ブログトップ

今宵のサカナ (復活)

kozumon.exblog.jp

シアトルのレストラン レビューや旅先で食べた料理、小耳に挟んだ食べ物雑学など、とりあえず食に関するネタを中心に書いてます。最近はレストラン レビューがめっきり減ってしまいましたが、おうちで作れる簡単おいしいごはんの紹介をメインにしたいなと思っています。

<   2006年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧

e0061902_1610332.jpg
どうしてもスーツケースに入らず断念。。。

そして。
e0061902_16112715.jpg
e0061902_1612137.jpg
3週間は長いなー。。。

午前12時現在、荷づくり半分くらいで部屋はめちゃくちゃ散らかってます。ふぅ。

日本の皆さん、そんなわけで今回は移動が多く会える時間ができるか微妙ですが、できたときにはご連絡しますのでよろしく!
[PR]
by seattleokami | 2006-09-30 16:13 | つぶやき | Comments(3)
といっても私が3週間日本に行くだけなんだけど(笑)。今週は外食する時間的余裕がないはずだったんだけど、仲良し4人組でどうしても集まろうと言われ、ノーとは言えず。。。

でもとっても楽しかった。いつものように。このメンバーとはいろんなことをぶっちゃけて話せるのでとても気が楽。でもみんな根が善人なため、次の日メールで「ゆうべ言いすぎちゃってごめ~ん」と謝ってきたりする。でも言われたほう(私)は何のことを指しているのかまったく分かってないので、逆に戸惑ってしまう(笑)。

火曜の夜、Umi Sake House を選んでみた。思惑通り(笑)、みんな気に入ってくれた模様。アイルランド人のKなんか、シアトルに来たばかりの頃は寿司?生の魚?とんでもないって感じだったのに、いつのまにか「好物はトロよ」なんてすっかり寿司好きになってるし。

まあ、この店は本格的な寿司を食べる店ではないけれど、和食好きのアメリカ人には受けると思う。(なまこはなかった、残念。) 日本酒もハウス sake はふくにしきという酒で結構飲みやすい。

が、韓国人オーナーによる寿司レストランの特徴として、ロールがとても充実(よく言えば)している。このあいだの Rain もそうだけどね。メニューをちらっと見ただけでも Banana Rama なんていう、バナナの寿司ロールもある。下の写真を見てロールの名前を一発で当てられる人はかなり寿司ロール通と見た。
e0061902_13571894.jpg
その名は「1st Avenue ロール」。一瞬なぜこれが?と思ったけど、後でもう一度写真を見てみると何か納得。Umi Sake House のある 1st Avenue はけっこう華やかなネオン サインが並んでいる。そうか、これはネオンをイメージしたロールなのでは(!)。

これはどう?レインボー タルタル ステーキ。
e0061902_1413827.jpg
丸くかたどった寿司飯の上に、まぐろ、はまち、サーモンのぶつ切り刺身をのっけてある。私は箸がのびなかったけれど、N は「オーマイゴーッド。めちゃくちゃおいしい。」といって平らげていた。マーケティング リサーチとしてはなかなか興味深かった。

で、料理は料理だったけど、あの夜の結論。No relationship is perfect :-)
[PR]
by seattleokami | 2006-09-29 13:53 | Japanese | Comments(3)
エレファント ガーリックという、普通のにんにくの数倍でかいにんにくがある。よくイタリア料理屋でローストしたエレファント ガーリックが供され、やわらかくなったにんにくをパンに塗って食べたりするけれど、うちの冷蔵庫にあるのが果たしてそのエレファント ガーリックなのかよく分からない。野菜の宅配に入ってたので、オーガニックであることだけは確かなんだけど。

