ブログトップ

今宵のサカナ (復活)

kozumon.exblog.jp

シアトルのレストラン レビューや旅先で食べた料理、小耳に挟んだ食べ物雑学など、とりあえず食に関するネタを中心に書いてます。最近はレストラン レビューがめっきり減ってしまいましたが、おうちで作れる簡単おいしいごはんの紹介をメインにしたいなと思っています。

<   2006年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

といってもウチの猫の話ですが。キャットニップ入りのバナナがお気に入り。

(撮影:Kaoru さん)

食ってます。
e0061902_0374120.jpg
まだ食ってます。
e0061902_0382524.jpg
体柔らかい。
e0061902_0475372.jpg

[PR]
by seattleokami | 2006-04-30 00:39 | 猫がらみ | Comments(4)
ちょっとつなぎのネタという感ありですが。。。

この間のグリーンピースご飯のおかずに作ったカリフラワーの料理。1株で2種類できました。

カリフラワーのヨーグルト カレーソース。カレー粉、ヨーグルト、しょうゆ、で炒め煮にしたもの(味噌漬けに使ったヨーグルトを減らしたかったため)。見た目は悪いけど味はおっけー。飽きの来ない味。
e0061902_14594556.jpg
蒸しカリフラワー醤油マヨネーズがけ。ゆでるとビタミンCが失われるのでスチームがいいような気がする。味も濃くなるし。
e0061902_1505474.jpg

おまけ。納豆と大根おろしの和え物(納豆、大根おろし、シソ、青ネギ、味噌漬け大根の漬物)
e0061902_1515337.jpg

[PR]
by seattleokami | 2006-04-28 15:01 | うちごはんレシピ | Comments(5)
For those who've been asking me when the English version will be available!
Click here.
[PR]
by seattleokami | 2006-04-28 14:47 | English Version | Comments(1)
私は Morton's のステーキがシアトルで一番おいしいと思っている。でも高い。なので人におごるときは値段も考えつつ店を決める。

今回は Daniel's Broiler にした。ここは、そのときによって焼き方の差が結構激しいので、ロシアン ルーレットをやるような気持ちになるのだけど、今回はアタリ。ほっ。

私がいつも頼むのは当然脂身の多い Rib Eye ステーキ。サイド ディッシュはアスパラガス。
e0061902_14532580.jpg
今回は焼き方も塩加減もちょうどよかった。

当然(写真を見てお分かりのように)普通の日本人は一人前を完食できない。すると残りを持ち帰ることになる。

お楽しみは、残ったステーキ肉を使って、ガーリック ステーキ ピラフを作ること。ずいぶん前に、虎ノ門のホテル オークラのレストランで食べたビーフ ピラフが忘れられず、家で再現してみようとしたところ、このステーキ肉の残りでやったら完璧だったのだ。

材料:ステーキの残りをさいの目切り、付け合せのアスパラガス、青ねぎ、にんにく、ごはん、バター

作り方:フライパンを熱し、油を引いてにんにくをいれ、ステーキ肉を加えて香ばしく炒める。青ネギとアスパラも加え、さらに炒める。ご飯を加え、塩、こしょう(多めに)、バターで味付け。できあがり~。
e0061902_15354.jpg
サイコーっにうまいです。もうコレステロールで死んでもいいと思うくらいおいしいです。
[PR]
by seattleokami | 2006-04-27 14:52 | American | Comments(7)
Redmond 店しか行ったことがなかったので今回はシアトル ダウンタウンにある Typhoon! を初めてトライ。
内装はこんな感じ。
e0061902_1442898.jpg

前菜の盛り合わせ。
e0061902_1452392.jpg

Curry Roma - 海老とホタテの水餃子にココナッツ カレー ソースをかけたもの。カレー ソースと魚介類が合う。餃子の皮は粉ものが苦手な私にはちょっとモチモチしすぎだったけど。ちなみにワカメに見えるのは、揚げたバジルです。
e0061902_1471676.jpg

そして Award Winning だというスパイシー アスパラガス。かなり辛い。
e0061902_148628.jpg

正統派のタイ料理ではないが、フュージョン系としてはまあおいしいのではないかと思う。ただ、値段はちょっと高め。上のメニューにドリンク数杯で、2人で100ドル弱。

Typhoon! シアトル ダウンタウン店
http://www.typhoonrestaurants.com/
[PR]
by seattleokami | 2006-04-26 14:08 | Thai | Comments(4)
「きょうの料理」からのレシピ。
e0061902_15123671.jpg

