ブログトップ

今宵のサカナ (復活)

kozumon.exblog.jp

シアトルのレストラン レビューや旅先で食べた料理、小耳に挟んだ食べ物雑学など、とりあえず食に関するネタを中心に書いてます。最近はレストラン レビューがめっきり減ってしまいましたが、おうちで作れる簡単おいしいごはんの紹介をメインにしたいなと思っています。

<   2006年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

大人5人、子供1人でベルタウンの斉藤に集まった。

ネタの種類が多く、特にヒカリモノが豊富で新鮮な魚が食べられるというので私が勧めた店だ。

わさびとしょうゆが食べられないフランス人のために、刺身盛りを頼んだ。そしたらさび抜き、醤油抜きで魚が食べられるし。
e0061902_16111316.jpg

写真の通り、ネタはどれも新鮮でとてもおいしかった。こはだやキスのしめ具合といい、トロの脂の乗り方といい、うにの甘さといい。

が、問題は、大人5人のところに、8人分の刺身盛り(写真の皿が2皿)が運ばれてきたのだ。確かに8人で席を予約したよ。でも見れば大人5人しかいないでしょう。頼むときに、何人前で、と言わなかった私にも責任があるので、今も心苦しいのだけれど、でも、最初に確認してほしかった、と思うのはわがままでしょうか。

すでに2皿できあがっているし、返すのも悪いので、別に寿司飯を頼んでちらしみたいにして食べることにした。それもそれで大変おいしかった。

衝撃だったのは、お会計。上の写真の刺身盛り、90ドル。2皿で180ドル。みんな大人なので、冷静に払ってくれたけれど、この店を紹介した私としてはとても責任を感じている。みなさん、ごめんなさい。

ここはおいしいお店です。ただ、刺身盛り合わせを頼むときはあらかじめ予算と人数を確認したほうがよいと思われます。
[PR]
by seattleokami | 2006-03-30 16:11 | Japanese | Comments(7)
会社のカフェテリアではよっぽどのことがないとランチを買わない(弁当を忘れたとか、猛烈におなかが空いて食べるものがないとか)。実際にカフェに行ってみても、食べたいものがなくて同じところを何度もぐるぐる歩き回ってしまう。

が、インド料理が出るときだけは別。しょせん社員食堂だから期待できないと分かっていても、インド料理コーナーを素通りできない。

インドカレーとバスマッティ ライスの組み合わせ。頭に描くだけでじゅわんとパブロフの犬症状が起こる。

というわけで、野菜カレーをセレクト。
e0061902_15171492.jpg

ああ写真を見ただけでムズムズしてくるし。

うちの会社はインド人が多い。ので、必然的に、カフェのメニューにもインド料理が出たり、会社の周りには、ハイ クオリティのインド料理バイキングを出すレストランが多い。インド料理のバイキングなら和食と一日おきで食べてもいいくらい、好き。

だめ。写真を見てしまったのでまた近いうちインド料理を食べないと気がすまなくなる~。
[PR]
by seattleokami | 2006-03-29 15:19 | 食べもの日記 | Comments(6)
手抜きメニューのお気に入りシリーズ、今日はキャベツです。

何を改まって、と思われるかもしれないが、「キャベツの塩コショウ炒め」は目からウロコのおいしさだ(と私は思います)。

材料: キャベツ
作り方: フライパンに油をたっぷり引いて高温で熱する。ざく切りにして水を切ったキャベツを入れて炒め、塩と胡椒を振ってさらに30秒ほど炒めてできあがり。
e0061902_1515185.jpg

おいしく作るコツ(私流):
- キャベツ以外の野菜は混ぜない。
- フライパンを高温で熱し、油から煙が出る寸前までがまんする。ぬるいうちにキャベツを入れると、水っぽいおひたしのようになってしまう。
- 油はたっぷりめに。胡椒はあらびきがおススメ。
- キャベツに少し焦げ目が付き始めたら、キャベツの水分が出はじめる前に火を止める。キャベツにまだパリパリとした(Crunchy な) 歯ごたえが残っているくらいがちょうどいい。

ごはんの上に乗せて食べても、ビールのつまみにしてもよし。

今回はほうれんそうの胡麻和えも作った。手抜きで瓶入りの練りゴマを混ぜる。和風だし醤油(自家製)、すりごま、みりんを加えて、ゆでたほうれん草と混ぜて出来上がり。
e0061902_15213590.jpg