右は普通サイズのにんにく。左が冷蔵庫で発見したにんにく。
e0061902_1424651.jpg

これがエレファント ガーリックであろうとなかろうと、大きいことには間違いない。一かけが普通のにんにくまるごとぐらいある。冷蔵庫クリーンアップも終盤にさしかかり、これでガーリック ライスを作った。まず、このにんにくをスライスしたんだけどとってもみずみずしくてまるで梨を切ってるみたいにシャキシャキ。で炒めてみたけど水分と糖分が多いせいか、カリカリにならない。あきらめてもう焼き飯作っちゃった。
e0061902_14303698.jpg
写真でじゃがいものスライスのように見えるのがにんにく。触感もじゃがいもみたいでほんのり甘い。にんにく臭はあまりない。
作り方: ベーコンを炒めてカリカリになったらフライパンから取り出す。油をふき取ってそこににんにくを入れしばらく炒め、たまねぎを加えてさらに炒める。火が通ったら、ベーコンとグリンピースを入れて、塩コショウで味付けし、ごはんを入れさらに炒める。バターを加え、最後にしょうゆを回しかけてできあがり。

これで生の野菜(にんにく以外)は冷蔵庫からなくなりました。やっほー。
[PR]
by seattleokami | 2006-09-28 14:24 | うちごはんレシピ | Comments(0)
この辺(ワシントン州、ナパ、オレゴン)の小さなワイナリではよく「ワイン クラブ」というサービスをやっていて、登録すると定期的にそのワイナリお勧めのワインを送ってくれる。ワイン初心者には便利な入門編でもあるらしい。

Lake Chelan に行ったとき、最近ちょこちょことでき始めた小さなワイナリのひとつを訪ねてワイン テイスティングをした。そこで H が何と雰囲気に酔ったのかワイン クラブに申し込んでしまたのだった。本人はそんなにワイン好きじゃないのに。

そんなわけで、何ヶ月かに一度、限定生産のワインが彼のところに送られてくるようになり(もちろん有料でしかもいいお値段だったりする)、ワインをあまり飲まない彼は(なら何で申し込んだのか)私のところに持ってきてくれるのだ。

今回は Cabernet Franc の赤とロゼ。
e0061902_3434681.jpg
e0061902_344899.jpg

赤を試してみた。私好みのとがっていないまろやかなワイン。ロゼは日本へのおみやげ(もし没収されなければ)。
[PR]
by seattleokami | 2006-09-28 03:26 | 食べもの日記 | Comments(6)
猫ネタではなくインドカレーネタ(笑)。
冷凍食品コーナーで見つけたレトルト インド カレー。これが超ヒット。う~ん、とうなってしまった。私の好きなナブラタン コルマに限りなく近いぞ。値段も2ドル50くらい。商品名は「カシミール カシュー」とってもリッチ&クリーミー。またMayuri にかいだしに行かねば。
e0061902_14583290.jpg


ほんとに今週の土曜に飛行機に乗ってるんだろうか。珍しく、おみやげがスーツケースに入り切らない。今の状況ではスーツケース2個、プラス機内持ち込みのショルダー バッグ。ひとりでどうやって運ぶのだろうか。。。。ま、何とかなるでしょう。おみやげにと思って買ったジップロックのビニール袋とお菓子数品はあきらめよう。

無意識に気合が入っている自分に気づく。飛行機に乗ってしまえばお楽しみのことだけ考えればいいのよね。その前のあわただしさが苦手。

でもとりあえず4マイル走った。最近4マイルはおっけーな感じになってきた。昨日は8マイル(歩きで)。あまりの極端さに自分でもあきれる。。。
[PR]
by seattleokami | 2006-09-26 15:00 | 食べもの日記 | Comments(4)
e0061902_0285825.jpg
今日は白米バージョンのみです。今週末から3週間お休みを取るのでお弁当はしばらくお休みします。

メニュー:
鶏そぼろ(鶏肉ミンチ、いり卵、さやえんどう)
切干大根とさつま揚げの煮物(切干大根、ごぼう天、しいたけ、長ネギ)
春雨サラダ(春雨、ハム、きゅうり、たまねぎ、カニかま、プチトマト)
ブロッコリーの胡麻和え(ほうれん草見当たらなかったけど、例の事件のせいかな)


