ブログトップ

今宵のサカナ (復活)

kozumon.exblog.jp

シアトルのレストラン レビューや旅先で食べた料理、小耳に挟んだ食べ物雑学など、とりあえず食に関するネタを中心に書いてます。最近はレストラン レビューがめっきり減ってしまいましたが、おうちで作れる簡単おいしいごはんの紹介をメインにしたいなと思っています。

カテゴリ:マサチューセッツ( 20 )

(09/02/2009)
久々のボストン出張。コネチカットから迎えに来てくれた D ちゃんと夜ごはん。ちょっと奮発してボストン在住の知人イチオシのシーフード レストラン B & G Oysters へ。シアトルでいうところのキャピタル ヒル界隈のちょっと隠れ家的な店構え。吹き抜けのパティオとL字型のカウンター席が中心になっている。店名からも明らかだけど、オイスターが売りらしい。メニューを見るとピュージェット サウンド産とニューイングランド産の牡蠣が半々だ。せっかくだしと思いイーストコースト産のものだけをサンプルで頼んでみた。

全体的にあっさりめな牡蠣が多い。これはこれでさっぱり食べられておいしいけれど牡蠣独特のパンチは弱いかな。
e0061902_12491676.jpg

ボストンにいることだしロブスターはお約束なんで、でもいつものロブスター ロールではなく、サラダにしてみた。$23なり。う~ん、確かにろぶちゃんだけど、なんかちょっとつまんない。
e0061902_12523953.jpg
メインはシーフード フライの盛り合わせ。 上新粉で揚げてるのか胃にもたれずいい感じ。でも。。。$45 の価値があるかと問われるとちょっと納得いかないのだった。
e0061902_125554100.jpg


食べ終わってお勘定してみて、おいしかったけどなんだかとってもシアトルが恋しくなってしまった夜だった。ボストンって高い。。。

B & G Oysters
http://www.bandgoysters.com/
[PR]
by seattleokami | 2009-09-28 12:39 | マサチューセッツ
Twinkie といえばアメリカ人なら誰でも知っているジャンクフード ケーキ。賞味期限が30年とか言われて食べ物としてよりもお笑いのネタにされることが多いんだけど、最近はこの Twinkie を天ぷらにして出すバーがあったりしてそのB級さかげんでは SPAM といい勝負かもしれない。

出張の際、チョコがけポテトチップス(ゆーこさんのブログを参照)を買いに寄った店で見つけたのがチョコがけTwinkie。これは買いでしょう、ネタ用に。というわけで買いました。おみやげにあげるものなのでやはり自分でも試食してみないと。
e0061902_4154387.jpg


う~ん、Twinkie だ。がチョコレートと結構いい組み合わせ。これは自分でもできそう。今度作っておすそ分けしますね~。

http://www.winfreys.com/
[PR]
by seattleokami | 2008-05-15 04:17 | マサチューセッツ
出張のたびに一度は行く Legal Seafoods。いつもロブスターロールを食べるんだけど、さすがに今回は高コレステロールのロブスターとマヨネーズの組み合わせはやめておくことにした。

だからって揚げ物のフィッシュバーガーにするのもどうかと思うが。でも一週間結構がまんしてきて最後くらいはいいかなと。
e0061902_0585551.jpg
久々にバーガーの断面ショット。
e0061902_104112.jpg

味は悪くなかったけど、個人的にはフィッシュバーガーの魚はパン粉で揚げてほしい。そしてタルタルソースは最初に塗ってはさんでおいてほしいかな。
[PR]
by seattleokami | 2008-05-14 00:59 | マサチューセッツ
ご存知のようにダンキンドーナツはマサチューセッツが発祥地だ。今回一緒に出張に来ている上司 A は、シアトルにおけるスターバックス店舗の比率よりもかなり高いと驚いていた。確かにちょっと歩けばダンキンにあたる、のだ。以前クリスピークリームはこの州でフランチャイズを展開したものの早々に撤退したらしい。

実際にそんなにドーナツを食べる人間がいるのかどうか(実際に食べている人をあまり見たことがない)分からないが、確かにどの店舗も人の出入りが多い。どうやらコーヒーも人気らしい(またまた上司Aはスターバックスのコーヒーよりおいしいと言っていた)。

私も過去何度かの出張で本場のボストンクリーム ドーナツを買おうとしたがいつも売り切れだった。がそれを聞いた同僚がおみやげにとl今日ダンキンのボストンクリームを買って来てくれたのだった。

