ブログトップ

今宵のサカナ (復活)

kozumon.exblog.jp

シアトルのレストラン レビューや旅先で食べた料理、小耳に挟んだ食べ物雑学など、とりあえず食に関するネタを中心に書いてます。最近はレストラン レビューがめっきり減ってしまいましたが、おうちで作れる簡単おいしいごはんの紹介をメインにしたいなと思っています。

NOKA というチョコレート

平均気温90度を超えるダラスからYumi ちゃんが持って来てくれたおみやげ「NOKA」。ダラスが本店で東京のミッドタウンにも支店が出ているらしい。

写真では分かりにくいけど、4種類あるチョコレートのサイズは厚さ5ミリ、私の親指くらいの面積だ。最初二人で1つを半分に割って食べたら味が分かる前に消えてしまった。

e0061902_2554344.jpg

何がすごいって、このチョコレートを食べるには気合が要るのだ。
Web サイトによると食べるときの心得はこうだ。(日本語サイトにしか心得は載っていない。さすが。)

美味しくお召し上がりいただくために。
カカオの本来の風味を最大限にお楽しみいただくため、チョコレートは室温でお召し上がりください。
産地の異なるチョコレートは、間に室温の真水をお飲みになると、それぞれ独特の味わいを十分にお楽しみいただけます。

1.深呼吸3回 : 深呼吸を3回して心を統一させ、これからはじまる味覚体験の心の準備をしてください。
2.フレーバー・プロフィール :  各産地のチョコレートの風味の特徴を読み、味覚を目覚めさせてください。
3.香りを楽しむ : 味わう前に、まずそれぞれのチョコレートの香りを楽しんでください。
4.感触を楽しむ : NOKAチョコレートはカカオバターを多く含んでいるため、体温に近い温度で溶けます。歯切れよく割れた後、口の中でシルクのようになめらかに溶けていきます。
5.味わう : チョコレートの香り、風味、後味は、産地により異なります。溶けたチョコレートを口の中に行き渡らせ、微妙に異なる風味をお楽しみください。

というわけで心得に従って食べてみたが。私にはまだ修行が足りないかも。でもその後に普通のチョコレート(カカオ65% オーガニック)を食べてみたら違いが歴然だった。残念なことにそれに気が付いたときには既に箱は空。 取り寄せもできるらしいので興味がある人はオーダーしてみる?オリジナルのサイトはこちら。注意:お値段はります。

Yumi ちゃん、貴重なチョコレート溶けないように届けてくれてありがとう!もう一度食べてみたいよ、ガツンとくるまで。
[PR]
by seattleokami | 2008-05-04 03:03 | 食べもの日記