オーガニックな材料 -卵、ハム、トマト、ゴマ
[PR]
by seattleokami | 2006-09-26 00:29 | お弁当屋 | Comments(4)
Wallingford にある Sushi レストランの名前だ。ここのロールを見ると、ベルタウンの Wasabi Bistro のウエイターたちが集まって開いた店だというのがすぐ分かる。韓国人オーナーの Wasabi Bistro は、アイデアロールをシアトルに広めた最初のレストランと言えるかもしれない。すしを丸ごとてんぷらにしたり、ロールの上にマヨネーズをかけてオーブンで焼いたり、サルサ ソースでメキシカンなフレーバーにしてみたり。Rain はその路線をそのまま受け継いでいる。あまり凝ったロールは好きじゃないんだけど、けっと思いながら食べると意外とおいしくて少し悔しかったりするんだよね。

Rain でよく食べるのは、Rainy Day Roll(写真右)。カリフォルニア ロールを丸ごとてんぷらにして、その上にスパイシーなアボカド ディップを乗せたもの。これが半信半疑で食べてみると、こういう食べ物(すしとは違うような)として食べられちゃうから不思議。今回はそのほかにロックンロール(うなぎ、アボカド、海老、クリームチーズの寿司をてんぷらにしたもの、写真左)も頼んだ。
e0061902_15444194.jpg


今日のヒットはスパイシー クラブ スープ。言ってみればかにの味噌汁もどきなんだけど、ピリッと甘辛な味がする。コチュジャンだったりして。キング クラブのだしがよく出ていてこれはおいしかった。ご飯入れたくなる。
e0061902_15453985.jpg



この店の難点。それはサービスが最悪なこと。もう来るもんかと言いながらまた行ってしまう自分も自分だけど、でも、客が帰るときくらいこっちの顔見てありがとうございましたとか、そういうのあってもいいんじゃないでしょうか。と思いつつも、ここにそれを期待してもしょうがないか、と諦めて、きっとまた行っちゃうんだよな。近いからね、家から。

Rain
2208 N. 45th St., Seattle; 206-545-7848
[PR]
by seattleokami | 2006-09-25 15:44 | Japanese | Comments(4)
以前うわさで聞いたことはあった。シアトル初のインドネシア料理レストランがノースゲートにあると。インドネシア料理ファンの間では(って私以外はインドネシア人だったが)、シアトルにインドネシア料理専門のレストランがないのは不思議だよね、という話をよくしていた。マレー サテー ハットは、マレー料理よりのインドネシア料理は出しているが、う~ちょっと違う、って感じだし、U ディストリクトに一軒インドネシア料理屋がオープンしたときにはさっそく試してみてまあまあの満足度だったのに、いつのまにかなくなっていた。

今日、全然別の店を探していて偶然見つけたのだった - Indo Cafe 。モールの一番奥にあって目立たないので、今までまったく気が付かなかった。看板を見つけたときには小躍りしてしまいました。もう15年以上前になるのか、バリとボロブドゥールに数週間滞在して以来すっかりインドネシア料理のファンになったんだよね。東京にいたときは、インドネシアラヤ、ブンガワン ソロ、ジュンバタン メラなんかによく通ったっけな~。

話がそれました。で Indo Cafe。店内は広くはないけれど、掘りごたつ(?)の部屋もある。
e0061902_11531080.jpg
メニューを見たらあるある、なつかしの定番料理が。アヤム ゴレン、ナシ ゴレン、ナシ チャンプル、ガドガド、etc。
e0061902_11554317.jpg