[PR]
by seattleokami | 2006-03-28 15:18 | うちごはんレシピ | Comments(6)
アメリカのケーキはしょっぱい。甘いけど塩味もするのだ。

以前、アメリカ南部料理をテーマにしたパーティでデザートを担当することになり、困って 「南部っぽいデザートって何~?」と聞いたら「レッド ベルベット ケーキ」と断言されたため、ネットでレシピを調べて作って以来、アメリカ人にはいつも好評なので、困ったときのレッド ベルベット ケーキ、になっている。

e0061902_15275012.jpg
e0061902_15281061.jpg


レッド ベルベットのレッドは見ての通り、食紅をボトル一本入れるのでココア スポンジが赤くなるため(今回はいつもより食紅を少なくしたけど、本来はもっと赤く見える)。ベルベットは、スポンジのしっとり感を表現しているのだけれど、この質感を出すために、何と酢を入れる。

そしてアメリカ人は何よりクリーム チーズ フロスティングが大好き。このケーキがアメリカ人受けするのも不思議はないか。しかもしょっぱいし(ビールのつまみにもなります)。

今日は、招待されていた Miwako さんのお茶会に参加できなくなってしまい、昨日作ったケーキだけ差し入れてきた。考えてみたら、繊細な舌の日本人の方たちにこのケーキはちょっとがさつだったかな、とちょっと後悔。
[PR]
by seattleokami | 2006-03-27 15:32 | 食べもの日記 | Comments(6)
シンプルで、野菜の本来の味をきちんと楽しめる、簡単で超おいしい料理です。しかも冷蔵庫のお掃除もできてあら~一石二鳥。

冷蔵庫にある野菜をかたっぱしから集めてすべてざく切りにする。

今回使った野菜 - ブロッコリ、たまねぎ、ズッキーニ、芽キャベツ、ピーマン、ジャガイモ、にんにく。そしてベーコン(なくても全然OK)。
e0061902_14234157.jpg
塩、こしょう、オリーブオイルをたっぷりかけ、野菜をよく混ぜる(手で混ぜるのがベスト)。

オーブンで30分ほど焼いたらできあがり。ゆでてオリーブオイルであえたスパゲティと一緒に盛り合わせて、野菜のグリル スパゲティ添えのできあがり。
e0061902_14253439.jpg


作り方はきわめてシンプルだけれど、これほんっとにおいしいの。かぼちゃやサツマイモがあるときはそれも入れるとなおよし!キャベツもOK。コツは塩コショウとオリーブ オイルを惜しまずたっぷり入れること、かな。最近野菜のおいしさが身に沁みるようになったということはやはり大人になったのですね。
[PR]
by seattleokami | 2006-03-25 14:27 | うちごはんレシピ | Comments(3)
最近、サバづいております。

陶芸のクラスで帰宅が遅くなったので昨日と同じ納豆オムレツ(またはチヂミ)を作ったけれど、ちょっと物足りないので、冷凍室にずっと眠っていた鯖の一夜干しをオーブンで焼いた。
e0061902_1628762.jpg

なんておいしいんだろう。脂が乗って香ばしい。大根おろしもっと作ればよかった。最高のコンビネーションだね。おかげで胸にもたれないし。半身だけにしようと思ってたのに、全部食べてしまった。シアトルで手に入る生のサバはほとんどノルウェー産。おいしいんだけど、時々脂っこすぎて胃もたれする。この一夜干しは伊豆産。日本からの輸入物だった。やはり。


すし屋に行ってもヒカリものばっかり頼んでしまう私なのに、どうしてコレステロールが高いのか?!
[PR]
by seattleokami | 2006-03-24 16:30 | 食べもの日記 | Comments(11)
さて、ご好評にこたえて、ちょっと恥ずかしい自分だけの B 級グルメ第2弾です。

今晩は納豆オムレツもしくはチヂミのようなもの、を作りました。会社から疲れて帰ってきて何もしたくない、でもビールのつまみが欲しい、と思ったときに発案して以来、、しょっちゅう私のさびしい食卓を飾っています。

