ブログトップ

今宵のサカナ (復活)

kozumon.exblog.jp

シアトルのレストラン レビューや旅先で食べた料理、小耳に挟んだ食べ物雑学など、とりあえず食に関するネタを中心に書いてます。最近はレストラン レビューがめっきり減ってしまいましたが、おうちで作れる簡単おいしいごはんの紹介をメインにしたいなと思っています。

カテゴリ:つぶやき( 31 )

何度目の正直になるのかもうカウントできないくらいでお恥ずかしいことこの上ありませんが、ただいま~と言わせてください。最近ちょっと下心ありで英語のブログを再開したわけなのですが、実は日本人の友人および読者からはイマイチな反応で、「英語のブログなんて読まないよ~ん。」と言われる始末。さらに、先日初対面の方から「なんで前触れもなく突然辞めちゃったんですか~。」というフィードバック(?)までいただき、うーむ、日英2バージョンのメンテはとっても大変だけど、まあ今時間あるし、できるとこまでやってみようかなというわけであまり大風呂敷を広げずひそかにブログ再開、です。
e0061902_1217967.jpg

[PR]
by seattleokami | 2014-10-06 12:17 | つぶやき
食べ物の写真やネタはたまってきているのですが、今のんきに食い道楽の話を書いてていいのだろうかという思いが、日本から離れていて何もできないのに、という罪悪感と重なって、ブログが書けずにいます。安全な水の確保もままならない日本に、私の身内はとどまる決意をしたそうです。日本を離れることも浮かんだけれど、今は覚悟を決め、現場でできることから復興に協力していきたいと。(でもこちらはいつでも歓迎体制整ってるよ。)

一方こちらは義援金を送っても無力感は消えませんが、私もここで自分ができることを見つけていきたいと思います。食べ物が誰かの元気につながるならブログもまた書きます。

ということで、突然ですがまずは「こずもサロン 卯月の会」のお知らせから。第1回のオープン ハウスに続き、シアトル在住の日本人が集まっておしゃべりして元気を取り戻そう、というのが主旨です。日時は 4 月6日、会場はWallingford の石庵です。facebook の友人には招待状を送りましたがご興味があればどなたでもご参加ください。ご連絡先のメール アドレスをいただければ詳細をお送りします。

ではでは。
[PR]
by seattleokami | 2011-03-26 05:40 | つぶやき
このタイトルで過剰反応したかもしれない友人各位、それはないです(まだ(笑))。

清水の舞台から飛び降りました。デジタル一眼オリンパス E-620。きゃ~~。Ebay にて新品を購入。飛び降りたはいいのだがマニュアル操作を勉強するのに一生かかりそうだよ。マクロ レンズもまだ買ってないし。
さてどうなることやら。でも走り出したら止まらない私の性格。RICOH デジカメ君、短い間だったけどありがとう。君のことを十分知る前に別れを切り出したのはひどかったかもしれないけど、でもやっぱり君ではどうしても役不足。まあ一緒にイタリア行けたからとりあえずよしとしてほしいな。もしよかったら友達としてこれからもよろしくね。
e0061902_10284130.jpg

[PR]
by seattleokami | 2010-02-22 10:30 | つぶやき
それは、父親に食べ物ブログを書かせること。彼はもう20年近くも毎日欠かさず日記をつけているので書くこと自体は面倒じゃないはず。

父のスイーツに対する尋常じゃない情熱と彼独特のシュールな表現力、身内だけで涙を流して笑い転げているだけでは実にもったいない。お父さん、喜寿を機会にブログ始めようよ。

ホールのバースデーケーキ(もちろん生クリームたっぷり)4日で完食してそれでも足りなくて甘味噌のざらめせんべいとか「にちゃにちゃした」盆菓子に手を出したとか、そういう報告をメールでもらうたび、ブルーな気分も一気に吹き飛ぶよ。

写真はまったく無関係な Ocho のハモンセラノ。最近は以前の激混みもなくすぐに座れることが多い。
e0061902_8422546.jpg

[PR]
by seattleokami | 2009-08-21 08:34 | つぶやき
黄色くふくらんだ(ほぼ)満月に思わず息をのんでしまった。私のカメラでは再現できないのがもどかしい。吸い込まれるように、ずうっと目が離せない月だった。
e0061902_1671198.jpg

[PR]
by seattleokami | 2009-06-08 16:07 | つぶやき
先々週木曜日、母から携帯メールが入る。「実家のおじいちゃんが亡くなった。」 おじいちゃんといっても母の兄、つまり母の実家のお菓子屋を引き継いだ叔父である。小さい頃両親が共稼ぎだったので幼稚園から帰ると母の実家に預けられていた。だから祖父とともに叔父の作る和菓子やドーナツを毎日眺めて育ったわけで、このニュースはなんだかとても現実離れして聞こえた。それでもなんとか葬儀に間に合わせて帰国しようとしたけれど、それが母を余計に心配させることを知り断念。

