ブログトップ

今宵のサカナ (復活)

kozumon.exblog.jp

シアトルのレストラン レビューや旅先で食べた料理、小耳に挟んだ食べ物雑学など、とりあえず食に関するネタを中心に書いてます。最近はレストラン レビューがめっきり減ってしまいましたが、おうちで作れる簡単おいしいごはんの紹介をメインにしたいなと思っています。

イタリアンナイトは続く

イタリアから買ってきた食材を使いたいがためにいろんな人たちを餌食にして宴に呼んでいる。ローマの知り合いを通して買ったパルミジャーノとペコリーノチーズ。アムステルダムで買ったクミン入りのゴーダチーズをまず食べてもらう。
e0061902_129201.jpg
そして、ローマのファーマーズマーケットで買った野菜のスプレッドをクロスティーニに乗っけて。写真のクロスティーニはシアトルの Macrina Bakery 製オリーブ入りクロスティーニ。これやみつきになるよ。
e0061902_1212139.jpg

土曜日はさらにパスタ モードに。ローマのレストランではパンチェッタ(豚ばら肉の、スモークしてないベーコン)の代わりにグアンチャーレ(豚のほほ肉のベーコン)を使っていた。それとイタリアのブロッコリで和えたシンプルなスパゲティが忘れられなくて(厨房で見てただけだけど)、無理やり再現してみる。イタリアン ブロッコリはなかったので普通のブロッコリで。グアンチャーレはパイクプレイスマーケットで購入。パスタはローマのスーパーで買った乾麺で普通のスパゲティよりもかなり太い。
e0061902_12154286.jpg
作り方は覚えている限り記憶に従ってあとはアドリブ。グアンチャーレをフライパンで炒めて余分な脂を捨てる。茹でたブロッコリを細切れにして加える。オリーブオイルを足し、スパゲティの茹で汁を入れてよく混ぜる(このときソースが白く乳化する、はず)。で茹で上がったパスタを加えて鍋を振りながら混ぜ合わせたらできあがりだったんだけど。この太いスパゲティ、全然芯がなくならない(袋を見たら茹で時間22分だって。まじで。)。あと、スーツケースで運んでくるときにパスタが割れてマカロニみたいな長さに砕けてしまったので写真を見ても麺が短いのが分かるでしょう。

最後にパルミジャーノをおろして混ぜて出来上がり。今度は別の麺を使って同じパスタに挑戦します。

こんな私の実験台になってもいいという方は今週後半ぜひおいでください。チーズ、ワイン、お菓子あります(既に実験台にされた Felix さん、M さんありがとうー) 。
[PR]
by seattleokami | 2009-01-19 12:09 | 食べもの日記