これがその売り切れ御免のダンキン ボストンクリーム ドーナツ。
e0061902_2361528.jpg
e0061902_2363835.jpg

ドーナツ自体、ずいぶん食べていないのでなかなか新鮮だった。見た目ほどこってりしてなくておいしい。甘さ控えめのカスタードとちょっと塩味の効いたドーナツ生地がよく合う。

ところで、日本にはまだダンキン ドーナツ残ってるだろうか(渋谷のセンター街にあったやつとか?)。
[PR]
by seattleokami | 2008-05-09 02:33 | マサチューセッツ
シアトルから到着したP さんとてくてく歩いてノース エンドへ。以前私が食べて(たぶんリゾットと魚介類のパスタ)おいしかったのと他の人からもお勧めがあったので、Trattoria Il Panino をピック。壁はイタリア系有名人の白黒写真で埋められている。

私はなぜか芸のないカルボナーラを注文。写真のとおり、私好みのカルボとはちょっと違った。
e0061902_11481062.jpg
P さんのラグーソースのほうがイタリア料理らしい味。
e0061902_1149793.jpg
メインは魚介類のスープにしたが可もなく不可もなく。
あんなに行列ができてる割には普通だった。胃袋がもうひとつあればはしごできたのにね。

しかし次の日もまた果敢にトライ。アメリカ人同僚が超お勧めの(ここで疑ってかかるべきだった)Trattoria di Monica をあらかじめ予約してあったので予定通りそこに行ってみたけれど。

私が頼んだイカ墨のフェットチーネ ホタテのグリル添え。よく言えばやさしい味。でももうちょっとパンチがほしい。にんじんの千切りが載っているせいで、なぜかわかめの酢のものとかひじきの煮物に見えてしまう。
e0061902_115368.jpg
P さんはチキン マルサラ ソース。これもやさしい味。
e0061902_11535958.jpg


悪くはないんだけど、でも特にここでなければならないという味でもない。まあコンサートを控えていたのでさらっと流して会場に向かったけれど、なんだか不完全燃焼でしたね。やっぱりイタリア行きますかね。
[PR]
by seattleokami | 2007-11-16 11:50 | マサチューセッツ
甘いもの(特にドーナツ)はプライオリティが低い私だが、「食べ物のブログを書いてるんだから名物のサイダー ドーナツを食べてレポートしなくちゃダメよ。」というアメリカ人同僚の押しに負けて、はるばる Ipswich という大西洋沿岸に近いところにある農場まで車飛ばして行ってきました。ワシントン州のりんごと同じようにニューイングランドでもりんご栽培がさかんらしく、私が訪ねた農場でもりんごのワイン、アップルパイ、ジャム、サイダー、はちみつ、などりんご製品がところ狭しと並んでいた。

サイダー ドーナツとは文字通りアップルサイダーを使ったドーナツだが、ポイントはアップル サイダーと一緒に食べるものとされていることらしい。で、イーストを使わずにベーキング ソーダとベーキング パウダーで作る。なので、触感がどちらかというとスポンジケーキみたいにやわらかい。(芸のない撮り方だなしかし。)
e0061902_619393.jpg


Russell Orchards
http://www.russellorchardsma.com/

下は農場近くの Crane Beach。何もない荒涼とした海。入場料$7にしては。
e0061902_6242454.jpg

[PR]
by seattleokami | 2007-11-15 06:19 | マサチューセッツ
出張で何度も滞在している Salem。 なぜ今までここに行ってみなかったんだろう。Old Spot というブリティッシュ パブ。ひとりじゃ入りづらいかなと思ったら全然そんなことはなくて、メニューには「British Stuff 」。しかも「スコッチ エッグ $5」。頼まないわけにはいかんでしょうな~。
e0061902_11213828.jpg


日本だとゆで卵いりメンチカツみたいになってるのが多いけど、本来はひき肉ではなくソーセージ用の肉を使うのが本当で、ここはちゃんとソーセージだった(嬉)。しかも衣がパン粉じゃない。フリッターとも違う。たぶん味付けした小麦粉ベースの衣をごく薄くつけてかりっと揚げてるんじゃないかな。

あまり食欲のない今回の出張。でもスコッチエッグはおいしかった。
[PR]
by seattleokami | 2007-11-07 11:24 | マサチューセッツ
ボストンのノースエンドはいわばリトルイタリー。イタリアン レストラン、イタリア食材の店、ベーカリーがひしめいている。出張に来てもなかなかノースエンドまで足をのばせないんだけど、今回のホテルからは徒歩10分ほど。イタリア料理だいすきな同僚の開発者 D とディナーすることにした。彼と食事するのは楽しいんだけど、どうもワインとなると金に糸目をつけない粋(?)なところがあるので、どうしても自腹で払う部分が大きくなりがち。まあそれはいいとして。