一週間以上たった今、無事通夜、葬儀、その後の法要も終わったのでまたブログを書こうと思います。叔父との思い出についてはまた改めて書くつもり。たぶん来月焼香しに帰ったときにでも。

関係ないけど、写真はコロンビア渓谷をワシントン州側から撮ったもの。こういう景色を目の当たりにすると、人間がちっちゃな虫けらなんだなということを再認識する。
e0061902_13454653.jpg

[PR]
by seattleokami | 2009-03-22 09:36 | つぶやき
このブログを始めてからずっと愛と勢いだけで取り続けてきた食べ物写真の数々。どんなカメラを使っているんですかと何度尋ねられたか分からない。そのたびに恐縮していたのは、あまりにも安物の初心者用デジカメ(しかもサンヨー)だったから。

でもこのザクティ君、ほんとによく貢献してくれた。今までたくさんの愛をありがとう。マーサーのワインバーが最後のショットになってしまったけど、そのうち気が向いたらまた戻ってきてね。それまで捨てないからね。
e0061902_14452472.jpg


というわけで急遽日本で買った新しいデジカメは「リコー」(4万円弱)。う~んまたしてもトレンディ路線から外れている。だって選んだ唯一の基準は「接写距離 1 cm 」。でもねーこれすごーくいいのよ~。長年連れ添った相方と別れたとたん新しい恋に乗り換えるおばさま方の気持ちはこんなんなのかしらー(そういう自分も既に仲間かもしれないんだけど)。実はそんなに悪くないよ(笑)。

たとえば鷺沼宅で食べた豚しゃぶはこんな感じに(フォーカスずれているのはカメラのせいじゃないので。。。)
e0061902_14585334.jpg


ってなわけで一週間あまりの日本行きはデジカメ ショッピングから始まったのでした。
[PR]
by seattleokami | 2008-12-03 14:41 | つぶやき
週末は6月が誕生月の友達を集めてBBQパーティをする予定だったのだが、母親の希望によりキャンセル。がぎりぎり土曜になって6月誕生月のDが、Jの所有するヨットのクルージングを企画してくれた。

これがもー予想以上にすばらしかった。まず天気が完璧。今年一番の快晴(90度を超えたはず)。シアトルダウンタウン、マウントレーニエ、オリンピック半島、すべてが抜けるような青空の下に広がって、そういう景色をぐるりと見渡しながらこれ以上の贅沢はないよなーとしみじみ。思わず「こういう日が経験できるんだったら残りの9ヶ月間雨でも何とか乗り切れるよねー」と友人たちに同意を求めたら「う~ん、それはだめかも。」と一蹴された。そういうもんか。
e0061902_1471013.jpg

e0061902_14165110.jpg
e0061902_141819100.jpg
たっぷり6時間船の上。父親は顔と腕を真っ赤に日焼けして痛そうだったけど、帰ってきてからきゅうりパックでお手入れしてあげた。母親は「今まで生きてきてよかった。」と言っていた。
[PR]
by seattleokami | 2008-06-30 14:01 | つぶやき
テキサスから遊びに来てくれた YummieD ちゃんが帰ったとたんに風邪の症状が出た。昨日一瞬居眠り運転をしてしまったのは風邪のせいだったのかな。

鼻が詰まり喉が腫れてだるいので今日は会社を休んだ。何が辛いって鼻が詰まって息苦しい。ふと、ある商品を日本で買ってきたことを思い出した。ドラッグストアで見つけてつい買ってしまったが。商品名は「鼻ポン 大ちゃん」。
e0061902_1439434.jpg
何のことはないメンソールを浸みこませた脱脂綿の鼻栓なんだけど、これを使用している自分の姿を鏡で見てしまったときには風邪が悪化したような気がした。

子供の頃鼻が詰まったときに母親がベッドまで来ておもむろに葱を2本鼻に突っ込んで行った夜のことを思い出してしまったよ。
[PR]
by seattleokami | 2008-05-01 14:49 | つぶやき
(まだカメラ戻ってきてない)

1.今朝シャワーを浴びた後、コンタクトを入れ化粧水をつけ。。。。ふと気がついたら髪用のワックスを顔と首に塗りたくっていた。シャワーを浴びなおし顔と首も洗いなおしたけど、なんかまだツルツルする。職場のみなさん、蝋人形みたいに見えたらごめんなさい~。

2.電話ミーティングで自分がしゃべっている最中に誤って(鼻をこすろうとして)受話器を置いて電話を切ってしまい、相手を混乱させてしまった。

力なく笑うしかないよね、こんなとき。
[PR]
by seattleokami | 2007-12-19 02:58 | つぶやき