同じ会社に勤めている元同僚で、なぜか食事だけは極貧生活を送っている Y 氏にも昔レシピを教えてあげたことがあるんだけど、作ってみたのだろうか。

材料は、卵1個、ミニ納豆1パック、青ねぎ小口切り、白ゴマ。以上。
e0061902_1612180.jpg


納豆に付いて来るタレと上の材料を全部入れ、卵が白っぽくなるまで力強くかき混ぜる。この時点でかさが2倍くらいに増えるはず。

熱して油を引いたフライパンにこの材料を流しいれ、パンケーキを作る要領で両面焼く。
e0061902_1631950.jpg


両面に火が通ったら皿に移し、マヨネーズをかけてできあがり。
e0061902_1641091.jpg


たったあれだけの材料で、かなりボリュームのあるおかずができます。疲れたときはこれに限るね。が、真相は、卵納豆ごはんを食べたいのにご飯がなくて、苦し紛れに作ったのがきっかけだったのだが。
[PR]
by seattleokami | 2006-03-23 16:04 | うちごはんレシピ | Comments(14)
人には言えない、ちょっと恥ずかしいけどお気に入りの食べ物(多くの場合がジャンク フード)って、誰にでもあると思う。この話を何人かとしたらすごく面白いメニューがいろいろ出てきて、そのうち「私だけのとっておき恥ずかしグルメ」特集をやろうかなと思っている。

今日は私の恥ずかしラインナップから、さばの水煮をピックアップ。味噌煮缶もおいしいんだけど、この水煮に大根おろしをたっぷり添えて、しょうゆをかけて食べるのが最高~。
e0061902_14373131.jpg

これ、缶詰じゃないとだめです。フレッシュなさばと大根おろしは文句なくおいしいわけなので。このちょっぴりジャンクさ加減がいいのです。

今晩は、このさば缶をつまみに、残り物カレーに鍋の残りの白菜をたっぷり入れてくたくた煮したものをメイン ディッシュにした。満腹。
[PR]
by seattleokami | 2006-03-22 14:37 | うちごはんレシピ | Comments(5)
West Seattle Bridge を下りたすぐのところに「Luna」という大きなネオン サインが見える。この橋を何度渡ったか分からないのに、ここにカフェがあるなんて気が付かなかった。

ジョニーロケッツというハンバーガー レストラン チェーン(六本木にもある)を知っている人なら想像がつくかもしれない。フィフティーズをテーマにした、ミルクシェークやハンバーガーがメインのカフェだ。ロカビリーやエルビスが好きな人が喜びそうな内装だ。
e0061902_1412790.jpg
e0061902_1445199.jpg

ハッピーアワーにはビールのミニボトル5本セット6ドル、というのなんかもあります。
e0061902_1482436.jpg

そんなビールのお供には、やっぱり、チリ チーズ フライでしょうか。
e0061902_14115875.jpg
本当をいうと、フライドポテトはクリスピーさが命だと思っているので、チーズやソースをかけちゃうとねちょっとしちゃうからあまり好きではないのだが、ビールがたくさん飲めそうなので頼んでしまった。

お年寄りの夫婦がチョコレートシェイクとハンバーガーをゆっくり時間をかけて食べ終わり「ああ、おなかいっぱい。」というのがとてもほほえましく思えるカフェでした。
[PR]
by seattleokami | 2006-03-21 13:55 | American | Comments(3)
トム ダグラス経営のレストランは実は正直言ってそれほど感動したことがない(シアトルに住んでてこれを言うのは結構勇気が要ります)。といっても全店で食べたことがあるわけではないのであまり大きなことは言えないのだけれども。いいセン行ってるけど、詰めが甘いかなっていう印象があって。

が、パレス キッチンは最近行ってみて、メニューが以前より充実しているのに気が付いた。特にポルトガル、スペイン料理の食材が増えていたのがうれしい。

干した塩ダラ -バカリャウを使った料理があってつい頼まずにはいられない。たとえば、バカリャウとソーセージのディップ。
e0061902_15234949.jpg
タラの個性が強いので、ビールよりもワインに合う。アペタイザーにはもってこいです。私のお気に入りメニュー。

ラムのソーセージ、ヨーグルト和えはピリカラ味で、ワインにもビールにも合う。
e0061902_15251850.jpg


ちょっと見直したパレス キッチン。映画の後や夜遅くなったときのディナー リストに加えました。
[PR]
by seattleokami | 2006-03-19 12:29 | Eclectic | Comments(2)