ブログトップ

今宵のサカナ (復活)

kozumon.exblog.jp

シアトルのレストラン レビューや旅先で食べた料理、小耳に挟んだ食べ物雑学など、とりあえず食に関するネタを中心に書いてます。最近はレストラン レビューがめっきり減ってしまいましたが、おうちで作れる簡単おいしいごはんの紹介をメインにしたいなと思っています。

カテゴリ:日本里帰り( 26 )

上海蟹のシーズンに本場の上海蟹を食べるという夢が、父の喜寿祝のおかげでやっとかなった。上海最終日、妹夫婦が私と D ちゃんを招待してくれたのは上海蟹コースが名物の店(店名よろしく >naobon)。
私たちが訪れたのはシーズンの前半で、オスがおいしい季節。後半はメスがおいしくなるそうだ。

まずは前菜から。蟹足の先に詰まってる肉、自分で取る手間が省けてうれしい~。酢の物とあんかけで日本人には安心な味。
e0061902_6484355.jpg
さて出てきました上海蟹のオス。一人2ハイですか。豪華~。妹が食べ方を伝授してくれる。
e0061902_656489.jpg
蟹肉もいいけどやっぱりメインはカニ味噌でしょう。これはオスの味噌だからねっとり感がメスより少ないそうだけど、それでも十分官能的な触感と味。村上龍の料理小説集に絶対出てそうな食材だ。
e0061902_65925100.jpg
とはいっても、やはり蟹というのはそんなに量を食べられるものではないのよね。私は1パイでギブアップ。

しかしこの後妹宅に寄ったら、生きてる上海蟹のメスがあいさん(メイドの人)によって調理されていたのがあって、いもうとダンナいわく、絶対メスのほうがおいしいから食べてみろという。おなかははちきれそうだったけど好奇心の誘惑には勝てず、卵がぎっしり詰まったメスの味噌を味見。うわっ。濃いっ。これはオスとは違うわ~。一晩でオスメスの上海蟹を文字通り堪能した夜だった。妹&S さんに謝謝。
[PR]
by seattleokami | 2009-11-12 06:48 | 日本里帰り
上海滞在3日目、妹が本格四川料理の店を予約してくれた。シアトルでも四川料理好きな私。どんな料理が食べられるかわくわく。この日のメンツは妹夫婦、その友人のKさん、上海在住の私の元上司 S, D ちゃん、私の6人。

しょっぱなの前菜(豚の耳、山菜のつまみ)から辛い。そしてシアトルでは見たことないような料理が続々と。とにかく唐辛子と山椒の量がハンパじゃない。こうやって思い出して書いているだけでも鼻に汗かいてきたし。

まずはお茶を注ぐパフォーマンスから。ぱちぱちぱち。
e0061902_95344.jpg
ゆで豚の辛味ソース。かなり辛いけどまだ大丈夫。これかなり気に入ったかも。
e0061902_9535654.jpg
きくらげの辛味炒め。
e0061902_9552438.jpg
そしてこれ私の好物の重慶チキン(っていうのか)なんだけど。鶏肉が唐辛子と山椒に隠れて見えない!かなり舌がじんじんしてくる。
e0061902_10728.jpg
おなじみの麻婆豆腐。でも辛い。しかも辛味は山椒から。
e0061902_1095245.jpg
これは一見スープに見えるけど実は煮えたぎった揚げ油。そこに白身の魚を落として余熱で調理するというもの。肴自体はそれほど辛くないので食べやすい。
e0061902_1013574.jpg

もうこの頃には実は舌が麻痺して味が分からなくなっていたのだった。最後に出てきたスパイシー ビーフに至ってはおなかもいっぱいで舌もじんじんで、味の記憶がない。おいしかったと思うんだけど。
e0061902_1023514.jpg
e0061902_10242726.jpg

しかし真の苦行はこの後真夜中に襲ってきたのであった。。。。文字通り、のたうちまわりました。

でも四川料理、のど元過ぎるとまた食べたくなるのよね~。いやいや、貴重なおいしい体験でした。店の名前分からないです。知ってたら教えて >naobon

追記:
(naobon より)
店の名前:「巴国布衣」(バーグオーブーイー)
http://www.baguobuyi.com/(中国語)
[PR]
by seattleokami | 2009-11-05 09:45 | 日本里帰り
ご無沙汰しました。上海&東京の旅から戻りました。肝心なところ(父の喜寿祝や築地の寿司屋)でカメラを携帯していなくてブログ的にはハズシまくりな今回の旅行でしたが、とりあえず手持ちの写真からアップしていきます。

