ブログトップ

今宵のサカナ (復活)

kozumon.exblog.jp

シアトルのレストラン レビューや旅先で食べた料理、小耳に挟んだ食べ物雑学など、とりあえず食に関するネタを中心に書いてます。最近はレストラン レビューがめっきり減ってしまいましたが、おうちで作れる簡単おいしいごはんの紹介をメインにしたいなと思っています。

驚きのレシピ! 超簡単パン作り

最初は半信半疑だった。きっかけは陶芸の先生 Akiko さんちでごちそうになった自家製田舎パン。レシピはほんとに簡単だよ~、と言われてそのまま忘れちゃってたのだが今回たまたまレシピ本を amazon で発見。これがマジでタイトル通り「パン作りの革命」だったのだ。
e0061902_533384.jpg

第一次発酵?第二次発酵?ガス抜き?のぉ~~なぁんにも必要ないざんす。塩、イースト、お湯、小麦粉。これをスプーンで手早く混ぜるだけ。そしてタッパーに入れて冷蔵庫で一晩寝かせれば、(最高2週間まで保存可)あとは好きな時にパンが焼ける!マジですよ。下の写真は、一晩寝かせたパン種。
e0061902_5392089.jpg

これを好きな大きさにちぎって30分焼くだけなのです。すると。。。
e0061902_673692.jpg
e0061902_685770.jpg


作りかたはおよそ次の通り。レシピは上の本(”Artisan Bread in Five Minutes a Day,” by Jeff Hertzberg and Zoë François )をもとに私自身のメッセージを追加しました。

1. ボウルにイースト 大さじ 1 1/2、塩 大さじ 1 1/2、ぬるま湯 3 カップを入れる。混ぜなくてもOK。
2. 無漂白の小麦粉(all-purpose flour)6 1/2 カップを加えて木べらなどでさくっと混ぜ合わせる。粉と水分が混ざればそれで十分。
3. 大きめのタッパーか小さめのポリバケツにパン種を移しふたをして室温で、2,3時間寝かせ、その後は冷蔵庫で保存する。ガスが抜けるように完全密封はしないこと。
4. パンを焼く日。キッチンばさみかブレッドナイフを使って、グレープフルーツくらいの大きさにパン種をちぎり、手にちょっと小麦粉をつけながら手早く丸める。でこぼこしててもそれほど気にせずに。クッキーシートかピザ用のへら(?)の上にパン種を載せ、40分寝かせる。常温で大丈夫。
5. パンを焼く20分前にオーブンを 450 度に設定する。パンを焼く台として、専用の石版か、cast iron のフライパン、ルクルーゼ、クッキーシートなどをオーブン中段に入れる。私は鉄のフライパンを使ってうまくできた。空のロースターを下段に入れる。
6. 40分寝かせたパン種の上から小麦粉をささっと振りかけ、ブレッドナイフで切り込みを入れる。あまり浅いと焼いたときに模様が出ないので1センチは深く切るように。
7. お湯 1 カップを空のロースターにそそぐ(パンの表面が乾燥するのを防ぐため)。パンをパン焼き台の上に滑らせ(私は parchment paper を敷いた上に載せました)30分または表面がこんがりカリッとなるまで焼き、ラックの上に移して冷ます。

こんなに簡単なのに、ほんっとにおいしい。特にアイリッシュ バターを塗るともういくらでも食べられちゃう。オリーブオイルでもいいかもね。とにかくあまりのおいしさに目からウロコぼろぼろ状態。もともとパン好きではない私でもこれには一発でハマってしまった。朝6時に起きて冷蔵庫からパン種を出すのが楽しみで仕方ないのさ。そうそう、おなじ種からバゲットも作れるみたい。今週末はそれに挑戦だ~。

というわけで少々興奮気味の okami でございますが、みなさんもよかったらぜひお試しくださいませ。誰でもできます。絶対成功します。そしてめちゃくちゃおいしいですぅ~。
[PR]
by seattleokami | 2010-03-27 05:33 | うちごはんレシピ