今回の彼のチョイスは Vinoteca di Monica。カジュアルでトラディショナルなお店をリクエストしたんだけど、意外とコンテンポラリーな店だった。ワインはバルベラ(前回よりは安くてほっ)。前菜はチキン パテを注文。ベリー ジャムとよく合ってなかなかの出だし。
e0061902_2224626.jpg

パスタでは、彼はラビオリ系が好き、私は麺系が好き、と意見が分かれ、妥協案として(?)、彼の好物カラマリ入りのエンジェルヘア パスタにした。エンジェルヘアを頼んだ時点でアルデンテは期待できなかったが、やはり。。。あとソースがハーブがきつすぎて少し食べづらい。残念。ファミリー スタイルにするとやっぱりこういうとき難しいよね。
e0061902_2262651.jpg

しかしメインでは満場一致でラム。イタリアンっぽくなはいけどラムチョップには目がない二人。これは文句なくおいしかった。
e0061902_227354.jpg

食べながら飲みながら、日本に行ったことのある D と、ウォシュレットの偉大さからメイドカフェまで話題は尽きることなく夜は更けて、帰りはふらふら歩いてホテルまで帰った。

Vinoteca di Monica
http://www.monicasonline.com/
[PR]
by seattleokami | 2007-08-05 01:57 | マサチューセッツ
出張初日が終わり、あらかじめスーツケースを預けていたホテルに戻ってチェックインしようとしたら。。。。「オーバーブッキングのため部屋はありません。」夜11時。それはないだろういくらなんでも。しかし、結局その夜はタクシーで別のモーテル(海軍用の宿泊施設)に移動させられ、次の朝またスーツケースを持ってホテルに戻り、電車で会社へと向かった。

帰り、ボストン行きの電車をホームで待っていたら「事故のためスケジュールが遅れています」のメッセージ。やっと来た電車に乗ってボストンに着きチェックインできたのが9時45分。プレゼンを次の日に控えてもうぐったり疲れてしまった。

外に食べに行く時間も気力もないのでホテル内にあるタパス料理の店に入ったらこれがなかなかのヒットだった。店の名前は Flat Iron タパス バー

タパスにしてはちょっと高めのメニューもあったけど私は$5の厚切りベーコンを注文。$5にしてはすごいボリューム。超厚切りベーコンは豚臭さやきつい燻製の匂いがなく、おいしい塩豚を食べてる感じ。これに白インゲンとチコリ、マンチェゴ チーズが載っている。疲れた体に塩味が浸みて思わずはぁ~っとため息が出る。完食。
e0061902_152253.jpg

このほかに、タコとチョリソのサラダ($6)も頼んでおなかいっぱい。ボストンにしては良心的な値段のメニューもあり得した気分(飲み物は高い)だった。

ホテルのマネージャにはもちろん苦情というかフィードバックを伝えて、今後このようなことはないことを約束してもらった。また利用することもあると思うのでここでちゃんと抑えておかないとね。
[PR]
by seattleokami | 2007-08-04 01:01 | マサチューセッツ
ボストンの同僚が、なかなか取れない RedSox 戦のチケットを手配してくれた。正規料金でも80ドル以上する Fenway パークのチケット。ほとんど地元のファンが買い占めてしまうらしいので今回はほんとラッキー。
e0061902_23165984.jpg


近代的なSAFECO フィールドとは対照的に、昔ながらのボールパークをそのまま残している Fenway パーク。試合中も、派手な音楽やゲーム、電光掲示板でうながされる拍手や歓声、そういうものは一切ない。BGM は観客の生声援のみ。
e0061902_23204981.jpg


ここへ来て Fenway 名物 の Fenway frank を食べないわけにはいかんだろうとスタンドに買いに行ったら売り切れ。モンスタードッグしかないと言われ、別のスタンドまで行くのが面倒だったのでそれを買って座席に戻ったら、みんなに邪道だと言われてしまった。仕方なくモンスタードッグの写真を。
e0061902_23252315.jpg
Fenway frank は、パンがもう少し薄くて丸くない(ニューイングランド スタイルというらしい)。詳しくはこちら
[PR]
by seattleokami | 2007-08-01 23:18 | マサチューセッツ