業務連絡:写真送ってください > 家族のみんな

上海初日は妹宅に泊めてもらった。次の朝起きてみると妹が近くの店から朝食を調達してきてくれていてさらに自家製のできたて豆乳まで。お肉&大根たっぷりな肉まんとあったか豆乳おいしかったよ。ありがとう>naobon
e0061902_8205564.jpg
e0061902_82117100.jpg

[PR]
by seattleokami | 2009-10-29 08:19 | 日本里帰り
前回チャンスがなくて会えなかったKちゃんと今回は絶対会いたくて、お互いの時間をやりくりして待ち合わせたのが西荻窪駅前。実は私は日本のファミレスに行けるのをすごく楽しみにしてて、正直にそういったつもりが K ちゃんはひたすら申し訳ないと普通の食事処を探そうとしてくれたみたい。でも午前11時にあいてるのはやはりファミレス。それに私はやっと念願かなってすごくワクワクしてたので、じゃあということでジョナサンへ。

最後にファミレスに行ったのはもう何年も前。そんな私にいろんなドリンク飲み放題のドリンクバーは衝撃だった。だって本格的なお茶から野菜ジュースからとにかく何でもお代わりし放題。これはもう好きなだけ長居してくださいって太鼓判を押されてるようなものだよね。料理が来る前におなかがぶがぶになっちゃったけど(笑)。

そして料理のメニューがまたどれもおいしそう。K ちゃんと近況報告で盛り上がっている間もメニューから目が離せない。悩みに悩んだあげく決めたのが、「たらこスパゲティ」。ああこれこれ、日本のスパゲティだ。ファミレスでもアメリカの普通のイタリアンレストランよりおいしかったりするんだよ。アルデンテはデフォルトだし。
e0061902_13293866.jpg


そんなこんなで楽しいひとときはあっというまに過ぎてしまい、ジョナサンの看板の前で写真を撮ってもらって別れた。K ちゃん、次回もファミレスでお願いね :-)
[PR]
by seattleokami | 2009-05-15 13:24 | 日本里帰り
といってももう半月たってしまった(4月22日)。
たまたま妹宅に滞在してた私が、忙しい妹夫婦に代わってバースデー ディナーを担当。洋食希望という妹のリクエストに応えてテーマはイタリアン。イタリア料理の食材を揃えるべく買い出しに出かけたものの、やはり材料がなかなか見つからない&高い!どなたか東京近辺でイタリア食材を買えるリーズナブルなお店(紀伊国屋、明治屋以外)をご存じだったらぜひ教えてください。

前菜はいつものホタテのカルパッチョと赤ピーマンのカポナータ。それにトミノチーズのグリル パンチェッタ&洋ナシ添え。意外なことに小学5年のHがチーズを気に入ったようで半分ほどひとりで食べてしまった。

メインはパスタ3種。子供たちにはフッシーリのミート クリーム ソース。
e0061902_7563318.jpg

大人用。スパゲッティ プリマヴェーラ。春野菜をふんだんに使って(そら豆、グリンピース、アスパラガス、いんげん、にんじん)。塩バター味。日本の四季ってすごい。旬の野菜ってすごい~~~。
e0061902_7574355.jpg

そしてお得意のブカティーニ アマトリチャーナ。このブカティーニ、探しました~。結局高島屋にある Peck で調達。
e0061902_759198.jpg


最後はパパが買ってきたビゴの店のケーキ。小学2年の J がピアノを弾きみんなでハッピーバースデーを歌う。
e0061902_805261.jpg


鬼のように作ったパスタは次の日のお弁当にしてもらいました。今度はスモークサーモンのクリーム ソース、試してみてね>ちーぼん
[PR]
by seattleokami | 2009-05-09 04:04 | 日本里帰り
いつもならはりきって駅弁を買うんだけど、今回はやはりちょっとパワー不足。それでも奮発して崎陽軒の『特製』シュウマイを購入。いやただ単に特製だと何が違うのかなと興味があっただけで。
e0061902_14373768.jpg
で食べてみて、何が違うかというと大きさだけではないかと。もしかして肉の量も少し多いかもしれないが。でも普通のシュウマイの2倍以上の値段はするのできっと肉質も違うはず、と思いたい。

これは盛岡からのバスの車窓から撮った岩手山。登ってみた~い。
e0061902_14405461.jpg

[PR]
by seattleokami | 2008-12-17 14:41 | 日本里帰り
現在テキサス在住の YummieD ちゃんが、たまたま私の帰国時に東京にいるという。これはもう「アレ」の再現やるっきゃないでしょう。