まずは前菜。魚と鶏肉の練り物で作った蒸し餃子のようなものにピーナッツ ソースをかけたもの(料理名忘れました)。これは今まで食べたことなかったけど、おいしい。魚が入ってるところがポイントかも。ちょっとさつま揚げに似てなくもなく。
e0061902_11591945.jpg
e0061902_120328.jpg
サラダはもちろんガドガド。ゆでたキャベツ、もやし、じゃがいも、青菜、厚揚げにピーナッツ ソースをかけたもの。この写真はちょっとピーナッツ ソースかけすぎ?って気がしなくもないが、ガドガドは大好物なので許す。
e0061902_1224616.jpg
そして、何と幻のラクサに思わぬところで再会してしまった。
e0061902_1241380.jpg
ラクサは、ココナッツ カレー ベースのライス ヌードルで、シュリンプ ペーストと鶏肉のコクとうまく合って後を引くおいしさなのです。ラクサはインドネシアではなくシンガポールにいたときに食べて好きになり、以前マレー サテー ハットで、こうこうこういうヌードルなんだけど、作ってみてちょうだいとお願いしたものの(しかも2回チャレンジ)いまいち期待通りのラクサには出会えないでいた。こんなところでめぐり合えるとはなー。日本の S さん、ラクサ、とうとう見つけました!

でやはりナシ ゴレンは抑えたいでしょう、ということで注文。目玉焼きが付いてないのがかなり残念だったけど。。。言ってみればインドネシア風焼きめし。でもシュリンプ ペーストとABC ソースという甘いソースが入るのでチャーハンとはちょと異なる。
e0061902_12111656.jpg



全体的な感想。おいしいけれど、欲を言えばものによってはもうちょっとパンチをきかしてほしかったかも。ラクサも、シュリンプ ペーストをもう少し入れてもらえれば言うことなし。でもやっと見つけたインドネシア料理屋、セカンド チャンスをあげよう。また来るね、日本から戻ったら。

Indo Cafe
http://www.myindocafe.com/
543 NE Northgate Way #J. Seattle, WA 98125 | p: (206) 361-0699
[PR]
by seattleokami | 2006-09-24 11:43 | Indonesian | Comments(4)
冷蔵庫クリーンアップを開始したのであるものでつまみを作らねばならない(そう、つまみは作らないといけないの)。

たまねぎ、ナス、納豆をフライパンで炒め、韓国料理用のコチュジャン(辛味噌ペースト)としょうゆを加え、最後に卵を加えていり卵状態にしたらできあがり。かなり恥ずかしいルックスだけど。
e0061902_13391420.jpg
でこれをレタスに包んで食べる、ってだけの話なんですけどね。意外とおいしいのです。
e0061902_13542150.jpg


このコチュジャン、かなり重宝する。豚肉とキャベツとかとにかくなんでもこの味噌で炒めてしまうだけ。
e0061902_1432199.jpg
おそらく正しい使い方ではないんだろうけど、まあいいでしょ。
[PR]
by seattleokami | 2006-09-22 13:45 | 食べもの日記 | Comments(5)
seiko さんのお宅の庭で採れたイタリアン プラムをたくさんいただき、そのまま食べてもとってもおいしいプラムなのだが、なにしろたくさんあるのでパイにすることしにした。一日目は、Crab Pot のディナーから帰宅してから夜中に作ったせいか、パイ生地を必要以上に大きく伸ばしてしまい、折り返したときにプラムのフィリングが全部隠れてしまうスタイルになってしまった。
e0061902_142541.jpg
これはこれでよかったんだけど、本当はこういうふうになるはずだった(2日目)。
e0061902_1435249.jpg
2度目は砂糖をちょっと控えめに。もともとのプラムがとっても甘いからね。

今回のレシピはこちら。http://www.foodnetwork.com/food/recipes/recipe/0,,FOOD_9936_12512,00.html

プラムの酸味と甘みのバランスが私好みかも。

seiko さん、おいしいプラムをありがとうございました。
[PR]
by seattleokami | 2006-09-21 14:02 | うちごはんレシピ | Comments(3)