いの鮮やかさを。堪能しました。
e0061902_10553268.jpg
このお店は天丼が有名らしく、観光客でにぎわっていた。ちなみに、上天丼730円。
e0061902_1131194.jpg


とよ常
http://www.oitagurume.net/toyotune.html(値段が私の記憶とちと違うが)
[PR]
by seattleokami | 2006-10-31 10:41 | 日本里帰り
日本から戻ってきて冷蔵庫が空のままなので、少し野菜を買って向こう一週間食べられそうなものをまとめて作った。

うちの母親が昔よく作っていたしらたきと炒り卵のしょうゆ炒め。白いご飯にかけて食べるとごはんが進む。作り方は、湯通ししたしらたきを油で炒め、しょうゆとみりんで味付ける。白ごまを加え、溶き卵を加えて混ぜながら炒り卵にする。水分がとんだら出来上がり。
e0061902_13484469.jpg
他に、カリフラワーとジャガイモのカレー粉炒め、豆もやしのナムル、豚肉のしょうが焼き炒め。
e0061902_13495123.jpg
そして
e0061902_13523371.jpg
、青森十三湖のしじみをレトルトで買って来てたので(これは税関でOKでした)、しじみの味噌汁も作る。
実家に帰ったときに買ったおひつをさっそく使ってみたらすごくいい~。ごはんにほんのり木の香りも移って。あきたおとめの新米(あきたこまち品種100%)を買ってきて炊いてみたらおいし~。
e0061902_13512596.jpg
おひつは必需品になりそう。
[PR]
by seattleokami | 2006-10-30 13:52 | うちごはんレシピ
サウス シアトルにある丸太商店によく買い物に行くが、そこのお弁当やお惣菜が好きで、行くとつい必要以上に買い込んでしまう。毎日5時になるとお弁当お惣菜は50%になるので週末はそれを狙っていくものの、売り切れてしまってることもしばしば。煮物、揚げ物などのお惣菜はグラム売りもしています。

ちなみに下はさばの塩焼き弁当($5.35)。
e0061902_128939.jpg


宇和島屋のお弁当よりは全然いいし、ボリュームもある。ごはんがもうちょっとおいしいとありがたいけど、でもおかずが盛りだくさんなので値段を考えたら悪くはないのでは。
[PR]
by seattleokami | 2006-10-30 12:09 | 食べもの日記
追加料金は払っていないので、誰が泊まっても(古希祝じゃなくても)同じ量が出るのだと思う。ではいきます。
まずは八寸のようなものから。
e0061902_1218739.jpg
ごま豆腐。
e0061902_12191248.jpg
悪酔いしないようにと一口の炊き込みごはん。
e0061902_1220496.jpg
ひじきそうめん。
e0061902_12205549.jpg
平目の薄造り(大人7人で3皿)。
e0061902_1221535.jpg
天ぷら盛り合わせ。
e0061902_12224916.jpg
鱧の吸いもの。
e0061902_12232071.jpg
豊後牛の和風ステーキ。
e0061902_12264023.jpg
たちうおの酢の物。
e0061902_12272626.jpg
野菜の炊き合わせ。
e0061902_1228471.jpg
ごはん。
e0061902_12284559.jpg
なす田楽。
e0061902_1230343.jpg
そしてデザートは、温泉で育てたほうれん草で作ったカスタード プリン。
e0061902_12305334.jpg
途中から出てくる料理について行けなくなったが、プリンはちゃんと食べた。素朴な味でおいしかった。

全体的に、本格的な懐石料理のような繊細さはないものの、それぞれそこそこにおいしく、(特に豊後牛)最後まで楽しくいただけた。

この後離れに戻って、乾きものをつまみながら二次会になったのは言うまでもなく。だらだら食いはうちの家族得意なんです。
[PR]
by seattleokami | 2006-10-29 12:18 | 日本里帰り
家族が九州で集合することになったもともとの理由は、母親の古希祝を由布院でやることになったからだった。「なぜ由布院?」と九州出身の友人たちからは聞かれたが、本人(母)の、NHK 朝の連続テレビ小説の舞台になった由布院にぜひ行ってみたいという希望から始まり、気がついたら実現していたって感じだった。

