ブログトップ

今宵のサカナ (復活)

kozumon.exblog.jp

シアトルのレストラン レビューや旅先で食べた料理、小耳に挟んだ食べ物雑学など、とりあえず食に関するネタを中心に書いてます。最近はレストラン レビューがめっきり減ってしまいましたが、おうちで作れる簡単おいしいごはんの紹介をメインにしたいなと思っています。

ある日のデザートはビスコッティ

特に理由はないけどなんとなくお菓子を焼きたくなり、バターを室温でやわらかくする必要のない、というかバターを使わないビスコッティに初挑戦。運よくデザート ワインのビノ サント (Vino Santo) も少し残ってるし~。

初めて作るレシピの場合、指定されたレシピの分量が多すぎてじゃあこの半分の量でいこう、と思いつつある材料だけ半分に換算し忘れてとても意外なできあがりになったりすることがよくあり、今回もまさにそれで、どうやら小麦粉の量を半分にしなかったらしい、ということにぎりぎりなって気がついた。あわててほかの材料の分量を倍にして、その結果、ビスコッティ山のように作ってしまった。しか~し、ビスコッティというのは長期保存可能というすばらしいお菓子なのであった!

いや~作り方簡単だし、おいしいし、作り置きできるし、これからちょっとしたおみやげアンドお礼にはビスコッティでいきましょうかね。ちなみにレシピはお気に入りの Grand Central Baking Book から。Anise の強い香りがあまり好きではないのでこれだけ分量半分のままで作ってみたらできあがりがちょうど好みでいい感じ。もともとビスコッティはそんなに好きじゃなかったのに、自分で作るとこんなにうまいとわ~。後を引くおいしさですっ。
e0061902_10372482.jpg


材料(アメリカ仕様 1カップ = 250cc):
小麦粉 3 1/2 カップ
ベーキング パウダー 小さじ 1 1/2
塩 小さじ 1/2
グラニュー糖 1 1/2 カップ
オリーブ オイル 1 カップ
卵 2 個
バニラ エッセンス 小さじ 1
アーモンド エッセンス 小さじ 3/4
スライス アーモンド 1 1/2 カップ
アニス シード 大さじ 2

作り方:
オーブンを350 F に熱しておく。

粉モノを混ぜておく。
砂糖とオリーブオイルをよく混ぜる。あらかじめ卵とエッセンスを別のカップに入れておき、卵1個分ずつ混ぜ入れてなめらかにする。
粉モノを混ぜ入れる。
アーモンドとアニスを入れてさくっと混ぜ合わせる。

クッキー シートにパーチメント ペーパーを敷き、4等分にしたタネを各シートに二つずつ並べ、 10 x 3 x 1 インチのサイズの長方形に伸ばし、25分焼く。

オーブンから取り出したら1時間冷まし、斜めに切ってビスコッティぽい形にしたらまたクッキーシートに並べて、今度は250度で45分焼く。

2度焼くのがちょっと面倒かもだけど、やっぱり手作りはおいしいのでぜひお試しあれ。
[PR]
by seattleokami | 2011-02-27 10:37 | うちごはんレシピ