ブログトップ

今宵のサカナ (復活)

kozumon.exblog.jp

シアトルのレストラン レビューや旅先で食べた料理、小耳に挟んだ食べ物雑学など、とりあえず食に関するネタを中心に書いてます。最近はレストラン レビューがめっきり減ってしまいましたが、おうちで作れる簡単おいしいごはんの紹介をメインにしたいなと思っています。

カテゴリ:おにぎりハイキング( 12 )

初めてのトレイルだったけど、今年一番のヒットです!

理由:
シアトルから近い(トレイルヘッドまで1時間ちょっと)、距離が手頃(滝に寄らなければ7マイルちょっと)、勾配が適度にきつくて楽しい(あくまでも超個人的な感想)、途中にある滝 Bridal Veil がめちゃくちゃ気持ちいい、湖に着いたら飛び込んで泳げる、等。

メインのトレイルから外れて半マイルほど、結構急な階段をずーっと登っていくと、岩に沿って流れ落ちる Bridal Veil Fall に出る。それまで暑さでぐったりしていた体に細かい水しぶきのシャワーを浴びるとすご~い気持ちいいっ。滝の勢いから起こる風でちょっとよろけそうになりながら足をふんばってしばらく水遊びを楽しんだ。
e0061902_833132.jpg
トレイルはところどころ木の階段になっていて登りやすいが勾配は結構急だ。でもわたしは途中でハイになっちゃってなんだかどこまででも登って行けそうな気になってしまい、意識して速度を落とさないといけなかったくらい。

でやっと湖に着くと、子供や学生らしきグループが大きな岩から次々湖に飛び込んでいる。これ見たら私も飛び込みたくてうずうずしてきた。でも高い位置からはさすがに怖くて飛べないので水面近くまでずるずるとずり下がって至近距離まで近づいてからジャンプ(しかも腹から)。水は冷たいけど泳げないほどじゃなく、汗ばんだ体がクールダウンしていく感じはとってもいい気持ち(でも続けて1分が限界だけど :-))。水から上がると濡れた服もわりとすぐ乾くので調子に乗って2回目じゃ~んぷ(笑)。
e0061902_842383.jpg

さすがにちょっと体が冷えてきたので、ぬくい岩に腰をおろして熱々の番茶ともちろん鮭のおにぎりで腹ごしらえ。いや~極楽極楽。
e0061902_8523398.jpg


子供も子供みたいな大人も犬も楽しめる夏ならではのハイキングコース。気に入りました~。

http://www.trails.com/tcatalog_trail.aspx?trailid=HGW309-042
[PR]
by seattleokami | 2009-08-06 08:13 | おにぎりハイキング | Comments(5)
90度を超す暑さが続く日曜日、またもやその場の思いつきで Denny Creek にハイキングに出かけた。渓流や滝や湖や、いろんな景色が楽しめるという理由で選んだんだけど、去年の景観とはずいぶん様子が違ってた。川に水が流れてない!滝から水が落ちてない!
e0061902_3113358.jpg
終点の湖でも去年の同じ時期にあんなに残っていた雪がすっかり消えている。(おにぎりの代わりにファラフェル サンドイッチになってるのは気にしないでね)。今年は猛暑(?)なのか?
e0061902_0165660.jpg

しかし、今年劇的に違ってたのは自分の体力。エネルギー有り余って登りなのに走っちゃったくらい。しかも全体的にかなり速いペースで進んだので9マイル歩いたとは思えないくらいさく~っと終わってしまった感じ。もちろん D ちゃんは違う感想を持ってるはずだけど(笑)。なんか去年を思い出してしまったよ。
いや~マラソンってすごいね。今年の夏は Granite Mountain & Mailbox 制覇できるかな。。。
[PR]
by seattleokami | 2009-07-29 00:11 | おにぎりハイキング | Comments(2)
コンピュータおたくの友人 Chris(でも実は有名人) からメールが入る。「Rattlesnake Ridge ってきれいなんだって?」「きれいだよ~アクセスいいし気持ちいいよ。」でも、あなたアウトドア嫌いだよね。お日さまも嫌いだよね。ましてや汗かいたりするの大嫌いだよね。何を血迷ったかハイキングをやってみたいという彼のために、金曜のお昼どき、仕事抜けて今年初のハイキングに行くことになってしまった。Rattlesnake は簡単だし初心者にはいいかもね。

ちょっと雲行きの怪しいお天気が気になったけど、Chris はどうせ日差しが嫌いだし、強行することにした。ちゃんと鮭のおにぎりと番茶ポット用意して。万が一おにぎりが好きじゃないときのために卵サラダサンドも作る。天気も途中から晴れてきて私にはうれしい限り。写真 by Chris with iPhone.
e0061902_540444.jpg