プランニングから7ヶ月、東京、上海、シアトルの娘たちが由布院で集結(?)し、古希祝は無事に終わった。確かに由布院は、温泉以外の見所は少ないかもしれない。でもこの温泉が最高でした。温泉育ちの私や家族みんなが「いいお湯だねー」とうなずきあったくらいだから、かなりいいと思う。この庄屋の館は、お湯の色がコバルトブルーに見えることでよく知られているらしい。写真だとちょっとわかりづらいかも。
e0061902_10462944.jpg
何度入っても湯疲れしないと番頭さんに言われたがそのとおりで、ずーっと入っていたかった。

総勢10人(子供含む)で2階建ての離れに泊まった。25人収容できるところに10人だから、子供たちは喜んで走り回る。内風呂も二つあって同じ温泉。下は離れに続く道と離れの玄関(家の中の様子は撮り忘れた)。
e0061902_10505427.jpg
e0061902_10511830.jpg


宴は本館の広間を貸し切って。わいわいやっているところでどんどん料理が運ばれてくる。後で全コースの写真を見返してみたらすごい数だったことに改めて気がついた。あれで一人一泊2万2千円は悪くないのじゃないだろうか。(温泉で作ったゆで卵は食べ放題だし(笑))。長くなるのでコース料理の写真は分けて載せます。

もっと早くチェックインしてもっとお風呂に入っていたかった。泉質は滑らかで、肌をさわるとすべすべして気持ちよかった。

庄屋の館
http://www2.ocn.ne.jp/~syouya/
[PR]
by seattleokami | 2006-10-29 10:44 | 日本里帰り
朝目覚めるとめまいがする。まだ横になっているのに。起き上がってもめまいがする。それほどひどくはないのだけれど、じっとしてても頭の中がすこしぐらぐらしているような。

時差ぼけのせいなのかな。今までこんなことなかったのに。やはり3週間の強行軍がきいたのか。で今日は家にいることにした。幸い仕事のメールもかなり落ち着いていたし、ずっと寝ていた。

めまいのせいか夕方まで何も食べられなかったが、おかゆを作ることにしてみた。フリーズドライの七草が残っていたので。
e0061902_1152481.jpg

おいしいな、ひさびさのおかゆ。味付けは塩だけで。

おかゆのおかげか、すっかり食欲が戻った(笑)。

朝よりはいいから明日までに治りますように。
[PR]
by seattleokami | 2006-10-27 11:52 | 食べもの日記
まだ時差ぼけが取れていないのだけれど、夜になると目が覚める。日本時間の朝だから?

今週ご主人がいないという M さんを誘ってかねてから行きたかった Black Bottle へ。ここを勧める人が多いので。シェフは日本で修行を積んだ(かただ働いことがあるか)というのでちょっと期待大。

メニューはすべて8ドル。小皿料理といっても日本サイズの2倍以上はあります。

今日はまずいわしの南蛮漬け。ちょっと大雑把な感じだけれどもそのメニュー チョイスにはポイントあげます。
e0061902_1545722.jpg

じゃがいもとカリフラワーのカレー炒め。家庭でも作れそう。
e0061902_15621.jpg
今晩のお気に入りは豚バラとキムチのグリル。お肉がとても柔らかくておいしかった。
e0061902_157468.jpg

今晩はあまり頼まなかったし長居もしなかったので、次回ぜひもっとメニューを試してみたい。今後、こういうお店(食べ応えのあるつまみとおいしいお酒)が増えてくれることを望みます。中途半端な日本風居酒屋に行くよりいいかも、と思った。

Black Bottle
http://blackbottleseattle.com/206.441.1500
2600 1st avenue + vine
belltown
seattle
[PR]
by seattleokami | 2006-10-26 15:15 | Wine Bar
10 月 3 日
上海組の妹家族が博多で合流するはずだったが、機内に持ち込もうとしたアルコールのことでセキュリティでもめたらしく、フライトを逃してしまったというアクシデントがあったため、結局両親と3人で博多の夜を過ごすことになった。