材料: ゆで卵(半熟が好み)、味噌、砂糖、ヨーグルト
作り方: 味噌、砂糖、ヨーグルトを混ぜた味噌床に殻をむいたゆで卵を入れて8時間。これだけ~。

七味をかけて酒のつまみにぴったりじゃないか。この味噌床は意外とマイルドで、いろんな材料で試してみたら楽しいかも。

納豆チヂミに続く卵のバリエーション、定番になりそうな予感です。お酒がなくてもおいしい。たぶん、ご飯に乗せてもいけそうです。本には2~8時間と書いてあるけど、丸一日つけとくとしっかり味がついて美味!
[PR]
by seattleokami | 2006-04-25 15:07 | うちごはんレシピ | Comments(2)
野菜の宅配で届いたさや付きのグリーンピース。さっそくご飯と混ぜてみました。
e0061902_14222499.jpg

作り方: 酒と塩をちょっと入れてご飯を普通に炊く。豆は別にゆでて炊き上がったご飯に混ぜたほうが色がきれいに出ると思う。

宅配の箱にカリフラワーも入ってたのでそれも添えて、春っぽい食卓になった(今日だけたまたまだけどー)。
e0061902_14265124.jpg
カリフラワーと納豆のレシピは次の日記で。
[PR]
by seattleokami | 2006-04-24 14:22 | うちごはんレシピ | Comments(0)
私のパーティ メニューの定番、海老トースト。日本のレストランで食べた点心がとてもおいしくて、想像しながら家で再現してみたらいいセンいけたので、それ以来何かあると作っている。とてもシンプルな材料と作り方で驚きのうまさ。
e0061902_4325624.jpg


材料:生の海老(ブラックタイガーでも白海老でも何でも可)1-1.5パウンド、卵白1個、片栗粉、塩、こしょう少々、日本の薄切り食パン、白ゴマ、キャノーラ油 (この分量で食パン4枚分くらい作れます)

作り方:海老の殻と背ワタを取り、片栗粉をまぶしてよくもみ、よごれと臭みを取る。洗い流して水気を拭いた海老をフードプロセッサに掛けるか包丁でたたいて荒めのペースト状にする。卵白、塩こしょう、片栗粉を加えちょっと粘りが出るまでよく混ぜる。耳を切り取ったパンに、真ん中が高くなるようにペーストを塗りつけ、白ゴマを振って、キャノーラ油で揚げる。最初から火を強くするとパンが焦げるので、少し低めの温度から徐々に強火に。

揚げたパンを4つに切ってできあがり。
e0061902_4365982.jpg
ビールが進むこと間違いなし。
[PR]
by seattleokami | 2006-04-23 04:28 | うちごはんレシピ | Comments(6)
宇和島屋でピーパリを見つけた。
e0061902_14304562.jpg
25年ぶりに見たそのパッケージは昔のままで、カシューナッツ入りというのも変わらない。一箱に1個か2個しか入ってないカシューナッツを見つけたときは、子供心に興奮したものだ(さて、写真の中でカシューナッツはいくつあるでしょう)。
e0061902_14575859.jpg


ピーパリといえば思い出すのは。高校生のときに付き合っていた彼が好きになった相手が私の友達だった(このとき既に演歌の花道をいってましたね、私)。彼女は日本人離れした濃い顔立ちで、フランス人形のようだった。女の私が見てもためいきが出そうになるほど可愛かった。その彼女がやっぱり可愛い丸文字でしたためたざんげの手紙がある日私のくつ箱に入っていて、その一節にこうあった。

「こんなにひどいことをしているのに、こうやってピーパリを食べてテレビなんかを見ている。私、なにやってんだろう、って思った。」

それ以来、ピーパリは、カシューナッツを見つける楽しみよりも、丸文字で綴った「ピーパリ」という言葉として頭に刻まれてしまったわけなのです。

そしていまピーパリ食べながら書いてるし。んまいね、ピーパリ。カシューナッツじゃないやつのほうがおいしい。
[PR]
by seattleokami | 2006-04-21 14:40 | 食べもの日記 | Comments(6)
たまたま「大関の酒かす」というブランドもの(?)があったので、かす漬けを作ることにした。

材料: 板状の酒かす、日本酒、みりん、砂糖
作り方: 酒かすを日本酒でのばしながらもみほぐし、みりんを加えてすり鉢で滑らかになるまで混ぜる。タッパーに鮭を入れ、酒かすで覆って3日間冷蔵庫へ。ガーゼなんかは使わない。

焼くときは魚を水で洗わずペーパータオルで拭きとって。
e0061902_1520272.jpg

子供向けには砂糖を多めにしたほうがいいかも。あと、脂身の多い魚のほうがよりうまみが出ると思われる。

鮭のかす漬けは正解でした。特に腹身の部分の脂がちょうどよく出ていて、おいしかった。自分の中で流行りそうな予感。

この間の水銀調査の結果で、日本で定められている標準値よりは低かったものの、アメリカの標準よりはやはり水銀の値が高かった。トロとはかなり長い間お別れだ。もともと好きな青魚や鮭をもっと食べるように、がんばります。
[PR]
by seattleokami | 2006-04-20 15:17 | うちごはんレシピ | Comments(15)