ブログトップ

今宵のサカナ (復活)

kozumon.exblog.jp

シアトルのレストラン レビューや旅先で食べた料理、小耳に挟んだ食べ物雑学など、とりあえず食に関するネタを中心に書いてます。最近はレストラン レビューがめっきり減ってしまいましたが、おうちで作れる簡単おいしいごはんの紹介をメインにしたいなと思っています。

自画自賛のペペロンチーノ

20年ほど前確かキャンティだったと思うけど、そこで食べたペペロンチーノを再現するべく家で研究を重ね(?)、パクリ度のかなり高いものを作ることに成功。当時の婚約者が大好きで、私がペペロンチーノを作るときは膝をそろえてテーブルの前で待機していた(アルデンテを逃さないため)。
e0061902_15555323.jpg
コツは一言で言えば温度の管理。油の温度が高いと麺が油を吸ってしまい、せっかくのアルデンテもだめになってしまう。

皆さんいろいろレシピがあると思いますが私の方法はこれ。
1. オリーブ油をたっぷり(ええ、たっぷり)フライパンに入れ、にんにくのぶつ切りと赤唐辛子を「低温で」じっくり熱する。フライパンを斜めにして、オリーブ油がたまったところでにんにくを揚げるようにするといいかも。
2. 塩こしょうを加えて火を止める。
3. アルデンテのスパゲティをトングで鍋から直接フライパンに移動。このときゆで汁も少し一緒に入るのがいい(これで油の温度がまた少し下がる)。
4. バジルまたはシソのみじん切りを最後に加えてあえる。

これだけなんだけど、出来上がりにはかなり違いが出るのよね。この間久々に作ったらあまりの旨さにガツガツ食べてしまった(スパゲティはどうしても早食いになる)。

最近は Food TV というケーブル チャンネルのおかげで、アメリカ人もアルデンテという用語を理解する人が増えたみたいだけど、いやいや、こっちのイタリアン レストランでアルデンテを期待するのはまだまだきついかもしれません。

カルボナーラの日記でも紹介したけど、Eastlake のポモドーロのパスタはアルデンテに近いです(カルボナーラもイチ押し)。
[PR]
by seattleokami | 2006-05-07 15:56 | うちごはんレシピ