まずは博多出身のお友達 M さんお勧めの「博多べい」という居酒屋に歩いて行ってみた。博多ではまずはおいしい魚を、と気合を入れていたのでさっそく名物の「ゴマさば」を注文。めちゃくちゃおいしかった~。ぜひレシピを知りたいものです。
e0061902_1461441.jpg
そして炙り秋刀魚。脂が乗っててこれもおいしい。
e0061902_14143095.jpg
そういえば、自家製さつま揚げを頼んだら、ひりょうずが出てきた。九州の人はがんもどきのことをさつま揚げというのだろうか。確か、てんぷらといえばさつま揚げのことだっけ?
e0061902_1417383.jpg


母親がイカの刺身が食べたいというので、博多べいを後にして、タクシーの運転手さんが勧める生簀料理の店へ。いい人だったんだけど、お店はイマイチだった。イカももう少し新鮮なはずでは、と悔いが残る。店は天神にある「魚村」。
e0061902_14221251.jpg
そしてさらに母親は、博多ラーメンでしめくくりたいと。屋台に行こうかとも思ったけれど、またはずすといやなので、キャナル シティというショッピング ビル内にあるラーメン スタジアムへと向かった。ここも M さんが教えてくれたところ。何軒か入っているラーメン屋の中で、両親は「だるまラーメン」に入ろうという。味は、わりとあっさりめの豚骨スープで、なかなかおいしかった(できればお勧めの「一幸舎」を試してみたかったっす)。肝心の母は、スープが少し豚臭いと言っていたけれど。
e0061902_1427345.jpg


結局3軒はしごしてしまった。両親のバイタリティをすでにひしひしと感じ始めた夜だった。そして、妹家族よ、明日は必ず来てくれよと祈りつつ眠りについた。

できればもう一泊してもっといろいろ食べ歩きたかったな~。また行きますよ、いつか。
[PR]
by seattleokami | 2006-10-25 14:06 | 日本の店
10 月 3 日
ちょうどお昼時に新大阪に着いたせいか、ほとんどのお弁当が売り切れ。残っている中で母親が選んだのが「21 世紀出陣弁当(1000円)。ビジネスマン向けのネーミングなのか?味は親に言わせると「普通。」 でも容器は旅行中茶菓子入れとして活躍したのでよしとしよ。
e0061902_9515491.jpg


私は実は天むすに目がない。以前、シアトルの宇和島屋で名古屋の天むすが出店したとき、興奮して買いだめしたっけね。でも、新大阪の駅の天むすは正直がっかりだった。きゃらぶきはついてたけど、おにぎりのご飯がやわらかすぎるのと塩味がきいていないのと、海老が消毒臭かった。残念。
e0061902_9531364.jpg
ここの天むすたこ焼き版(海老天の代わりにたこ焼きが入っている)のは名物らしいけど。やはり本場で買うべきだったな。

出だしちょっとつまづいたものの、気を取り直して博多へと向かった親子3人だった。

あ、ちなみに、なぜわざわざ新幹線で東京から博多まで行くかというと、親はフルムーン パス、私は Japan Rail Pass を使っているため、のぞみ以外の新幹線で移動しなければならなかったので。景色も楽しめるし、駅弁も食べられるし、全然おっけーでした。それにしても Japan Rail Pass はお得だ。21日間乗り放題で$500 ちょっとだった(現金払いのみ)。ほくほく。

おまけ。駅のキオスクではついしょーもないものを買ってしまうのだが、これもそう。
e0061902_1005824.jpg
昔の駄菓子屋にこういうの売ってたね。結局私は食べずじまいで家族の誰かがつまみに食べてしまったよう。
[PR]
by seattleokami | 2006-10-25 09:58 | 日本里帰り
ゆうべシアトルに戻りました。空港でレトルト カレー5箱とマヨネーズ3袋を没収され、かなり落ち込んでたけれど、とりあえず復活。今日は仕事に復帰したものの時差ぼけがひどくてまだぼーっとしている。写真の更新は徐々にしていきますね。今日のところはまず八幡平の紅葉から。

残念ながら、八幡平の紅葉はピークを過ぎかなりの葉が落ちてしまっていたけれど。

大沼の様子。紅葉はもう終わっていて残念。
e0061902_13272070.jpg

ドライブの途中では少し楽しめた(しかも子グマが横切るのに出くわし感動!)
e0061902_13285322.jpg
e0061902_13292995.jpg
e0061902_13295634.jpg

[PR]
by seattleokami | 2006-10-24 13:30 | 日本里帰り