彼女とはもうかれこれ15年来の付き合い。私が某語学学校Bリッツで企業契約向けセールスを担当しはじめたあたりに大宮校セクレタリーだったYummieD ちゃんとひょんなことで意気投合し、すぐ仲良しになった。当時の私のオフィスは赤坂(アメリカ大使館隣)。気が付いたら、帰りにちょっと一杯いきますか仲間になり、オーストリア人Gさんとともに飲んだっけねーよく。そしてその極め付けが「天狗」。原材料がイマイチ不明なワインを飲み「I am happy~~!」 と酔いつぶれた YummieD ちゃんを駅のホームまで送り届けた夜。あの頃に戻れないのは分かっているが。

そんな感傷にちょっぴり浸りつつ、東京での再会に胸を躍らせ、まずは入ったのがなつかしい Kirin City (言っておきますが私はサッポロ ライオン派)。
e0061902_16593825.jpg
タラモ サラダにほうれん草サラダ。とっても80年代しています。
e0061902_1704645.jpg


さて次は本命の「天狗」 15年前を思い出し、ウエイターのお兄ちゃんについこんな質問をしてしまう「天狗のビールって今でも水で薄めたみたいややつなんですか?」 中国人らしきおにいちゃんは「いえ、違います。どうぞ飲んでみてください。」ふん、なかなか普通の味じゃないか。水よりまずかった記憶があったけど。
そしておつまみ。正直言ってなかなか見直してしまった。がんばってるじゃん。これならまた来るよ~天狗。定番のサイコロ ステーキも健在。うまい。
e0061902_1771019.jpg
焼き鳥も悪くないし。
e0061902_1783431.jpg


この後、卵かけご飯を食べたいという YummieD ちゃんのためにもう一軒ハシゴをして、
e0061902_484932.jpg
最後はやはり王道のカラオケボックスでしめた。これだよこれ。日本ってほんと素敵。お金があれば。こうしてセンチメンタルな居酒屋ハシゴナイトは幸せに終わった(傘失くしたけど)。YummieD ちゃん、楽しかったね。またやりたいね。
e0061902_17123531.jpg

[PR]
by seattleokami | 2008-12-13 17:01 | 日本里帰り
私がぜひ食べたいとリクエストした日本のケンタッキー。アメリカのやつは気持ち悪くて食べられないんだけど、日本のはなつかしいのも手伝ってどうしても食べて帰りたかった。
e0061902_13454941.jpg
写真の右奥がそうなんだけど、分かりにくいね。でもおいしかったっす。

子供たちに好評だったポンテケージョ(手抜きでミックスを買ってきた)も作りミートボールもサービスして最後の夜は更けた。
[PR]
by seattleokami | 2008-04-23 13:54 | 日本里帰り
ショウウインドウを覗いただけ。ちょっと写真も撮ってみたり。

オリジン弁当ってすごい昔に自分で詰めるお惣菜を買ったことはあるけどお弁当もこんなに充実してるんだねー。しかもほっけ弁当なんて渋いメニューが550円?かなわんなー(ちなみにこのロウ細工よくできてるね)。
e0061902_9475973.jpg


この手のお弁当といえば、かつてほっかほっか亭が登場したときは衝撃だった(当時高校生)。安くておいしいって思った。いつものり弁、お金があるときは焼肉弁当で。でものり弁安すぎて不思議だった。

今回はかっぱ橋には行ったもののお弁当容器は重くてあきらめたのだった(それより重い瀬戸物や漆器で荷物いっぱいになっちゃって)。ゴロがいいせいかなぜか気になるオリジン弁当。ちょっと食べてみたかったな。
[PR]
by seattleokami | 2008-04-15 09:48 | 日本里帰り
妹の家では今ルッコラ/ロケット/アルグラがブームだった。そしてフラックスオイル(亜麻仁油)も流行っていた(笑)。そこでこのサラダが食卓にしょっちゅう上がっていた。この日は、私が以前アメリカからしょっていったルクルーゼでグリルしてくれたチキンのルッコラ サラダ。フラックスオイルをドレッシング代わりにかけていただきます。
e0061902_9355222.jpg
そしてサーモンのマリネと鯵のたたき。おいしゅうございました。ありがとう。
e0061902_9371759.jpg
e0061902_937536.jpg

[PR]
by seattleokami | 2008-04-15 09:37 | 日本里帰り