ふたを開けてみたら結局 Chris が YouTube ビデオにアップしているネタビデオの撮影係になってる自分。。。今回のテーマは、外に出たことのないオタクがアウトドアに挑戦、みたいな感じで。できあがったビデオはこれです。
http://www.youtube.com/watch?v=TlnZEOgmdG4

でもなんだかんだいって久しぶりに Chris に会って楽しかったし、これで遅まきながら今年のハイキング シーズン始まりました。
e0061902_5544198.jpg

[PR]
by seattleokami | 2009-07-28 05:40 | おにぎりハイキング | Comments(2)
実はこのトレイルに行ったのは2回目。ずいぶん昔Y子夫妻たちと登ってお昼を食べたのを思い出し、この週末天気がよくて Mt Rainier が見たくなって計画もせずに Pinnacle Saddle/Plummer Peak に出かけた。

このトレイルは往復3マイルと短いけれど、勾配は結構あってそれなりに汗をかく。そして何よりも登っている間、ずっと Mt Rainier の景色を楽しめるのがいい。
e0061902_12275388.jpg


この日は突然思い立ったのでおにぎりを作る暇がなく、残り物のスパニッシュ オムレツもどきで写真を撮ってみた。一応三角なのでね(汗)。
e0061902_122824100.jpg


山の風がとっても気持ちいい。レーニア山を真正面に眺めながら昔の地形を想像しているうちに時間が過ぎる。

距離的にはちょっと短いけど眺めがいいので満足感大。よかったです。
[PR]
by seattleokami | 2008-09-17 13:13 | おにぎりハイキング | Comments(0)
天気予報で90度を超える暑さになると言われた土曜日、同僚D&Aさんそして新入り(?)のT さんと Kendall Katwalk に挑戦した。往復12マイル強、7時間の長いハイキング。天気のこともあって自分がついていけるかどうか心配だったけど、終わってみると、トレイルの難易度は思ったほどではなかった。が一言「長い!」コースのハイライトはもちろん切り立 った崖に沿って伸びる細い道(Kendall Katwalk)。e0061902_13495076.jpge0061902_13504915.jpg
片道6マイル強を歩ききると Ridge Lake という小さい湖に出た。ここが一応終点。湖に足を入れてみたらあまりに気持ちがよく、つい服のまま飛び込んで泳いでしまった。水は冷たかったけど気持ちよかった~。私につられてA さん D さんも飛び込んだが T さんはビデオ撮影に専念していた(笑)。
e0061902_13533920.jpg
e0061902_13543775.jpg

この日のおにぎりは、塩鮭、焼きたらこ、生たらこ、高菜梅のお4種類。

長いコースを歩き切った満足感はもちろんあるが、ちょっと単調で飽きるかも?という気もした。まあ終わった後のビールのうまさはいつもと同じで最高だったけどね。
[PR]
by seattleokami | 2008-08-18 13:44 | おにぎりハイキング | Comments(7)
オリンピック半島でのハイキングはハリケーン リッジ手前の Obstruction Point から Grand Lake という湖まで谷を降りて行くコースに決定。往復7マイルだし楽勝かな~と思ったのはかなり間違いだった。急勾配の登り坂は二日酔いの体に容赦なく挑戦してきたけど、オリンピック カスケードの眺望はそんな辛さも吹き飛ばしてくれた。
e0061902_9191142.jpg
e0061902_9194898.jpg

さて、やっと目的地のGrand Lake に着いたらお約束のおにぎり。具は前の晩に焼いた鮭。下の写真は P さん撮影のもの。
e0061902_945716.jpg
そして私撮影のグループおにぎり。
e0061902_946209.jpg

とても心に残るトレイルだった。二日酔いを押して行ってよかったよ~~~。

ハイキングの詳細はPさんのブログにて。
[PR]
by seattleokami | 2008-08-14 09:15 | おにぎりハイキング | Comments(3)
今回は P さんも参加して同僚4人で難易度中(Moderate)のコースに挑戦。朝8時半に Eastgate から東をめざし、9時半にはトレイルヘッドを出発する。往復9マイル、5時間のハイキングだ。ネットのレビューを読むと一週間前にはまだ雪が深くてトレイルが見えなくなっていた様子。ちょっと不安だったけど行けるところまで行ってみようということになったのだ。

確かに途中雪が多くて道が分からず何度か迷いそうになったけれど雪の上の足跡をたどりながらやっと湖に着いたときは何ともいえない開放感!湖は3分の2ほど雪に覆われていたけどおにぎり写真は撮りました。
e0061902_4363616.jpg


