ブログトップ

今宵のサカナ (復活)

kozumon.exblog.jp

シアトルのレストラン レビューや旅先で食べた料理、小耳に挟んだ食べ物雑学など、とりあえず食に関するネタを中心に書いてます。最近はレストラン レビューがめっきり減ってしまいましたが、おうちで作れる簡単おいしいごはんの紹介をメインにしたいなと思っています。

青山 えさき

e0061902_15112193.jpg

16 年の歳月を要した。
帰国するたびに心の片隅にしつこくいすわっていたもののどうしても勇気が出なかった。

このたびやっと、勇気を振りしぼって夜の1万円コースに挑む。妹夫婦を道連れに。

あまり飲まないつもりでいたがのどか乾いて仕方がない。極度の緊張。まずは生ビールを頼み(この後メニューにある日本酒全種類頼んでしまったけどね)、おまかせコースをお願いする。12月のお品書きは以下のとおり。
e0061902_15171220.jpg


一品目は揚げ物。最初からかなりのボリューム。
e0061902_15302741.jpg
この後のコース全部食べられるか心配だったけど、気合いと緊張感で揚げものを完食する。隣の妹が心配しているようだ。料理はおいしかった。少し塩とかが置いてあってもいいかなと思ったけど、素材の味を楽しむと言う意味であえて何も薬味がないのだろう。

次は伊勢えびの栗ソース。本人が読んでいるかもしれないという危険を承知の上で言わせてもらうと、栗の味がとてもやさしいので、たとえば酸味とかのバランスがもうちょっとあったら伊勢えびのうまみが強調されたかも。
e0061902_1541529.jpg
次はお造り。文句なしにおいしい。かんぱち最高。
e0061902_15443735.jpg
次はえさき名物の百合根饅頭煎餅包み。どのレビューを見てもだれもが絶賛する逸品。このとき私は重大な事実に気が付いていなかった。。。
e0061902_15534621.jpg

まず出し汁はとても上品でえさきさんらしい出しだなと思った。私の問題は、もちもち系が苦手と言う事実。煎餅の部分はちょっとカリカリだけど、でもこれは私個人の事情ということで。それされなければこれはすばらしい一品であることには間違いない。無念。

野菜の炊き合わせ。材料はこんな感じで。
e0061902_1558308.jpg
ひとつひとつの野菜がていねいに扱われていてとても安心する。
e0061902_15591915.jpg

そして、私が特別な思いを抱いていたきんきの煮付け(これ一人に一匹付くのよ)。
e0061902_1644099.jpg

キンキの煮付け。いろんな思いをこめながら骨まできれいにしゃぶった。16年前にしていたように。キンキの煮付けを求めて夜中も食べ歩いたな。サーバーの方にほめられるほどきれいに食べた。満足。ほんとおいしいかったよ。飽きないほどに上品で。後を引くほどコクがあって。なんか、長年の思いが昇華したような気がした。

もう気持ちもおなかもいっぱいだっだけど、ズワイガニのご飯と味噌汁が出た。濃厚でおいしい。
e0061902_16303617.jpg
胃袋に余裕があったらガツガツいってたと思う。お米もとてもおいしいのに残念ながら完食ならず。日本の人たち~。すごいなー。みんなここまで全部食べてるんでしょうか。

そしてさらに飲み物とデザートが!ハーブティーは神経に染み渡るように優しく、デザートの小豆カスタードは、甘味不得意な私もにっこりしてしまうやさしい甘さでした。
e0061902_1632347.jpg
e0061902_16323369.jpg


終わってみて、今までの思い入れの強さからか脱力してしまったものの、それに勝る充実感も大きく、ほんとに今回思い切ってよかったなと思った。

2年連続ミシュラン2つ星、ほんとうにおめでとう。16年振りに会った江崎さんは、昔と同じノリで(もしかして気を使って無理したのかもしれないけど)、すごく安心させてくれて、感謝です。ありがたい。近況も少しだけだけど伝えられてよかった。

何はともあれ、付き合ってくれた妹夫婦、ほんとありがとう。おかげで心のけじめがつきました。

あ、ちなみに3人で5万円弱(うち飲み物だけで軽く1万超えてます。嗚呼日本。)

青山えさき
〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前3-39-9
ヒルズ青山地下1階
■tel/fax
03-3408-5056
[PR]
by seattleokami | 2008-12-17 14:43 | 日本の店