熱いほうじ茶と一緒におにぎりをたらふく食べ、日向ぼっこしながらまったりする。幸せをじっくりかみしめて。

このコースは景観がバラエティに富んでいるので歩いていても飽きない。
e0061902_44044.jpg


しかし何といっても下山後に飲む一杯の冷たいビール。何も言うことはありません~~。

夜はお疲れさまBBQをやってさらにまったり。充実の一日だった。

Denny Creek to Melakwa Lake
http://www.wta.org/~wta/cgi-bin/wtaweb.pl?3+tg+fetch+english+1021
[PR]
by seattleokami | 2008-07-14 04:32 | おにぎりハイキング | Comments(7)
恒例の(自分の中でだけだけど)おにぎりハイキング、去年はまったく行けなかったので今年はぜひ再開したいとおにぎり作りにも気合いを入れていた。

同僚のA さん D さんと朝10時に出発。お昼におにぎりを食べられるようにという私のわがままで。。。。それが災いしたのか、てっぺんに着いたら周りは霧、霧で何も見えない。それでも結構混んでいたけど。

今日のおにぎり。鮭(Copper River Salmon の塩鮭)のパリッとおにぎり。カッパ橋で買ったフィルムを使用。日本のデパ地下で買った海苔がおいしいっ!鮭ももちろん。
e0061902_13493751.jpg
e0061902_13503250.jpg
こっちはこしっとりおにぎりで中身はからし高菜の混ぜご飯。がからし高菜の味付けがイマイチで不本意。
e0061902_13523347.jpg

往復6.5マイルのトレイルを下りたとたんに太陽がのぞく。陽だまりの中で飲むビール。最高~。

今年は順調にコースを増やして行きたいな。
[PR]
by seattleokami | 2008-06-15 13:53 | おにぎりハイキング | Comments(5)
今回は Mt. Baker 国立公園内にある Walt Bailey トレイルを経由して Cutthroat 湖に行くコースを選んでみた。Washington Trail Association の情報によると難易度は中。距離は往復8マイル。5~6時間のコースというのでちょうどいいかなと思ったんだけど。。。

ハイジが出てきそうななだらかな道もあるかと思えば、一段登るのに両手をついてよいしょっと勢いつけないと登れない大きな岩、急勾配の上り坂、岩だらけの道なき道が続き、かなりきつかった。しかも水を十分に持っていかなかったので、途中から大事にひとくちずつなめるように飲み、脱水症状に近い感じにもなってしまった。


こんな草原を歩くときは鼻歌も出るけれど。
e0061902_132495.jpg


ダリのだまし絵のように、じーっと見ないとトレイルがどこにあるか分からず、道からそれてしまうこともある。
e0061902_1342620.jpg


途中からひざが笑い始めて、かなりやばかった。でもやっと湖に着いて、何とかおにぎりの写真だけは撮ってきた。
e0061902_138183.jpg
e0061902_1364428.jpg
きょうのおにぎり:きざみシソ入り鮭とあさりのしぐれ煮

帰りのくだりがまたきつくて長かった。出口が見えたときは思わず両手をあげてしまったよ、マラソン ランナーのように。
e0061902_13101441.jpg
今年のおにぎりハイキングはこれで最後になるかな。
[PR]
by seattleokami | 2006-09-03 13:02 | おにぎりハイキング | Comments(2)
Mirror Lake には簡単にアクセスできる短いトレイルがあるけれど、別の行き方を見つけた。7マイル、3~4時間のコースだからいいかなと思って選んだこのトレイル、思わぬ落とし穴が待っていた。Mirror Lake までの道のりは順調に3.5マイル歩いて美しい湖に到着した。
e0061902_1463858.jpg
e0061902_1472550.jpg
そしてお楽しみのおにぎりもおいしく食べた。しかも今回は竹皮持参の演出あり(笑)。
今日のおにぎり: 鮭、シソ、カブの葉、味噌漬け大根、白ゴマ、ごま油
e0061902_1563544.jpg
e0061902_157078.jpg


悪夢はこの後やってきた。ループ コースなので、帰りは別のトレイルを歩く。途中からの Cold Lake Trail は、メンテナンスされていない、おそらくあまり人が通っていない草ぼうぼうの道だった。草や木の枝をかきわけながら、転がる岩やぬかるみ、倒れた大木を越えてやっと下まで降りると今度は私の身長よりも高く伸びたワイルド ベリーの茂みで道がふさがれている。泣きそうになりながら長袖シャツを頭からかぶって茂みを割って進み、やっと Twins Lake に出た。
e0061902_215089.jpg
景色を楽しむ余裕はなく、早く車に戻りたかったので、そのまま今度は Mt Catherine Trail に進み、やはりメンテされてないずっと登りの1マイルを歩いてやっと車道に出たときは、疲れとか恐怖感とかが一気に吹き飛んだ。

後半きつかったけど、でも終わったあとの爽快感はちょっとよかった。調子に乗ってその後ビール飲みすぎて、おまけにステーキ焼くときやけどしちゃったのは自業自得か。
[PR]
by seattleokami | 2006-08-07 01:46 | おにぎりハイキング | Comments(4)